株式会社SmartHR

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を運営する、株式会社SmartHRのアカウント…

株式会社SmartHR

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を運営する、株式会社SmartHRのアカウントです。 誰でも読める「SmartHRオープン社内報」では、福利厚生や社内制度などSmartHRの社員向け情報を発信。その他、メンバーの書いた記事もnoteマガジンにまとめています。

マガジン

  • SmartHR カスタマーサクセス

    • 25本
  • SmartHR PMM

    • 21本
  • SmartHR マーケティング

    • 66本
  • SmartHR プロダクトデザイン

    • 38本

    株式会社SmartHR のプロダクトデザイングループの発信をまとめたマガジンです。

  • SmartHR セールス

    • 45本

記事一覧

固定された記事

SmartHRという「スケールアップ企業」について 〜スタートアップにも大企業にもなれないわたしたち〜

こんにちは、SmartHR CEO の芹澤です。 こうして会社のアカウントで note を書くのは、実に昨年3月の「事業戦略発表会では話せなかったSmartHRの組織のリアル」ぶりとなり…

230

マルチプロダクト戦略のど真ん中を担う。SmartHRカスタマーサクセスの新しい挑戦

2024年1月、SmartHRは組織体制を大きくアップデートしました。 体制変更に伴い、カスタマーサクセスもこれまで1つだった組織を3つの組織に再編成。 今回は、事業戦略統括…

21

【後編】解くべき課題を見極めて、価値を創造する─SmartHR PMMインタビュー

この記事は、SmartHR PMMインタビュー記事の後編です。「PMMになった経緯や、SmartHRにおけるPMMの役割」についてお話ししている前編は、こちらからご覧ください。 4. PMM…

14

【前編】解くべき課題を見極めて、価値を創造する─SmartHR PMMインタビュー

SmartHRでは2019年からPMM(プロダクトマーケティングマネージャー)というポジションを取り入れ、2024年2月現在、12名のPMMが活躍しています。PMMという職種は日本ではあ…

26

「予測できない未来で、プロダクトがどうあるべきかを考える」第3回「well-workingの現在地」

はじめに  “well-working 労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会を作る” このコーポレートミッションの実現に向き合うSmartHRの社員のすがた…

17

グロースマーケット事業部のインサイドセールス組織の未来についてお話を聞いてきました!

こんにちは!SmartHR人事の神山 彩(以下@kamiaya)です。 SmartHRは2024年1月から新たな組織体制に移行しました。機能別組織から事業本部 + 統括本部組織に移行し、特にビ…

51

より多くの企業のサクセスを実現するために。カオスに複雑化するカスタマーサクセスに挑戦する

2024年1月、SmartHRは組織体制を大きくアップデートしました。ビジネス部門が「機能別組織」から「統括本部の下に各事業本部が構成される組織」に移行することになり、カス…

42

事業成長のドライバーになる。SmartHRエンタープライズ カスタマーサクセスのこれから

2024年1月、SmartHRは組織体制を大きくアップデートしました。ビジネス部門が「機能別組織」から「事業本部+統括本部組織」に移行することに伴い、カスタマーサクセスもひ…

66

「お客さまへ最大限の価値を届ける仕組みを整える」 第2回「well-workingの現在地」

はじめに  “well-working 労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会を作る” このコーポレートミッションの実現に向き合うSmartHRの社員のすがた…

24

「未来をよい方向に変えていけるきっかけをつくる」 第1回「well-workingの現在地」

はじめに 2022年8月、SmartHRのコーポレートミッションが変わりました。 " well‐working 労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会をつくる” …

34

SmartHRコムデが「デザナレ展忘年会」に参加しました!

2023年12月開催のイベント『デザナレ展忘年会』に、SmartHR コミュニケーションデザイングループ(通称:コムデ)が参加しました🎨 シンポジウム、デザイン年忘れピッチ、…

27

正念場を突破するデザインとブランドを。SmartHRアートディレクターの視点

「すべてのタッチポイントにデザインを」という言葉を掲げ、ブランドづくりからデザインシステム、あらゆるアイテムのすみずみに至るまで、SmartHRのデザインを担当してい…

72

3つのAIを使って架空の“外国人”を18人デザインした話

こんにちは、株式会社SmartHRでデザイナーをしているmeraponです。 先日、オンラインで外国人材のビザ管理・申請を行うサービス『AIRVISA(エアビザ)』のために、3つのAI…

46

制作会社から事業会社へ。入社して1年の2人に、SmartHRのディレクター職について聞いてみた

2023年1月にSmartHRに入社し、間もなく入社から1年を迎えるimaiさんとRさん。お二人は、コミュニケーションデザインを担うユニットでディレクターとして働いています。制作…

21

人事労務からタレントマネジメントまで、SmartHRでしか解決できない顧客課題に向き合う

人事・労務領域を軸に成長してきたSmartHR。現在ではタレントマネジメント領域への展開も開始し、"マルチプロダクト戦略"で顧客への幅広い提案に注力しています。今回は、…

