株式会社SmartHR

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を運営する、株式会社SmartHRのアカウントです。 誰でも読める「SmartHRオープン社内報」では、福利厚生や社内制度などSmartHRの社員向け情報を発信。その他、メンバーの書いた記事もnoteマガジンにまとめています。

株式会社SmartHR

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を運営する、株式会社SmartHRのアカウントです。 誰でも読める「SmartHRオープン社内報」では、福利厚生や社内制度などSmartHRの社員向け情報を発信。その他、メンバーの書いた記事もnoteマガジンにまとめています。

マガジン

  • SmartHR セールス

    • 25本
  • SmartHR UXライティング

    • 13本
  • SmartHR マーケティング

    • 43本
  • SmartHR PMM

    • 14本
  • SmartHR デザイン

    • 57本

    SmartHRのデザイナーによるブログです。

リンク

最近の記事

SmartHRセールスで得られた『4つのスキル・3つの経験』

初めまして。SmartHRの栗栖(くりす)と申します。 セールス職の皆さまの中には とにかく成長したい 市場価値を上げたい ガンガン仕事したい 爆速で駆け上がりたい(どこに?) そんなギラついた熱い想いをお持ちの方、たくさんいらっしゃると思います! 私も成長意欲強め(自称)なので、その1人です。 一方で、社外の方とお話ししていると、弊社はどちらかというとスマートな印象(あらゆる意味で)を持たれているケースが多かったりします。 働きやすそうとか、売りやすそうとか。

スキ
13
  • ライティングプロセスをモデルにしてみた

    先週、とある勉強会で「書けるようになる」ということについてお話をしました。参加者がデザイナーやディレクター、カスタマーサービスと多岐に渡っていたこともあり、比較的抽象度の高い内容を用意する必要がありました。 ざっくり言うと、「”書ける”というスキルは、ただアウトプットとして作文ができるということではなく、コミュニケーションの軸となる「意図」を明確にするための観察や思考を重ねたうえで、その意図が受け手に伝わる言語化ができるということ」なんですよ〜という内容でした。 その中で

    スキ
    32
  • 【面接の質問を一部公開】SmartHR「デジタルマーケティング」は一緒に働く人を探しています。

    こんにちは!SmartHRのいそ(isosho46)です。 前回のnoteが、noteさんの公式Twitterに取り上げていただいたり、NewsPicksさんに転載されたりと多くの方の目に触れる機会をいただきました! 嬉しくありつつも、身が引き締まる思いの方が強いかもしれません……。 このnoteを書いたきっかけは、ズバリ「採用に困っているから」でした😇 急速な組織拡大・市場環境の変化といった影響から、自分が担当するデジタルマーケティング領域(以下、社内通称「デジマ」)で

    スキ
    66
  • プロダクトマーケティングマネージャー(PMM)を始めるときに知っておきたいこと

    なぜSaaSにプロダクトマーケティングマネージャー(PMM)が必要なのか?やプロダクトマーケティングマネージャーとはなにかを執筆してから気づいたら2年半以上が経っていました。 当時は、日本国内でのプロダクトマーケティングマネージャー(PMM)という職種はあまり知名度が高くありませんでしたが、今は各社でPMM組織が発足したり、日本語での記事もちらほら見かけるようになりました。 執筆時の私はSmartHRに入社直後で、PMMとはなにかを自分なりに解釈するために言語化を試みていまし

    スキ
    165

マガジン

マガジンをすべて見る
  • SmartHR セールス

    • 25本
  • SmartHR UXライティング

    • 13本
  • SmartHR マーケティング

    • 43本
  • SmartHR PMM

    • 14本
  • SmartHR デザイン

    • 57本

    SmartHRのデザイナーによるブログです。

  • SmartHR カスタマーサクセス

    • 15本
  • SmartHRオープン社内報

    • 106本

    株式会社SmartHRの社内報です。オープンにしておいたほうが何かと便利なので、社外の方でも誰でも読めるオープン社内報として情報を届けていきたいと思います!

