株式会社SmartHR

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を運営する、株式会社SmartHRのアカウントです。 誰でも読める「SmartHRオープン社内報」では、福利厚生や社内制度などSmartHRの社員向け情報を発信。その他、メンバーの書いた記事もnoteマガジンにまとめています。

株式会社SmartHR

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を運営する、株式会社SmartHRのアカウントです。 誰でも読める「SmartHRオープン社内報」では、福利厚生や社内制度などSmartHRの社員向け情報を発信。その他、メンバーの書いた記事もnoteマガジンにまとめています。

マガジン

  • SmartHR UXライティング

    • 13本
  • SmartHR マーケティング

    • 43本
  • SmartHR PMM

    • 14本
  • SmartHR デザイン

    • 57本

    SmartHRのデザイナーによるブログです。

  • SmartHR カスタマーサクセス

    • 15本

リンク

SmartHR UXライティング

すべて見る
  • 13本

ライティングプロセスをモデルにしてみた

先週、とある勉強会で「書けるようになる」ということについてお話をしました。参加者がデザイナーやディレクター、カスタマーサービスと多岐に渡っていたこともあり、比較的抽象度の高い内容を用意する必要がありました。 ざっくり言うと、「”書ける”というスキルは、ただアウトプットとして作文ができるということではなく、コミュニケーションの軸となる「意図」を明確にするための観察や思考を重ねたうえで、その意図が受け手に伝わる言語化ができるということ」なんですよ〜という内容でした。 その中で

スキ
10

ライティングガイドラインの作り方

SmartHRでUXライターをしている私は、非デザイナーでありながらも、立ちあげ初期からデザインシステムに関わっています。 エージェンシー時代のコンセプトワーク、コピーライティングの経験を生かして、立ち上げ未明のブランドパーソナリティの定義、プロダクトのデザイン原則、今年1月のリニューアル時の運営理念のライティングのアンカーを務めたりもしました。 2022年6月で、SmartHR  Design Systemとしての公開からちょうど2年を迎えます。当時はまさに「有志」が集

スキ
44

カスタマーサポートと「メンタルモデル」についての認識をそろえた話

UXライターと認知心理学 業務アプリケーションのUXライターとして働くうえでの武器は、エモでもセンスでもありません。加えて、私は文法や辞書的に正しい日本語だとも思っていません。  私が武器の一つだと思っているのが、認知心理学です。コミュニケーションを「送り手からの情報をもって受け手になんらかの効果が働くこと」としたときに、受け手がメッセージをどう受け取るか(=認知するか)を予想できることは強みになります。人間が外からの情報とどうやって付き合っているかの仕組みを掘り下げる認知

スキ
22

言葉のこぶし👊で理解(わか)らせろ!SmartHR式、UXライターの流儀

はじめに 〜祈り〜言葉は神だ。 僕は毎週祈っている。 日曜日のプ○キュアのコマーシャル中、セコ○ヤチョコレートのアシッドなロックチューンで脳をトロトロに溶かしながら祈っている。 言葉は神だ。 唯一ヒトに所有されることを許す神。 ヒトが扱うことを許す。ヒトが発することを許す。 唐突に「メチャウ○ーメイド!」とか「ト○ピカル〜ジュ!」とか奇天烈なこと言っても許す。 しかし、言葉は神だ。 ヒトには容易に御せぬ力がある。 現に、記事がはじまってほんの数行で、言葉に惑わされた僕は何

スキ
60

SmartHR マーケティング

すべて見る
  • 43本

【面接の質問を一部公開】SmartHR「デジタルマーケティング」は一緒に働く人を探しています。

こんにちは!SmartHRのいそ(isosho46)です。 前回のnoteが、noteさんの公式Twitterに取り上げていただいたり、NewsPicksさんに転載されたりと多くの方の目に触れる機会をいただきました! 嬉しくありつつも、身が引き締まる思いの方が強いかもしれません……。 このnoteを書いたきっかけは、ズバリ「採用に困っているから」でした😇 急速な組織拡大・市場環境の変化といった影響から、自分が担当するデジタルマーケティング領域(以下、社内通称「デジマ」)で

スキ
65

半年で29本公開。ホワイトペーパーの制作量を維持し続けるための5つのコツ

こんにちは!SmartHRのいそ(@isosho46)です。 情報発信するのが苦手なこともあり、しばらくnoteもtwitterも開いておらずで約1年ぶりの投稿です。 現在SmartHRでデジタルマーケティングによるリードジェネレーション(見込み顧客情報の獲得)を担っており、ここ最近はホワイトペーパーなどコンテンツの制作・活用に軸足を置いて活動しています。2022年上半期の活動を振り返ってみたら、半年間で29本のホワイトペーパーの制作を担当していました。月間にすると4.8本

