Webアクセシビリティ

命名「fontac」。フォントを用いたアクセシビリティを提案します。

UDフォントが一般的になってきました

Webフォントが日本語でも実用的になってきて、UD(ユニバーサルデザイン)フォントがよく使われているそうです。

UDフォントは、漢字の内側を広く取り、文字が見づらいひとにもつぶれて読みにくくならないようにしたり、6や8などのシルエットを変えることで見間違いを防ぐなどの工夫がされています。

これは、Webのアクセシビリティ、つまりさまざまなひとがアクセスで

もっとみる

アクセシビリティの国際会議で発表してみた〜CSUN2019

こんにちは、サイボウズ株式会社の小林です。

2019年3月に、CSUN2019という、アメリカのアナハイムで開催されたアクセシビリティの国際カンファンレンスで登壇してきました。この記事では、その動機や準備、発表についてまとめようと思います。

発表の動機とテーマ

CSUNには過去2回参加していました。参加することで、海外のさまざまな情報を吸収できていましたが、次第に日本人として情報をいただくば

もっとみる
ありがとうございます!励みになります。
26

Webの力を使って勉強会をアクセシブルに

こちらは Webアクセシビリティ Advent Calendar 2019 の23日目の記事です。
この記事では、勉強会をアクセシブルにするために、勉強会のオンライン配信時のメリットや気をつけることをお伝えします。

前書き

私は主に福岡で、アクセシビリティの勉強・実践に一歩踏み出す、一歩踏み込む勉強会「Accessibility Step」を主催しています。
LTをメインとした回を福岡にて数回

もっとみる
ありがとうございます😊✨
12

「障害のない社会をつくる」ためにWEBアクセシビリティに向き合う

株式会社LITALICOで障害福祉施設向けの運営支援サービスのデザイナーをやっています田中良樹です。この記事は『LITALICO Advent Calendar 2019』13日目の記事です。(だいぶ出遅れました。)

はじめに

弊社LITALICOでは「障害のない社会をつくる」というビジョンを元に、様々な事業を展開しています。

「障害は人ではなく、社会の側にある」という考えのもと、LITAL

もっとみる

【まとめ】世界基準のWebサイトにするためのウェブアクセシビリティについて

ウェブアクセシビリティの現状と必要性

皆さんは「ウェブアクセシビリティ」という言葉をご存知でしょうか?

ウェブアクセシビリティとは高齢者や障害者などさまざまな利用者が、さまざまなデバイスを使って情報にアクセスし利用できることを意味します。
世界規模で見てみると、2008年に「WCAG 2.0」というガイドラインの制定後、2012年には国際規格である「ISO/IEC」として制定されました。

もっとみる

Trusted Tester - Section 508 Conformance Test Process for Web 勉強会について

2019年4月から表題についてのオンライン勉強会に参加しておりまして、その内容についてさっくりと概略紹介したいと思います。

経緯

Webサイトの情報を、いろんなひとが同じようにアクセスできるようにするためにはアクセシビリティ対応が必要ですよ、ということはかなり知られるようになりました。実際にアクセシビリティやってるよ!というひとも多くなったなあ、という体感(※個人の感覚)です。

しかし、次の

もっとみる

情報保障に向けた取り組み ~文字起こし編~

本記事は『LITALICO Advent Calendar 2019』の15日目の記事となります!
今回はタイトルの通り、情報保障について、普段考えていることと実践について書いてみようと思います。

情報保障とWebアクセシビリティ

普段私は 株式会社LITALICO でWebエンジニア& エンジニアマネージャをしています。

LITALICOでは「障害のない社会をつくる」というビジョンを掲げな

もっとみる
ぜひ他の記事も見ていってください!
23

より多くの人に情報を伝えるためにできること〜Webアクセシビリティの基礎〜

AEDさんのセミナーにお邪魔してきました。

講師は澤田 望(SAWADA STANDARD DESIGN)さん。

私は・・・「アクセシビリティ」という言葉、私は去年の夏にWordCamp男木島に関わるまで知りませんでした。

どこか人ごとのような気がしていたのかもしれません。
エンジニアでもデザイナーでもないし。
どこかで「伝わるひとに伝われば良い」という気持ちもあったかもしれません。

もっとみる
わーい\(^o^)/うれしいです♪
22

Webアクセシビリティに未対応だと訴訟される時がくるかもしれない話。

突然ですが、覚えてますか?

今年、2019年初めにこのニュースがあったの、覚えていらっしゃるでしょうか?

ざっと説明すると、ビヨンセの公式サイトが「視覚障害者対応をしてない!」と視覚障害者ファンから訴えられた、というニュースです。

「そんなおおげさな」と思う方が大半だと思いますが、その感想だけで終わらせるのは問題があると私は思ってます。

アメリカでは訴訟が増えている模様。

実は、以前より

もっとみる
ありがとうございます(ΦωΦ)
1

ロゴこそアクセシビリティを

皆さんはアクセシビリティという言葉を聞いた事がありますか?失礼な!という方ももちろんたくさんいらっしゃるでしょう。私はと言えば、過去W3C関係者の監督するサイト構築をしたり、また別のサイトでユーザビリティ賞を頂いたりとWEB系の会社にいた頃はそれっぽい事をいくつかやってはいたものの専門分野でもないので絶対に自信があります!と言えるものではありません。

ただ、ベンチャーに所属して数年が経った今、こ

もっとみる
嬉しい!
121