  • SmartHR コーポレート

    • 14本
  • SmartHR インサイドセールス

    • 43本
  • SmartHR カスタマーサポート

    • 22本

    SmartHRのカスタマーサポートに関する記事を集めたマガジンです。

  • SmartHR セールス

    • 25本
  • SmartHR UXライティング

    • 13本
  • SmartHR マーケティング

    • 43本
  • SmartHR PMM

    • 14本
  • SmartHR デザイン

    • 57本

    SmartHRのデザイナーによるブログです。

  • SmartHR カスタマーサクセス

    • 15本
  • SmartHRオープン社内報

    • 106本

    株式会社SmartHRの社内報です。オープンにしておいたほうが何かと便利なので、社外の方でも誰でも読めるオープン社内報として情報を届けていきたいと思います!

  • SmartHR コーポレート

    • 14本
  • SmartHR インサイドセールス

    • 43本
  • SmartHR カスタマーサポート

    • 22本

    SmartHRのカスタマーサポートに関する記事を集めたマガジンです。

記事

記事をすべて見る
  • 半年で29本公開。ホワイトペーパーの制作量を維持し続けるための5つのコツ

    こんにちは!SmartHRのいそ(@isosho46)です。 情報発信するのが苦手なこともあり、しばらくnoteもtwitterも開いておらずで約1年ぶりの投稿です。 現在SmartHRでデジタルマーケティングによるリードジェネレーション(見込み顧客情報の獲得)を担っており、ここ最近はホワイトペーパーなどコンテンツの制作・活用に軸足を置いて活動しています。2022年上半期の活動を振り返ってみたら、半年間で29本のホワイトペーパーの制作を担当していました。月間にすると4.8本

    スキ
    93
  • SmartHRのプロダクトフィードバック専用のユーザーコミュニティ「Senseiコミュニティ」を立ち上げた話

    こんにちは。SmartHRでPMM(プロダクトマーケティングマネージャー)をしています、岡田(@___onikutabeyo)です。 趣味は焼肉屋巡りで、PMMとしての発信をする予定で開設したTwitterアカウントは早速焼肉レビューアカウントになりつつあります。 「焼肉に詳しいSaaSのPMM」という比較的珍しいであろうジャンルを狙っていくべく(狙うとは?)PMMとしての発信もしたいと思い、noteのアカウントも作りました。 最後におすすめの焼肉屋を紹介しながら、PMMと

    スキ
    79
  • 使われてなんぼ!導入事例の社内活用を促進する15の工夫

    こんにちは!SmartHRのコンテンツマーケティングユニットに所属している、たくみ(@kotaro53)です。ふだんは自社の導入事例コンテンツの制作を中心に担当しています。  先日、SmartHRの導入事例のページをリニューアルしました。 導入事例ページのリニューアルは、ウェブサイトに訪れるユーザーさんに対してはもちろん、実は同じくらい社内メンバーに対する利便性向上、さらなる活用促進を意図した改修でもありました。 これまでも事例制作後の社内共有はしてきたものの、従業員数

    スキ
    47
  • ライティングガイドラインの作り方

    SmartHRでUXライターをしている私は、非デザイナーでありながらも、立ちあげ初期からデザインシステムに関わっています。 エージェンシー時代のコンセプトワーク、コピーライティングの経験を生かして、立ち上げ未明のブランドパーソナリティの定義、プロダクトのデザイン原則、今年1月のリニューアル時の運営理念のライティングのアンカーを務めたりもしました。 2022年6月で、SmartHR  Design Systemとしての公開からちょうど2年を迎えます。当時はまさに「有志」が集

    スキ
    45
  • SmartHR Blueカラーチップv1.0を制作したので知ってほしい

    こんにちは! ごぶさたしております。SmartHRでデザインをやっている関口(sekig)です。 SmartHRコミュニケーションデザイングループ、通称「コムデ」でデザイン周辺のディレクション全般をやっているのですが、今回いろんな方に知ってほしい取り組みがあり筆をとりました。 みてくれ。 https://smarthr.design/basics/colors/printguideline/ カラーチップをつくった今回、当社のコーポレートカラー SmartHR Blue

