マガジンのカバー画像

kaizen

1384
運営しているクリエイター

記事一覧

開店前も閉店後もお客様対応←これが学校 vol.247

本日は全国私教連の会議に参加しました。

36協定や年間変形労働時間、部活動手当、長時間労働など、私自身3,4年間学びながら少しずつ理解していくことができました。

今日もたくさんの学校からさまざまな組合としての取り組みをしているお話を聞きました。

若干は良くはなっているということは分かりますが、まだまだ課題山積。

一体、どのようにすれば解決できるのでしょうか?

仕組みを変えようとせずにマイ

もっとみる
お読みいただきありがとうございます。

紙のシフト表からスプレッドシートに変えるのに大苦戦 (いかめし阿部商店・今井麻椰)

紙のシフト表2022年1月12日放送の日本テレビ「news every」より

北海道・函館本線森駅の名物駅弁「いかめし」を販売する「いかめし阿部商店」の3代目社長・今井麻椰さんが紙のシフト表からスプレッドシートに変えるのに大苦戦してる様子が紹介されていました。

現状の手書きのシフト表。定規で線を引いてる跡がみえます。

効率化するためにスプレッドシートに移行を試みる今井さん

前社長の父は、紙

もっとみる

Jira Service ManagementとSlackの連携をJira AutomationとGASを使って色々自動化

こんにちは。PITチームの田中です。相変わらず卓球しに出社してます(仕事もしてますよ!)。みんな入社当初は球に当てるのもおぼつかない感じなのですが、徐々に成長しつつある日を境に限界突破して急に強くなるんですよね。スポーツに限らず仕事にも通じるところかなと思います。

さて、前回の記事に引き続き、Jira Service Management(以下、「JSM」とします。)のお話です。前回のお話とPI

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!

活用される業務マニュアルは誰が作成するとよいか?【業務改善】

業務の見える化を促進するために有効な手段のひとつがマニュアル化。膨大な時間を費やして作られるマニュアル。そのマニュアルは誰が書くと使えるマニュアルになるのか?

「マニュアル研修」の中で、受講生から「目から鱗」と言われる方法がある。マニュアルは通常、業務知識を有するもの(有識者)がマニュアルを作成する立場になるのだが、そうではなく業務の初心者、又は、業務の継承者(マニュアルを活用する人)に作成して

もっとみる

学習eポータルへの質問数第2位。Google/MSとの認証連携(シングルサインオン)のこと。

前回書いたMEXCBT/学習eポータルなんでもQ&Aがアクセスも多く、やはりこの辺りの関心が高まりつつあるようなので、関連して問合せが多く、かつ理解してもらうのが結構難しい、ちょっとマニアックな認証連携(シングルサインオン)をテーマに書いてみます。

ちなみに前回の前書きで岩合さんのこと書いたのですが、記事への反応は多かったのですが、ネコ関連の反応はゼロでした。悔しいので録画している世界ネコ歩きを

もっとみる
スキありがとうございますー!

言われてもいないけど学習eポータルピッチの全てのコメントに勝手に答える

お久しぶりです。稲田です。
9月からデジタル庁兼業になり、なんとなく書き辛くなってしまって時間が空いてしまいました。なんかすみません...。

デジタル庁での勤務も2か月ぐらい経ちましたが、とても刺激的な状況でありつつ、兼業になって労働時間的にはなかなか苦しい面もあります。
なんか会う人会う人に体調を心配される始末で、、なんかすみません...。
でも体も心も強めなタイプなので、それでもあまり過信せ

もっとみる
スキありがとうございますー!

高校一人一台端末、最後の大チャンス?