スキ
93

使われてなんぼ!導入事例の社内活用を促進する15の工夫

こんにちは!SmartHRのコンテンツマーケティングユニットに所属している、たくみ(@kotaro53)です。ふだんは自社の導入事例コンテンツの制作を中心に担当しています。  先日、SmartHRの導入事例のページをリニューアルしました。 導入事例ページのリニューアルは、ウェブサイトに訪れるユーザーさんに対してはもちろん、実は同じくらい社内メンバーに対する利便性向上、さらなる活用促進を意図した改修でもありました。 これまでも事例制作後の社内共有はしてきたものの、従業員数

スキ
47

EC・D2Cを8年してきた私が、SmartHRに転職した理由

本日から新年度!ということで、気持ち新たに近況報告します。 実は2月中旬より、株式会社SmartHR に転職していました。 株式会社SmartHRは、クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の企画・開発から運営・販売まで行っている会社です。人事・労務の業務効率化を実現し、働くすべての人の生産性向上を支えるSaaSを提供しています。 私はマーケティンググループのナーチャリング(顧客育成)ユニットに所属しています。どんなお仕事かというと、以下の内容です。 今回SaaSのマー

スキ
85

SmartHR PMM

すべて見る
  • 14本

プロダクトマーケティングマネージャー(PMM)を始めるときに知っておきたいこと

なぜSaaSにプロダクトマーケティングマネージャー(PMM)が必要なのか?やプロダクトマーケティングマネージャーとはなにかを執筆してから気づいたら2年半以上が経っていました。 当時は、日本国内でのプロダクトマーケティングマネージャー(PMM)という職種はあまり知名度が高くありませんでしたが、今は各社でPMM組織が発足したり、日本語での記事もちらほら見かけるようになりました。 執筆時の私はSmartHRに入社直後で、PMMとはなにかを自分なりに解釈するために言語化を試みていまし

スキ
162

SmartHRのプロダクトフィードバック専用のユーザーコミュニティ「Senseiコミュニティ」を立ち上げた話

こんにちは。SmartHRでPMM(プロダクトマーケティングマネージャー)をしています、岡田(@___onikutabeyo)です。 趣味は焼肉屋巡りで、PMMとしての発信をする予定で開設したTwitterアカウントは早速焼肉レビューアカウントになりつつあります。 「焼肉に詳しいSaaSのPMM」という比較的珍しいであろうジャンルを狙っていくべく(狙うとは?)PMMとしての発信もしたいと思い、noteのアカウントも作りました。 最後におすすめの焼肉屋を紹介しながら、PMMと

スキ
79

【入社エントリ】社会人3年目でSmartHRのPMMに転職した話

はじめまして!2021年6月に株式会社SmartHRに入社しました、佐野です! これまで、自分のことを発信するのが苦手で避けてきたのですが、弊社のオープンさを見習って、これから少しずつ発信をしていきたいと思ってます! 初回は、入社エントリという形で、社会人1年目〜SmartHR転職までを振り返ろうと思います。 このnoteで伝えたいこと■なぜ社会人3年目で転職? 学生時代の私のみを知っている方であれば、 新卒で急にベンチャー企業に就職したと思ったら、2年強で転職って

スキ
37

SmartHRの次の柱を担うプロダクトマーケティングマネージャー(PMM)の役割

こんにちは。SmartHRでプロダクトマーケティングマネージャー(PMM)をやっている@shigeです。 SmartHRは、2021年6月8日に156億円の資金調達を発表しました。 調達した資金の用途として、プレスリリース等には 人事・労務分野の業務効率化に加え、企業による「働きたいと思う環境の整備」のための人事・労務情報のデータ活用を強く推進します。既存機能である従業員サーベイや分析レポート機能を使用した企業状態の可視化と改善について、広い業種での活用事例を創出し、これ

スキ
37

SmartHR デザイン

SmartHRのデザイナーによるブログです。

すべて見る
  • 57本

SmartHR Blueカラーチップv1.0を制作したので知ってほしい

こんにちは! ごぶさたしております。SmartHRでデザインをやっている関口(sekig)です。 SmartHRコミュニケーションデザイングループ、通称「コムデ」でデザイン周辺のディレクション全般をやっているのですが、今回いろんな方に知ってほしい取り組みがあり筆をとりました。 みてくれ。 https://smarthr.design/basics/colors/printguideline/ カラーチップをつくった今回、当社のコーポレートカラー SmartHR Blue

