ゲストの部屋

9

ストレングスファインダーをやってみたら、自分の強みが言葉になった

こんにちは。

いつも自分がnoteを書くと濃度200%くらいの重たさになるので、今日はできるだけ簡潔にいこうと思います。

先日、喜代多旅館のスタッフ数名で『ストレングス・ファインダー』に取り組みました。

すでにご存知の方も多くいらっしゃるかな?と思いますので、細かい説明は割愛させてください。(何より今回は簡潔にいきたいので)

このストレングスファインダーは2001年に出版され、国内では累計

もっとみる

映画『花束みたいな恋をした』がしんどかった話

タイトルにもある通り『花束みたいな恋をした』という映画を一ヶ月ほど前に見てきたのですが、これを見てからずっとしんどくて、しんどくてしんどくてたまらなかった。

自分はそもそも、映画を見るのが苦手です(拘束時間の長さ&感情の消費エネルギーが半端ないため)。流行の流れにもついていけておらず、尚且つ、「これ、どうせ若い人たちが”エモい~~”って騒ぐような映画だろう」と、とにかく斜めに構えていて(ごめんな

もっとみる

「女性らしさ」に従う生きづらさと、迎合する生きやすさ

「甘いもの食べいこう」ってナンパされた

突然ですが、過去にナンパされた話をします。

その方は気さくで爽やかな感じの男性でした。自分は「ナンパだから無理」って決めつけて、その人のことを何も知らないのに一蹴することはあまりしたくないと思ったので(明らかに不審そうな人や身の回りに人がいない場合等、身の危険を感じた際は逃げますが)少し歩いて喋る程度ならいいか、と思ってお話をしていました。

その方は私

もっとみる

二〇二〇、インスタグラム引退元年。

 

2020年の7月から、喜代多旅館で働き始めました。

ここで働く前は、まさか自分が商品開発をするなんて、デザインをするなんて、夢にも思っていませんでした。が、それでも、商品を作りました。

(↑自分が商品開発を担当した、「まんでばやくサコッシュ」です!)

商品を作る、それを売り出す、という一連の作業に取り組むにあたって、できるだけ多くの方に好まれるもの、いわゆる「大衆ウケ」のようなものを大

もっとみる

大人になれたかどうかはわからないけれど、スティーブジョブズに共感できるようになった。

自分はいつでも宙ぶらりんになっている気がする。

世界は分断されていて、あーゆう系の人たち、こーゆう系の人たち、本を読むのが好きな落ち着いた人たち、常に友達と遊んでいる陽気な人たち、みたいに分かれていて、私はそれのどこにも属すことができずに、そういった人たちの両方と、自分の異なる側面を小出しにしながら関わっている感じ。完全に属せるような、自分を分類させることのできるような世界など、この世に存在しな

もっとみる

さあ、荒町ぶんか小屋で、落語のお時間です。

『第2回荒町ぶんか小屋~さん生でどーよ。~』
来たる2020年10月20日(火)、14時より
落語家・柳家さん生師匠の公演をおこないます。 平日の昼間に見れないよーーという方もご安心、YouTubeでアーカイブ配信も予定しております。
東京の国立演芸場から、本公演のために駆けつけてきて下さった師匠の落語、、、 初見の方もぜひお楽しみくださいませ。

その「アイコン」は「人間」だし、その「商品」には「生産者」がいる。

「なりすまし上手」な商品たち

きれいに仕上げられたTシャツや靴下を店頭で眺めていると、まるで世界に「Tシャツ」「靴下」といった物質が原子単位で存在しているように感じませんか?私は無意識にそう思っていました。

現代のお品物はすべてきれいで、ハイクオリティで、それが当たり前で、とても素晴らしいです。でも、それらはあたかも「デフォルトでこの感じですけど?」みたいな澄まし顔してそこに並んでいるけれど、

もっとみる
感謝
17

『CHANGE』は『CHANCE』

こんにちは。

「今こそ!家にこもってできる趣味トーク」ということで、今回取り上げるのは、読書です。しかし、読書といっても、ここではストーリーの中で出会ったフレーズについて紹介していきたいと思います。

『CHANGE』(変化)は『CHANCE』(好機)

これは、僕のお気に入りの本のひとつである原田マハさんの「本日は、お日柄もよく」の中でのフレーズです。英語の綴りを見ていただければわかると思いま

もっとみる