あけましておめでとうございます。
 
昨年2021年は、GIGA元年ということで小・中学校では一人一台端末での様々な教育実践が生まれた一年でした。各地でのトライ&エラーはその短期的な成否に関わらず、中長期的には日本の教育のアップデートに大きく寄与したと思います。関係者の皆様、本当におつかれさまでした。
(2021年振り返り&2022年大予想については、こちらのウェビナーで昨年12/27でお話させて

もっとみる

働くのが辛いワケ~労働力に頼って、教育や設備投資を惜しんでいる日本企業!?~

「日本の設備投資の低迷が20年続いている」今朝の日経新聞で目に留まった記事です。

私たちを日々苦しめている「人海戦術に頼った企業風土」「低賃金な労働条件」「上がらない給与」などに寄与している気がしたので纏めました。

日本の経済成長率は、2001年からコロナウイルス危機前の2019年まで、年平均0.8%にとどまっていた。これは、米国(2.1%)や英国(1.8%)と比較すると大きく水をあけられたか

もっとみる

属人化はマニュアル作成では解消されない?【業務改善】

最近、マニュアル作成の研修をすると、「属人化の解消のために、マニュアル作成について学びに来た。」という意見が多く聞かれる。

ここで私は、「マニュアル作成は、属人化解消のための有効な手段のひとつではあるけれど、マニュアル作成では属人化の解消はできませんよ。」と言ってしまう。なぜなら、属人化の根本原因は、役割分担や体制の問題だから。業務の可視化は重要だが、役割分担や体制を変えなければ、属人化は解消し

もっとみる

属人化を解消するための最初の一歩は何か?【業務改善】

最近、マニュアル作成研修でも、ナレッジマネジメント研修でも、受講生から問題としてよくあがるのが属人化。大きく分けると、2つのパターンがあり、①ベテラン社員と一般社員のスキル格差が大きい、②業務をひとりで行っておりブラックボックス化している。

どちらの場合も今までは問題なかったのだ。一人の人間がより多くの業務をこなし、業務を経験する中で知識・スキルを獲得し、スペシャリストになった結果が属人化と言え

もっとみる

業務改善、個人の目的の先には何がある?【業務改善】

「業務改善」は、発祥はトヨタの工場で、昔から生産管理では言われていたが、日本から輸出された「改善」が「KAIZEN」として逆輸入され、事務部門まで広く適用されて、個人の評価にも取り入れられるようになったのは、ここ十数年のことではないか?

これは、業務がIT化されてひとりひとりの業務範囲が拡大化、複雑化し、部署のマネージャーが全部の業務を把握することが難しくなってきたからだと思われる。業務改善は、

もっとみる

問題解決の「問題」とは何だろう?【問題解決】

どこの会社でも問題は山積している。ひとつが解決すれば、また新たな問題が発生してくる。安心して欲しい。問題解決は、人間にしかできない仕事だから腕の見せ所だし、プラス、新しい問題がでてくるのは、組織が進歩している証拠だから。

とは言っても、問題をそのままにしておくことはできないので、「問題解決」のスキルが必要となる。問題の定義からいくと、問題を語るには3つの要素が必要となる。3つの要素なくして、問題

もっとみる

会議の達人になるには?

私が、プロジェクトで効率的な会議ができるようになったのは、環境によるところが大きいと思う。会議のやり方を鍛えられたのは、「会議が多いにもかかわらず、会議室が足りない」という環境のせいだ(環境のおかげ?)。

「会議が多い」というのは、会社にもよる。前職の外資系の会社は、日本に進出してきて約10年ちょっと。変化のスピードが速く、みんな忙しい。さらに、ほぼ全員が中途採用で、まだまだ手探り状態。メールの

もっとみる

2021年度に使い始めた推しツール

みなさん、こんにちは、岩澤です。

2021年度も終わり!ということで、今年使い始めたツールで、これ良かったなぁ。と思うツールを★1~3でまとめてみました。

「こういうツールがあるんだなぁ」とかそんな軽い気持ちで読んでもらえると嬉しいです。

バクラク申請・請求書(旧LayerX ワークフロー・インボイス) ★★★企業の各種ワークフローと、請求処理が一気通貫に行えるツール。会計ソフトへの連動がと

もっとみる
読んでくれてありがとうございます!