神社とは⑦

神社とは⑦

子どもの時から 初詣はお稲荷様にに行く習慣があった 正月はあるとあらゆる場所から 商売繁盛を願い色々な人たちが 訪れ、行列を成し参拝している 私はその行列を見るたびに 神様はこんなに沢山の願いを叶えられる訳がない と思ってお稲荷様が気の毒に感じられた その気持ちはやはりずっとそうで 大人になり色々なことが分かると 子どもの時に直感で感じでいたことは やっぱりその通りだった 稲荷様は美しく愛し愛される女神様だからである 時々稲荷は怖いとか稲荷に行くと頭が痛くなるってい

スキ
4
稲荷社のある駅の夢

稲荷社のある駅の夢

電車の乗り換えのために駅にいる。 その駅はなんとか稲荷という駅で駅のホームに派手な朱色の稲荷社があって、観光客や乗り換え客でとても賑わっている。 ホームなのに縁日のような雰囲気で、歩いているだけでとても楽しい。 何かお土産を買っていこうと思い、和菓子を売っている屋台のおばちゃんたちに声をかけた。 どれがオススメですかみたいなことを尋ね、このどら焼き美味しいよと指差されたものは、パックに入れられたどら焼きのかたまり。 大きさは小ぶりのキャベツくらいあって、半分に切って入れてあ

スキ
15
尾久駅前「寿司たらく」オリジナル寿司のハッピーランチ

尾久駅前「寿司たらく」オリジナル寿司のハッピーランチ

今日も尾久駅前「寿司たらく」でオリジナル編成寿司三昧。太巻五色@350をメインに、穴子細巻@170、握りは鰯@120×2、小肌@120、えんがわ@150、帆立@150、稲荷@80。相変わらず鰯の旨いこと。帆立もふっくら肉厚。ちょっと太巻と細巻の二本立ては多かったが、好きなネタばかり頼んでハッピーランチ。魚の美味しい「たらく」の存在に感謝。 https://s.tabelog.com/tokyo/A1323/A132303/13059653/

スキ
6
今日の参拝31 ~ご奉仕~
+8

今日の参拝31 ~ご奉仕~

父方のじいちゃんが、賽銭箱を寄進した神社。 「稲荷神社」。 なぜか、狛犬がキツネではない。 さて、この境内にあるお稲荷さん。以前紹介した神社である。 この神社、冬に鳥居が倒れたわけだが、今度は、風でご神木の銀杏の枝が折れた。 少し前のことである。 大きいからか、地元の氏子さん達も手を付けていない。 僕は氏子じゃないからどうかと思ったのだが、思い切って、撤去のご奉仕をすることとした。 何のことはない。チェーンソーがあればいいのである。 「これから、枝を撤去しますね。」

スキ
1
庚申塚から、田端八幡神社、赤紙仁王まで食う寝る祈り歩き
+24

庚申塚から、田端八幡神社、赤紙仁王まで食う寝る祈り歩き

スキ
22
こんこんさま こんこんさま

こんこんさま こんこんさま

 町外れのお稲荷様には、商店街のひとたちが、あれやこれやと、願い事をしにやって来る。  まるの兄さまは、立派な「おけんぞく(稲荷の使い)」だ。稲荷様にも、町の人にもとっても頼りにされている。このまえだって、町内会のもめごとを、ちょっとご神木を揺すって見せて、くるっと治めてしまったんだ。まったく、たいした、りきりょうだ。  それなのに、妹狐のまるときたら、泣き虫で甘えん坊で気分屋。なにひとつ、ひとりでできた、ためしがない。はやく兄さまみたいに、りっぱな「おけんぞく」になりたいな

スキ
3
日本古代史(14)高天原(スサノオ 豊受大神 ウカノミタマ 神大市比売 アマテラス)
+1

日本古代史(14)高天原(スサノオ 豊受大神 ウカノミタマ 神大市比売 アマテラス)

 豊葦原中国(とよあしはらのなかつくに)は、高天原と根之堅洲国の中間にあるとされる場所で、根之堅洲国は、山陰地方の伯耆国と考えられ、「根」は「子(ね)」で北の方角を意味すると推定されることから、高天原は伯耆国の南にあり、山陽地方の瀬戸内海沿岸にあったと考えられます。  『古事記』の大国主神の根の国訪問のところで、須佐之男命が大穴牟遅神(大国主命)に「おれ大國主神となり、また、宇都志國玉神となりて、その我が女(むすめ)須世理毘賣を嫡妻(むかひめ)として、宇迦(うか)の山の山本

鳳虹庵日記 38

鳳虹庵日記 38

2012年02月18日 田中のカミ伏見稲荷の神様といえば、 殆どの人は、「お稲荷さん」と答えると思います。 正式には、 宇迦之御魂大神といいますが、 もう少し詳しい人なら、 それに加えて 、 佐田大神(サルタヒコ) 大宮能売大神(アメノウズメ) さらに、田中大神と四大神の五柱を言うかもしれません。 この田中大神と四大神の存在が以前より気になっておりました。 八芒星と田の神で少し触れましたが、 四大神については、その時 「なんとなく、四大神とは、飛鳥京を囲む四柱の神

スキ
4
稲荷と白虎。~光を見上げて~
+12

稲荷と白虎。~光を見上げて~

やっと来た。 この場所は足を踏み入れられなかった場所。 珍しく私が、『行こう!』と素直に思った。いつもなら《稲荷》というだけでちょっと面倒だな・・・・と思っていたが、今は違う。 素直に『行く!』と言えた場所だ。

スキ
6
有料
800
神武天皇に会いに行こうの巻①

神武天皇に会いに行こうの巻①

先日妹たちと一緒に探した滝のことを思い出しました。 あんまりおしゃべりしていると、 あっという間に目的を忘れてしまいます。 いかんいかん。 今日もおやっとさあです。 また次回。 次の神様イラスト日記はこちら!

スキ
9