56

大企業へのSaaS導入の難しさとやりがいとは?SmartHR「アカウントサクセス」の役割に迫る

業界内でもいち早くカスタマーサクセス(CS)のポジションを確立したSmartHR。 エンタープライズ(従業員2,001名以上の企業)領域では、ホールディングスやグループ会社全…

48
固定された記事

SmartHRという「スケールアップ企業」について 〜スタートアップにも大企業にもなれないわたしたち〜

こんにちは、SmartHR CEO の芹澤です。 こうして会社のアカウントで note を書くのは、実に昨年3月の「事業戦略発表会では話せなかったSmartHRの組織のリアル」ぶりとなります。 あれから1年弱、組織も事業も堅調に成長をしています。 例えば、従業員数でいうと昨年1年間で約330名の方にご入社いただき、ついに1,000名を超える組織規模となりました。ブリッツスケーリングでいう「都市」のステージに突入です。採用はまだまだ加速させる予定で、半年間で約240名の方

マルチプロダクト戦略のど真ん中を担う。SmartHRカスタマーサクセスの新しい挑戦

2024年1月、SmartHRは組織体制を大きくアップデートしました。 体制変更に伴い、カスタマーサクセスもこれまで1つだった組織を3つの組織に再編成。 今回は、事業戦略統括本部 プロダクトセールス・CS本部でマネージャーを務める畠中愛子さん(@AIko)に話を聞きました。SmartHRは労務領域のプロダクトを核としながら、SmartHR上に蓄積されたデータを活用し労務以外の領域での価値創出に挑戦しており、そういった新たな領域での価値創出に向き合うのが「事業戦略統括本部」で

【後編】解くべき課題を見極めて、価値を創造する─SmartHR PMMインタビュー

この記事は、SmartHR PMMインタビュー記事の後編です。「PMMになった経緯や、SmartHRにおけるPMMの役割」についてお話ししている前編は、こちらからご覧ください。 4. PMMとしてのやりがい─価値の創造、そしてどう売るかに責任を持ちさまざまな役割を担うPMMですが、皆さんはどんなところにやりがいを感じていますか? 辻:ちょっと抽象的な話になりますが、「昨日この世界になかったものが、今日ある」っていう感覚が好きなんです。自分がやったことが世界に何か影響を与え

【前編】解くべき課題を見極めて、価値を創造する─SmartHR PMMインタビュー

SmartHRでは2019年からPMM(プロダクトマーケティングマネージャー)というポジションを取り入れ、2024年2月現在、12名のPMMが活躍しています。PMMという職種は日本ではあまり認知度が高くなく、他職種との役割の違いがわかりにくいという声も少なくありません。そこで今回は、SmartHRでPMMを務める重松裕三さん、辻鷹介さん、島田悠司さんにお集まりいただき、SmartHRでPMMがどんな役割を担っているのかを話してもらいました。 PMMという働き方に興味がある方、

「予測できない未来で、プロダクトがどうあるべきかを考える」第3回「well-workingの現在地」

はじめに  “well-working 労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会を作る” このコーポレートミッションの実現に向き合うSmartHRの社員のすがたと現在地を、インタビューを通じてお伝えする連載「well-workingの現在地」。 第3回目は、プロダクト基盤開発部のmeganemuraさんです。 技術統括本部 基盤開発本部 プロダクト基盤開発部 マネージャー meganemura さん 自己紹介と現在の業務内容 自分は2017年に

グロースマーケット事業部のインサイドセールス組織の未来についてお話を聞いてきました!

こんにちは!SmartHR人事の神山 彩(以下@kamiaya)です。 SmartHRは2024年1月から新たな組織体制に移行しました。機能別組織から事業本部 + 統括本部組織に移行し、特にビジネス部門には大きな変化となりました。 具体的には、機能別でわけていた職種(IS,セールス、CS…)組織から、お客様の規模別に組織を大きく2分割(エンタープライズ事業本部・グロースマーケット事業本部)し、その下に機能別のチームが紐づくかたちとなりました。 今回は、グロースマーケット事

より多くの企業のサクセスを実現するために。カオスに複雑化するカスタマーサクセスに挑戦する

2024年1月、SmartHRは組織体制を大きくアップデートしました。ビジネス部門が「機能別組織」から「統括本部の下に各事業本部が構成される組織」に移行することになり、カスタマーサクセスもこれまでひとつだった組織を、以下の3つの組織に分けることにしました。 エンタープライズ事業本部/カスタマーサクセス本部 グロースマーケット事業本部/カスタマーサクセス本部 事業戦略統括本部/プロダクトセールス・CS本部 今回は、SMB企業(従業員101〜500名規模の会社)に向き合う

事業成長のドライバーになる。SmartHRエンタープライズ カスタマーサクセスのこれから

2024年1月、SmartHRは組織体制を大きくアップデートしました。ビジネス部門が「機能別組織」から「事業本部+統括本部組織」に移行することに伴い、カスタマーサクセスもひとつだった組織を、以下の3つの組織に分けることにしました。 エンタープライズ事業本部 カスタマーサクセス本部 グロースマーケット事業本部 カスタマーサクセス本部 事業統括本部 プロダクトセールス・CS本部 今回はエンタープライズ事業本部におけるカスタマーサクセスについて、事業本部を率いるメンバーに話

