江島神社でのしあわせ時間

みなさまごきげんよう。

きょうは九星気学上「パワーの強い日」かつ、満月~☆
ということで、このスペシャルな日に自分にとって吉な方位にある江ノ島へ行って参りました。

江ノ島の島内を歩くとおおよそ8,000歩。お天気も大変よくて、岩屋の往復では水を浴びたように汗だくになってしまいましたが、本当に良い参拝ができました♪

前回の参拝時も、奥津宮に辿りついた途端(前回は敢えて奥津宮から参拝したのです)

もっとみる
ありがとうございます♡とても嬉しいです

瀬織津姫を祀る【波折神社】福岡県福津市

波折神社縁起によれば、
神功皇后が新羅を遠征されて凱旋なさった時に、
この三神がこの浦の渡村の鼓島に現れた事から、
皇后はこの浦の岡分河原崎の宮之本という地字に
神垣を造って斎祀された。

「波折」の由来

その昔、漁師3人が沖合で釣りをしていると、
急に海が荒れ始めました。

漁師たちが神様に祈ると、三柱の神様が現れ、
その擁護のもと荒波を折り、かろうじて孤島に漂着して、
波風が収まるのを待つこ
もっとみる

ありがとうございます。
2

【隙間時間に楽しめる広島駅周辺のおすすめスポット~城南通り編~】

先月、就活の予定があったので広島に行きました。今回は、就活のついでに巡った広島駅周辺のスポットを3回にわけてレポートしていきたいと思います。どのスポットも20~1時間弱あれば楽しめるので、旅と旅の隙間時間にぜひ寄ってみてください。

夜行バスで名古屋から広島まで約8時間。朝6時過ぎに眠い目をこすりながら広島駅前のロータリーに降り立ちました。就活の予定は10時から。とりあえず、眠気覚ましのために広島

もっとみる

江戸時代、犬は旅に出かけていた

私がここで書く話には定期的に親族が出てきます。
今回は伯母に聞いた話の中でも特に興味深かった「お蔭参り」の話についてご紹介したいと思います。

江戸時代、まだ交通機関も通っていない時代。
日本国民は全国を徒歩で移動していました。

そんな頃に流行っていたのが、お蔭参りだそうです。

お蔭参りに関する絵画を見てみると、気になる点が少々...。

月に数百万人が参拝していたお蔭参り

江戸時代、お蔭参

もっとみる
Merci beaucoup.
12

熊本県(九州?)内唯一の【八咫烏神社】熊本市最古の神社【健軍神社】熊本県熊本市の神社

【八咫烏(やたがらす)神社】

八咫烏神社は、近くの健軍神社の末社の一つで、
600年近い歴史を持つ熊本県内(九州?)唯一の八咫烏神社です。

御祭神
賀茂建角身命(かもたけつのみのみこと)

八咫烏は、日本サッカー協会のシンボルマーク
および日本代表のエンブレムの意匠として
用いられていることで知られています。

サッカー関係者や県外からの参拝者がくるなど、
サッカーファンの聖地となっているそ
もっとみる

ありがとうございます。
3

大好きな神社

過去に撮ったものを投稿する『専用note』を作りました。
私の日記に記した一眼レフ写真への想いをのぞいてみてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎日雑誌や、ネット・先輩たちから学んでいても、表現するって難しい(・_・;
と、毎日悩みながら・学びながら撮影しておりました。
自分で納得のいく写真が撮れるようになりたい!!

もっともっと撮影を上手くなりたい

もっとみる
うれしいです♬よろしければシェアお願いします(*´▽`*)
17

“波(は)を合わせる”ということ。

九州の中心部にある
山深い聖地に久しぶりに向かいました。

そこの入り口にある
最初に訪れた神社にて、
神様から言葉をいただきました。

“波(は)を合わせる”。

つまり、その地と
“波動を合わせる”ということ。

それが、今日のテーマなのだと
思いました。

そのエリアに入ると、

慌ただしい日々を送っている自分は
そことリズムが違うと感じていました。

何も考えず、ひたすらに
お参りをさせて

もっとみる
大吉な一日になりますように。
3

御朱印帳が1冊終わって

2017年の7月にはじめてからちょうど3年。31箇所で43個いただいて、御朱印帳が一冊埋まりました。

御朱印は "集める" ものではないし、神社は "巡る" ものではないけれど、趣味を聞かれたときなどに便宜上「御朱印集め」「神社巡り」という事があります。

自分がなんのために神社に行くのか、御朱印をもらうのかを書いてみたくなりました。
御朱印本来の意味である、もとは奉経の証だったとか、参

もっとみる

【荒立神社】宮崎県高千穂町

荒立神社(あらたてじんじゃ)は、
猿田彦命(さるたひこのみこと)と天鈿女命(あめのうずめのみこと) の
2柱を主祭神とし、大年神、迫天満、当地一帯に住む興呂木(こおろぎ)家の
先祖を祀る。

猿田彦命は記紀に天孫降臨の際、
瓊々杵尊(ににぎのみこと)の道案内をした神であると記され、
道開きの神として知られ、
また、天鈿女命は同じく記紀に天照大神が天の岩戸に隠れた際に、
楽しげに舞い踊った芸能の神
もっとみる

ありがとうございます。
3

瀬織津姫

昨日の朝、パソコンに向かって作業をしていたら、ネット上の神社の写真が目に入った。

数秒後、行きたいっ、と思った。

二時間後にはその神社にいた。

瀬織津姫という神様が祀られている「瀧神社」へ。

先に、参道の脇道の先にある瀧にお邪魔することにした。

権現様と書かれているので、ご本尊や御神体と言われるものなのかもしれない。

「滝つぼに入ると、天災に見舞われるという言い伝えがあります。村の者た

もっとみる
優しさの権化っ!あなたは優しさの権化ですっ!優しさの最高極地!
18