スキ
138

プロダクトデザイナーとしてSmartHRへ入社しました

こんにちは、オオカワラです。 最近どうしているんですか?と尋ねられることもよくあるため近況報告をしたためています。表題の通り、SmartHRへプロダクトデザイナーとして入社しました。 現在SmartHRにおけるプロダクトデザイナーは私含めて11名おり、アプリケーション設計やSaaSプロダクトを扱うデザイングループとしては対外的に見てそこそこ大所帯かなと思います。人数然り、環境然りでいろいろ新鮮な毎日を送っています。 プロダクトデザイナーという肩書きに一家言ある方もいると思

スキ
82

5月の第3木曜日は Global Accessibility Awareness Day

すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、毎年5月の第3木曜日は世界中でアクセシビリティを啓発する日、Global Accessibility Awareness Day) です。 毎年、世界中で様々なデジタルアクセシビリティ関連のイベントなどが行われており、今年で11回目を数えます。 日本では、昨年初めて開催されたGAAD Japanのイベントを始め、第8回を迎えるアクセシビリティの祭典(5月20日開催)などがよく知られています。 僕たちSmartHRのプログレッシ

スキ
9

「プログレラジオ」始めました

こんにちは。SmartHRのアクセシビリティエンジニア、辻勝利です。 2月から、僕が所属するプログレッシブデザイングループの取り組みにもっと興味を持っていただこうと、社内向けに「プログレラジオ」という配信を始めました。 コンテンツは毎週金曜日の12時からの1時間、Zoomを使ってお届けしています。 実はこれまでにも、SlackのHuddleを使って毎週アクセシビリティに関するご相談をなんでも受け付ける時間を作っていたのですが、「何でも相談してね」と漠然と言われても、いった

スキ
11

SmartHR カスタマーサクセス

すべて見る
  • 15本

エンタープライズ向けのCSに所属して半年が経ちました

はじめまして。2022年の1月にSmartHRに入社しました、カスタマーサクセス/エンタープライズユニットに所属している生井(@namatetsu)と申します。早いものでSmartHRに入社して半年が経とうとしているので、私自身の感度が新鮮なうちに入社エントリーを書いてみました。 「SmartHRへ転職するか迷っている人」や、「現在のSmartHRでやれることがあるのか気になっている人」に向けて、少しでもSmartHRのイマを知っていただけたらと思います。 SmartHRに

スキ
61

リスク把握から始めるカスタマーサクセス

お久しぶりです、前回の投稿からだいぶ時間が空いてしまいました。 本日は、10/20 に開催された「BtoB×SaaS×CS LightningTalks CSOps編」でお話しした施策についてご紹介しようと思います。(note書くよ!に反応してくださった方々、お待たせしました) この記事で伝えたいこと SmartHRのカスタマーサクセスはまだまだ成長フェーズで、良い意味でも長期的に同じ施策・オペレーションを運用するのは難しいのが実情です。(お客様の規模やフェーズ、提供プ

スキ
51

SmartHR 関西支社のカスタマーサクセスについてのお話

はじめまして!SmartHR カスタマーサクセスグループの杉浦です。関西・九州・東海のカスタマーサクセスチームのマネージャーをしています。(以下では、"カスタマーサクセス"をCSと記載します) SmartHRのCSについては、下の稲船の記事を見ていただくと非常に分かりやすいと思うのでそちらにおまかせし、私は関西支社におけるCSについてお伝えしたいと思います。 自己紹介noteに投稿するのは初めてですので、簡単に自己紹介をさせていただきます。 愛知県出身。大阪の大学を卒業

スキ
35

SmartHRが、フラッと立ち寄れるユーザーコミュニティ「PARK」を立ち上げるワケ

こんにちは。SmartHRでユーザー会・コミュニティ運営を担当している@rikoです。 SmartHR社では、2021年からユーザー会運営・コミュニティに力を入れ始めました。 これまでは年に1度の大規模ユーザー会や、年数回の小規模ミートアップは開催していたものの、ユーザー同士の継続的な接点を生み出す活動はあまりできていませんでした。 現在、ユーザーさんの力を借りながら種まきして少しずつ準備しています。 今回は、SmartHRユーザーコミュニティ「PARK」についてご紹介し

スキ
84