「お客さまへ最大限の価値を届ける仕組みを整える」 第2回「well-workingの現在地」

はじめに  “well-working 労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会を作る” このコーポレートミッションの実現に向き合うSmartHRの社員のすがたと現在地を、インタビューを通じてお伝えする連載「well-workingの現在地」。 第2回目は、カスタマーサクセスグループのnamikingさんにお話を聞きました。(所属名等はインタビュー時、2023年12月のものです) カスタマーサクセスグループ CS Enablementユニット チー

「未来をよい方向に変えていけるきっかけをつくる」 第1回「well-workingの現在地」

はじめに 2022年8月、SmartHRのコーポレートミッションが変わりました。 " well‐working 労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会をつくる” ミッションの改定から約1年半。 誰もがその人らしく働ける社会の実現のため、私たちSmartHRの社員は模索し、走り続けています。 この連載では、well-workingの実現に向き合うSmartHRの社員のすがたと現在地を、インタビューを通じてお伝えしたいと思います。 第1回は、マーケ

SmartHRコムデが「デザナレ展忘年会」に参加しました!

2023年12月開催のイベント『デザナレ展忘年会』に、SmartHR コミュニケーションデザイングループ(通称:コムデ)が参加しました🎨 シンポジウム、デザイン年忘れピッチ、ブースなど盛りだくさんのイベントの様子を、写真と共にレポートします。 実際に会場へ足を運ばれた方も、行きたいけれど行けなかった方も、当日を一緒に振り返ってみましょう 🙋 ※プライバシー保護のため、写真を一部加工しています 🎨 イベント『デザナレ展忘年会』とは『デザナレ展忘年会』は、株式会社ビビビット

正念場を突破するデザインとブランドを。SmartHRアートディレクターの視点

「すべてのタッチポイントにデザインを」という言葉を掲げ、ブランドづくりからデザインシステム、あらゆるアイテムのすみずみに至るまで、SmartHRのデザインを担当しているコミュニケーションデザイングループ(以下コムデ)。コムデは今、より広い視点をもったアートディレクターを求めています。今回は、2023年9月にブランドデザインユニットに入社した名和大気さんから見たSmartHRの現在地、そしてアートディレクターとしてSmartHRでやっていきたいこと、持っていたい視点について話を

3つのAIを使って架空の“外国人”を18人デザインした話

こんにちは、株式会社SmartHRでデザイナーをしているmeraponです。 先日、オンラインで外国人材のビザ管理・申請を行うサービス『AIRVISA(エアビザ)』のために、3つのAIを使って架空の人物を18人デザイン(基本情報と顔写真の生成)しました。当初は、「AI使ったら簡単に作れちゃうじゃん♪」などと考えていましたが、そう簡単には行かなかったし、この制作を通して自分の「民族性」に対する認識の甘さにも大いに向き合うことになりました。 恥ずかしい話も多いですが、ここでの気

制作会社から事業会社へ。入社して1年の2人に、SmartHRのディレクター職について聞いてみた

2023年1月にSmartHRに入社し、間もなく入社から1年を迎えるimaiさんとRさん。お二人は、コミュニケーションデザインを担うユニットでディレクターとして働いています。制作会社と事業会社によって、また組織によっても役割や業務内容の違いが大きいディレクター職について、SmartHRの場合を聞いてみました。 imaiさん、Rさん、1年間を振り返ってみていかがでしたか? 制作会社でのディレクターを経て、事業会社へーーさっそくですが、SmartHRに入社するまでのキャリアを教

人事労務からタレントマネジメントまで、SmartHRでしか解決できない顧客課題に向き合う

人事・労務領域を軸に成長してきたSmartHR。現在ではタレントマネジメント領域への展開も開始し、"マルチプロダクト戦略"で顧客への幅広い提案に注力しています。今回は、そんな変化の中で入社し、インサイドセールスとして活躍する原田将吾さんに、仕事の醍醐味や成長の機会について話を聞きました。 【原田 将吾さん(@harasho)】 新卒で、社内イベント企画をはじめとするインナーコミュニケーションの営業に従事。インナーコミュニケーション設計のコンサルティングや、企業の周年事業の企

大企業へのSaaS導入の難しさとやりがいとは?SmartHR「アカウントサクセス」の役割に迫る

業界内でもいち早くカスタマーサクセス(CS)のポジションを確立したSmartHR。 エンタープライズ(従業員2,001名以上の企業)領域では、ホールディングスやグループ会社全体へのSmartHR導入・運用拡大に向け、より多くの関係者を巻き込んだプロジェクトマネジメントが求められます。一般的なCS業務の枠を超え、「アカウントサクセス*」として奮闘中の2人に話を聞きました。 さまざまなステークホルダーを巻き込み、HRシステムを刷新するプロジェクトリーダー─SmartHRに入社し