    スキ
    138
  • エンタープライズ向けのCSに所属して半年が経ちました

    はじめまして。2022年の1月にSmartHRに入社しました、カスタマーサクセス/エンタープライズユニットに所属している生井(@namatetsu)と申します。早いものでSmartHRに入社して半年が経とうとしているので、私自身の感度が新鮮なうちに入社エントリーを書いてみました。 「SmartHRへ転職するか迷っている人」や、「現在のSmartHRでやれることがあるのか気になっている人」に向けて、少しでもSmartHRのイマを知っていただけたらと思います。 SmartHRに

    スキ
    61
  • カスタマーサポートと「メンタルモデル」についての認識をそろえた話

    UXライターと認知心理学 業務アプリケーションのUXライターとして働くうえでの武器は、エモでもセンスでもありません。加えて、私は文法や辞書的に正しい日本語だとも思っていません。  私が武器の一つだと思っているのが、認知心理学です。コミュニケーションを「送り手からの情報をもって受け手になんらかの効果が働くこと」としたときに、受け手がメッセージをどう受け取るか(=認知するか)を予想できることは強みになります。人間が外からの情報とどうやって付き合っているかの仕組みを掘り下げる認知

    スキ
    22
    • 「障害者雇用」の現状と目指すこと 〜freeeさん&サイボウズさんと情報交換会を実施〜

      言葉の表記について 様々な配慮による表記の形がありますが、今回は法律(障害者雇用促進法)に沿って「障害者」と表記しています。 お疲れさまです。プログレッシブデザイングループの辻(@maverick)です。 日頃はプロダクトのアクセシビリティ改善のアドバイスをしたり、社内外向けにアクセシビリティを向上させるための啓発活動を担当しています。 さて、多くの企業において障害者雇用には十分なノウハウがなく、手探りで採用活動が行われている現実があります。 他社の事例もなかなか情報とし

      スキ
      47
    • SmartHRのバックオフィス 2022【後編】

      こんにちは!SmartHR 採用ユニットの南石(@nanseki)です。 これは、SmartHRのバックオフィスを紹介するインタビュー記事【後編】です。前編は以下よりぜひご覧ください!(前編では、経理、法務、コーポレートOps/内部監査)のご紹介をしています) SmartHR バックオフィスの組織体制と本記事の対象前編をご覧いただいた方には二度目ましての図となりますが、SmartHRのバックオフィスは現在、以下のような体制になっております。今回は CFO直下グループと、フ

      スキ
      39
    • 組織の健康状態を把握する「ナナメ1on1」が良さそうな機運なのでオススメしたい

      このnoteのサマリ「ナナメ1on1」という第三者的な立場と行う1on1を実施した 実施の目的は組織にモヤモヤを抱えている人がいる状態を予防、観測すること 大事にしたのは、「評価に関係しないということと守秘の約束」 実施した結果、入社直後や1年などのモヤモヤが発生しやすそうなタイミングで個別に実施するとより効果がありそう 後半に具体的なやり方が書いてあります ナナメの1on1の実施Kenpyoです。SmartHRのインサイドセールスグループで、採用と営業支援(Rec

      スキ
      31
    • SmartHRのバックオフィス 2022【前編】

      こんにちは!SmartHR 採用ユニットの南石(@nanseki)です。 これは、SmartHRのバックオフィスを紹介するインタビュー記事【前編】です。SmartHRでは日々さまざまな発信を行なっていますが、バックオフィスに関する発信は相対的に少なめでした。これを機に、SmartHRのバックオフィスについて少しでも知っていただき、ご興味を持っていただけたらと思い社員へのインタビューを行いました! SmartHR バックオフィスの組織体制と本記事の対象現在、SmartHRの

      スキ
      53
      • 「報酬委員会」設置が、なぜコーポレート・ガバナンス強化につながるのか

        こんにちは、CFOの玉木(@tamaki-ryo)です。 本日発表された通り、2022年5月18日付でSmartHR社には報酬委員会という機関が設置されました。 今日はその報酬委員会とは何か?何のために必要なのか?をお知らせするために2年ぶりに社内報にやってまいりました。 報酬委員会って何?報酬委員会とは、めちゃくちゃ簡単に言うと役員の報酬を決定する機関のことです。 もうちょっと詳しく言うと、会社法という法律上、指名委員会等設置会社という機関設計を選択している会社には設

        スキ
        34