◇日記

88

◇初詣に行きました

年が明けてもう10日以上経つんですね。近くの稲荷へ初詣に参りました。

子供のころは大晦日の夜に出かけ、除夜の鐘を聞きながら新年を迎えていました。
すし詰め状態の人だかりの中、厚い上着にマフラーや手袋、カイロがあってさえ凍えるように厳しい寒さ。少し進んでは止まる列。家族と話しながら待つも、次第に話題は尽きて口数が減っていきます。やっと本殿が見えても、そこからが長い。坂に差し掛かるとちょっと気分は上

もっとみる

◇昨夜みた夢のこと

めっきり夢を見ることが少なくなってきました。ただ内容を覚えていないのではなく、見たという感覚がちっともない。眠りに落ちてから覚醒する間が、まったく抜け落ちているようなものです。
それでも、年に数回程度でしょうか。はっきり「夢を見た」と言える日があります。しかも、ほとんどは「遅刻する夢」。

昨夜もそうでした。夢のわたしは高校生で、気づけば遅刻しそうだと焦っていた。荷物を抱えて走っていく。自転車通学

もっとみる

◇今年もよろしくお願いします。

2020年になりました。頭では理解していても、感覚はまだ追いついていません。気を付けないと2019年、ないし令和元年と書きそうです。

年の初めにこれといって目標を立てるタイプではないのですが……。
今年は、よりたくさんの作品に触れていけたらいいし、呟いたり記事にしたりと発信できたらいいなと思います。

昨年はアプリで読書記録をつけていました。

約90冊。月に7,8冊といったところでしょうか。実

もっとみる

◇味噌カツが食べたくて

無性に「あれ食べたい!」という気持ちに支配されることはありませんか?空腹とは関係なく、心が欲しているような感覚。それが今日、わたしの身に起こりました。求めたのは、味噌カツ。

というわけで、お昼に食べにいきました。

トンカツ屋へ足を運ぶと、選ぶのはだいたい味噌カツ。どの店でもそうです。メニューは一通り眺めるんですけどね。結局「いつものアレ」になる。
特にこの、鉄板に乗った味噌カツはたまりません。

もっとみる

◇風邪のバニラアイスクリーム

今朝起きたときに鼻づまりを感じて、風邪だろうかとヒヤッとしました。しばらくしたら治りましたし、ほかに症状も出ていないので、一過性のものだったのかもしれません。

さて、風邪といえばバニラアイスクリーム。わたしの中ではそうです。発端となった出来事は覚えているのですが、年齢は定かではありません。でも小学校の低学年よりは下だったと思います。

その日は母方の祖父母の家に、ひとりでお泊りしました。とはいえ

もっとみる

◇タツコンに足を運びました

愛知県尾張旭市にあるGALLERY龍屋さんで行われているアートコンペ、通称タツコンに足を運びました。

タツコン12回目となる今年のテーマは『想像・創造』。総勢160名の作家が参加し、審査員・来場者の投票と、作品が購入された場合のポイントの合計で結果が出ます。入賞すればGALLERY龍屋さんの企画に出展したりすることになる。

わたしにとってタツコンを訪れるのは2度目。知るきっかけは、応援している

もっとみる

◇腹巻き出した、の巻

気づけばもう12月ですね。ますます冷え込みが激しくなり、はっきり「寒い」と口にする機会も増えてきました。朝は布団のぬくもりが名残惜しくて、目を覚ました後しばらくは包まっていたりする。

ついに今日、腹巻きを出しました。ここ2,3年ほど冬の必須アイテムになっています。眠るときだけでなく、日中でもお世話になっている。薄手のものは服の中に着けても目立ちませんし、カイロ用のポケットがあるものは、外出時など

もっとみる

◇句読点、さくっと打てん

文章を綴っているとき頭を悩ませることの一つが、句読点。使う言葉やその並びはおおよそ決まっているのに、句読点をどこに打つか悩んで、進まなくなってしまうことも多々あります。

特に意識せずに句読点を打つ場合、わたしが基準にしているのは多分「音にしたときの区切りやリズム」です。実際に話すときのタイミングとはきっと違う。けれど文字を打ちながら、頭に声が響く感覚がある。抑揚もあるし、どこかで息継ぎをしたり、

もっとみる

◇本の帯、取っておく派

帯に限らず、しおりやチラシなど、本に付属していたものは全て保管します。位置もそのまま。だからしおりも、別に用意してあるものを使います。
読み始めるのは、保護のために透明なカバーをかけてから。
手に入れたときの状態をなるべく維持したい、そういう気持ちがあります。
ところで帯の保存に関して、表紙の下へ入れたり、折りたたんで本に挟んだり、ファイル類で整理したりと、色々な方法があるみたいですね。保存しない

もっとみる

◇お酒にめっぽう弱い話

下戸です。アルコールを口にすると顔がすぐ真っ赤になります。
父は体質的に弱く、母も好まず、両親が飲むところを見た記憶がありません。ただし双方の祖父は大のお酒好きでしたし、叔父やいとこはビールを飲みます。だから親戚が訪れる盆や正月だけ、母はアルコール類を用意していました。

兄と弟も体質的には決して強くないのですが、彼らは好んで飲むほう。というか、飲むのを楽しむタイプというのかな。飲みながら会話を楽

もっとみる