子どもの頃、アトムズファンだった

岐阜から名古屋まで、
パノラマカーでも、165系快速でもなく、
犬山経由7300系高速常滑ゆき

記憶は自分の都合の良いように塗り替えてきただけなのかも知れない

noteで子どもの頃のことを書いているおかげなのか、頭おかしいと言われていたことや、同じような出来事がいっぱい起こったことなど、自分の中で消化してきている気がする。

何を求めていたのか、何故そんな行動を取っていたのか?など、分かりかけてきた気がする。

と言うか、何だか分からないけれど、満たされた思いがしている。

多分、現在の環境が恵まれていることを再確認し、改めて感謝の日々を送れているので、

もっとみる
読んでくださって感謝です☆
3

ねえみんな、”全力“出し忘れてない? / 25日目

私は小さい頃から走るのが大好きだ。

幼稚園のマラソン大会で1位を取ってから、ますます走ることが好きになった。

小学校では毎年寒い季節に持久走大会がある。
持久力に関しては誰にも負けない女の子がいたから、私は卒業までずっと2位だった。

スタートラインに立てば練習でも、本番でも、「今度こそ勝つぞ」と自分の心を奮い立たせる。
笛が鳴ってスタートしたその瞬間から思いっきり走って、後半では周回遅れの子

もっとみる
次回作も期待してください!!
6

子どもの頃、アトムズファンだった

バヤリースオレンジでも、
噴水ジュースでもなく、
渡辺のジュースの素です、もう一杯

ずっと学び続けたい

学生の頃は、強制的に勉強というものをしなければいけなかった。

勉強しないと学校を卒業できない。

いい学校に進学できない。

いい会社に就職できない。

いい結婚ができない。

などなど、わたしの子どもの頃は、大人たちから勉強しないことでの不利益を教えられた。

だが、その不利益と言われていることが、本当に不利益なのか分からなかった。

いい学校やいい会社というけれど、この「いい」とは誰にとって

もっとみる
ありがとうございます(^_-)-☆
11