最近読んだ本

やなせたかしさんの明日を開く言葉という本を読みました。やなせさんの作品から厳選せされた一言ずつが取り上げられ解説とやなせさん自信の人生はどう過ごされたか、心情などがかかれていました。

 自分が特に気にいったところは人生は椅子取りゲーム。満員電車に乗り込み、あきらめて途中下車せずに立ち続けていたら、あるとき目の前の席が空いた。ー(人生の歩き方)より の所です。

 これはやなせさん自身が遅咲きの漫

もっとみる

私の三大クールヒロイン

1.アンパンマンのロールパンナちゃん

アンパンマンは子ども向けアニメだが、ロールパンナちゃんは「善と悪の2つの心を持つ二重人格」という難しいキャラ設定。だが私は3歳頃からこのキャラが大好きだった。
生まれて初めてのコスプレはロールリボンとマントと白い布でロールパンナちゃんの格好だったし、
生まれて初めて観た映画はロールパンナちゃんがメインの「それいけ!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひ

もっとみる

「子供は大人よりも正義を知っている」という話

正義とは何か?そういったテーマは哲学でよく議論されています。「正義の反対にはもうひとつの正義がある」なんて話もありますね。
世界は善悪二元論で分けられるほど単純ではありません。
今回はアニメのヒーローに見る正義の話をしたいと思います。

正義のかっこよさとは何か
正義のヒーローと言えば、アンパンマン、悟空、ルフィ、ナルト、仮面ライダー、プリキュア等、日本のヒーローから、アベンジャーズ等の海外のヒー

もっとみる
ありがとうございます。
8

アンパンマンと主体性

主体性を持ちなさいという言葉には聞きなじみがある。それなのに、主体性と言われても長らくピンとこなかった。主体性ってなんだ?主体性のある人ってどんな人だ?

私はアンパンマンが大好きなのだが、知れば知るほどアンパンマンには主体性のあるなぁと感じる。なぜだろう。それはきっと、アンパンマンが自分の意志で行動していることがわかるからだ。みんなを守っているイメージが強いアンパンマンは「みんなを中心とした言動

もっとみる

土曜日の朝

おはようございます。

嫌な夢をみた。

何度も同じ夢を見る。

父の夢だ。

夢の中でわたしは怒っていて、泣いている。

でも、息子のママ~

という声で目が覚めた。

ああ、夢だった。

よかった。

しばらくは夢の感覚が抜けず、ザワザワとした気持ちだった。

でも、息子に「ママ怖い夢見ちゃったの」

と、言うと

「え!?なんの夢~?雷???」

なぜか雷限定。笑

最近夜に雷が多くて、息子

もっとみる
わたしもスキです(♡´▽`♡)
30

アンパンマンと豊かさ

「ゆたかさ」というテーマを、私の好きなアンパンマンをもとに考えてみようと思う。

アンパンマンの特徴といえば、自分の顔をあげるところだ。これが本当にすごいなぁと思わざる負えないのは、アンパンマンの顔が「減るもの」であるにも関わらず、自分では作れないからだ。

と言っても、長編アニメのすべてを把握しているわけではないので断言していいのか定かでないが、「アンパンマンが自ら顔を作るシーン」を見たことがあ

もっとみる

何のために生まれて、何をして喜ぶ

今回は、ちょっと湧き出てきた働くことへの価値観を徒然なるままに書いていきます。

お金はいらないは嘘だけど、、、
惰性で入ってくるお金は逆効果?!
というのがふと頭をよぎりました。。

入ってくるお金に対して自分の価値をちゃんと見出だすことができるのか、
今のお金のいただき方(働き方や稼ぎ方)を自分にとってどうなんだ?!と
考えるタイミングにきている気がしてます。

サラリーマン病ですかね笑

もっとみる
ありがとうございます。
3

これは子供心を掴んで離さない!!!
わたしはアイスコーヒー、息子に飲むヨーグルトを買いました。
#息子 #1歳半 #育児 #日記 #アンパンマン

考えれば考えるほど

ある人にとっての正しいことはある人にとっては正しくないことかもしれない。正義を振りかざすことが一方的なリンチになることもあるだろう。

 大学2年の春休み、美術部の合宿で高知県に行った時のことだ、班行動で行ったやなせたかし記念館のアンパンマンミュージアムでは、子供の頃好きだったアンパンマンのイラストや模型の展示など、僕と同じ世代の人は特に楽しめる内容になっていた。
 その中の1つにおそらく初期の頃

もっとみる