9.21 きょうおもったこと

いつものことをいつものように

そろそろ一歩一歩と歩みをすすめよう。と、アタマでは考えてみても、こころが追いつかず、酒や嗜好品(言わずもがなの合法)で埋めた穴は、それが切れれば、やはり、穴は大きくなるばかりで。

ところが、『深川ひるま寄席』『柳亭市寿 落語勉強会』と二日つづけて仲間と仕事をして、久しぶりに長野東京と運転したり、買い物したり、きのうはきのうで、ひと月以上ぶりに台所に立ち、自炊したり

もっとみる
励みになります!
5
00:00 | 00:30

今回は落とし物のお話。
おたよりのコーナもあるよ!

※21エモンは、テレビ朝日系列で1991年5月2日 - 1992年3月26日に放送されていました。桜子さんは大きくなってからテレ朝チャンネルで観てました。
【番組中使用BGM】
♪AcidJazz#12/written by Takumi Higashi
♪午後の砂浜/written by 田中芳典
♪縁側 /written by siroim

もっとみる
シェアもしていただけますと幸いです(*ᴗˬᴗ)⁾⁾💕
8

落語家の名前が書かれた国勢調査の調査票

国勢調査の調査票見てて思ったのですが。
仕事内容を記入するところが、会社名・事業内容・本人の仕事内容と書くところがありました。
フリーランスで芸能の仕事をしてる人は会社名のところに芸名を書いていいとのこと。

と言うことは、落語家の名前が書かれた調査票が数百枚あることになりますよね。
特に東京は、芸能事務所に所属してる落語家が少ないですから。
夢のある話だなと思いました。

お笑いと落語 芸人さんの違い

どちらも「人を笑わせる商売」というところでは同じだ。

しかし、最近は妙に、噺家さん(落語家さん)の方が、やたら魅力的に見える私。
落語が好きになるお年頃。自分もそれだけ年をとったか?確かにそれは、間違いないのだが(笑)

それでも、それを抜きにしても、噺家さんがカッコいいと思えるのだ。

話だけで心をつかむ話芸。その生き方。自分の噺、一席一席が勝負。
全員がフリーランスのような無所属の感じがカッ

もっとみる
うれしい!パワーと愛をいただきました☆ありがとうございます!
4

演者からみた落語論

■柳家三三:第二部「芸談」

これまで噺家の芸談と言えば、
八代目文楽の「明烏」の甘納豆を食べる場面は云々、
四代目橘家圓喬の「鰍沢」の雨の描写が云々、
などという
大名跡の芸の演出の凄さを語ったり、
立川談志が「現代落語論」で落語を「業の肯定」と
語ったのに代表される、
落語というmonologue playを
文化として評論する視点が代表的だった。

そんななかで柳家三三(さんざ)師の
演者と

もっとみる

(ぷちネタ166)AI「え〜毎度、新ぎゅらり亭 永愛でございます」

(ぷちネタ)少年サンデーの発売日は日曜日じゃない
1

痛いの (33)

「痛いの痛いの飛んでけ〜」

 特に怪我もしていないのだが、この言葉がふと頭に思い浮かんだ。そういえば子供の頃、よく膝を擦りむいていたものだ。幼稚園から小学校低学年までは、おそらく定期的に膝を擦りむいていたのではあるまいか。そしてその度に近くにいる大人がこの呪文を唱えていた気がする。誰が唱えるかによって、”痛いの”の飛び方が違うもので、優しいお姉さんが唱えると、とりわけよく飛んで行ったように思う。

もっとみる
ありがとうございます。
9

子供に戻る。

別に名探偵コナンになりたい訳ではない。

先日、知り合いのお子さんと遊んだ。久しぶりに子供と遊んだ。

はー。こんなに汗をかき、なにも考えず遊んだのはいつぶりだろうかと思ったりした。

童心に帰る。などという言葉があるが私の場合は元から子供であるので童心なんてどこ吹く風である。

悲しくも子供に対しても出る人見知りを発動させ、はじめはよそよそしく「こんなことやって大丈夫かなぁ」などと考えながら遊ん

もっとみる

9.12 きょうおもったこと

おりあい と かねあい

自分との折合をつけるのは、とてもむずかしいとここのところ思います。折り合いをつけ、兼合をみるといったところでしょうか。

流す、でもいいし。

納得する、でもいいし。

とにかく、むずかしい。

あと少しで、生まれてきて41年になりますが、これが80歳になっていても、どうにも同じことを言っていそうですが、それは80歳になってみなければわかりませんし、なれるかどうかもわかり

もっとみる
ありがてぇ、かっちけねぇ!
9