狐面の上に眼鏡をかけて活動したい

どうも、宮月です。

数日前に、「ネットでもし顔出して活動するなら仮面つけたい!」「単純に狐が好き」という理由で顔上半分覆うタイプの狐面を購入。
(ネットで顔出しで活動する予定は今のところ特になかったが見てたらとにかく欲しくなり買ってしまった)
色違い三つセットで千なんぼくらいのやつ。安いのかどうかはよくわからない。

私は普段眼鏡なので、仮面を付けるとしたらその上に眼鏡をかける形になる。
実際に

もっとみる
ありがとうございます🦊
1

誕生日

今日、36歳になった。

今日は息子が吃音の相談に市の言葉の教室へ午後から行く予定で、息子を12時に保育園迎えにしていたため午前中はフリー。
休みだった母を誘ったけど「用事あるからごめんねー」と言われたので1人で出かけた。

誕生日に眼鏡を買うと決めていて、運良くJINSから誕生日クーポンが来ていたので張り切って来店。
今まで使っていた形の少し太めのフレームにしようかなと思い、見ていて値段も500

もっとみる
嬉しいです(*☻-☻*)ありがとうございます!
1

遠近両用レンズのご先祖

今日は遠近レンズの祖先と言われているフランクリンレンズのお話です。
EXレンズとも言われるレンズですがまずどういうレンズかと言うと、単焦点レンズの遠用と近用をそれぞれ半分に切って一つのメガネフレームに入れる加工です。
言葉ではわかりずらいので簡単なイラストにしてみました。

「そんな乱暴な!!」と思われるかもしれませんが、今みたいに簡単に遠近両用レンズが作れなかった時代の手法になりますので当時は画

もっとみる
好きありがとうございます
3

生まれて初めてメガネを作ったついでにワリオランド3って神ゲーの話します

転職してからアウトプットの趣味が軒並み死にかけているので、自己啓発の気持ちでとりあえず始めたnoteの更新でもしようと思う。

はてなブログのほうとは違って作品だとかに関わらない私的な領域で適当に書いていきます。というかはてなブログの方も更新が滞っててあれだな。

5月の土曜日、緊急事態宣言もまだまだ解除されない中、秋葉原のJinsにフォロワーと赴いた。理由はタイトルの通り、メガネを作るためである

もっとみる

品川近視クリニックでICL受けてみた①

タイトルの通り、2020年5月に品川近視クリニックでICL手術を受けました。

今回は①として「ICLを検討〜事前検査の予約まで」
その中で気になった点や考えたことなどを共有したいと思います。

興味はあるけれど、ICLを受ける踏ん切りがつかない、と言う人も多いはず。
(私もその一人でした)

手術前noteをはじめ、色々な媒体を参考にしました。
少しでも参考になればと思い、記憶が新しいうちに何回

もっとみる

【不定期更新】今日の一品

どうも。初投稿は自分にとっての必需品の1つであるメガネについて紹介します。

自分は現在7本ほど所有しているのですが、その中でも今一番気に入ってかけているこちらのトムフォードのフレーム。

トムフォードのフレームにしてはクラシカルなデザインでありながらラインの太さはトムフォードらしさがあり、そのバランス感が今のスタイルの気分にハマっていてリピートしています。

トムフォードのブランドイメージによせ

もっとみる

眼鏡はこだわるべき

コンタクトな人、眼鏡をかけている人。
日本人は目が悪い人が多いイメージだ。
そんなことを言っている自分自身、視力は良くない。
小学生の頃から視力が悪くなるたびに、眼鏡を買い替えてきた。
おはようからおやすみまで、起きている間は常に眼鏡をかけている。

昔よりも様々なお店が増え、安く買えることが増えたのでなんとなくで選んで済ませてしまう人も多いのではないだろうか。
その時の流行りの形の眼鏡だったり、

もっとみる
ありがとうございます
1

二つの世界

おはようございます。もさもさです。

今日は久々に朝noteを書いています。

「朝気鋭く昼気惰り暮気帰る。」孫子のお言葉。最近読んでる「孫氏」の本にある一文です。

さて、題名にある二つの世界

皆さんなんのこっちゃとお思いでしょう。

僕は見つけてしまったんです。自粛期間中に二つの世界を。

僕視力が低いんですよ。つけてる眼鏡も安いステーキくらいの厚さでフレームにレンズが収まってないんですよ。

もっとみる
スキありがとうございます😊😊
6

自分を知ると自分が楽になる 心の色めがねは何色か?

♬ とんぼのめがねは水色めがね
青いお空を飛んだから 
飛~んだ~か~ら~

いきなり歌ってしまいましたが、
水色の世界にいて、
めがねが水色になったら、
それはもう、だって、世界は水色です。

こんな感じで、
私たちは生きている間に知らず知らず、
色々な場面で色々な経験をし、
「心の色めがね」を持つようになるのでしょう。
まっさらなまま生きるのは無理そうです。

でも、色は知らず知らずついてし

もっとみる

時に世界は、眼鏡を外していたくなる

noteを始めてから、ふと書きたいことが思いついた時にその内容をスマホのメモに残している。

「日常」「恋愛」「自分のこと」「作品感想」など、ざっくりとカテゴリー分けをしたタイトルの下に箇条書きで思いついた順に幾つか。

その中に、この言葉がぽつりと書いてあった。
カテゴリーは「日常」だった。

時に世界は、眼鏡を外していたくなる

私は目があまり良くない。
すごく悪いというほどでもないが、まぁ決

もっとみる
わたしもnoteお邪魔しにいきます!
7