今の芸人って本当に面白いの?

いつ頃からか、若手芸人と呼ばれる人達が多く見られるようになってきました。そのほとんどの人を私は知りません。

それは何故か。

理由は単純です。
うるさいから。

何でもかんでも叫べばいいと思っていませんか?
面白くもなく、ただただ騒音でしかありません。
笑っている人は何に笑っているんですか?
教えて欲しいです。

私がお笑い番組を見ていた頃

15年程前、テレビでエンタの神様を見

もっとみる
幸せのお裾分けありがとうございます!
11

寿限無を唱えながら墨で自画像を描きつつ、 クッションや植木を「やあ」と投げ飛ばし、 扇風機や洗濯機を「とう」とけっ飛ばして、窓を割る。何の話?

この間ちょっと嫌なことがあって一人で憤ってたんだけど、
そういうときは文字を書く。
落ちつくまで書く。

スポーツ選手がムシャクシャしたときに
ちょっと走ってくる、
って言って出ていっちゃうのと似ている(のか似てないのか)。

俺はスポーツ選手ではないので
彼らの本当のところは分からないが、
マンガやドラマではかなりの確率で彼らは走りに行ってしまう。

俺は走りにいかない分、書く。
書家だから書く

もっとみる
読んでいただいてどうもありがとうございます。
12

追善落語会

本当はあんまり書きたくない題目だ。それは亡くなったことを再認識するからなのか、もっと別の感情なのか。故人を偲んで落語をやるというのは、落語家として、または噺家として、未だによくわからない。因みに私の中の解釈で、談志が落語家、左談次が噺家であるが、これに特別な意味はなく、芸人としての生き方の違いであると思っている。かくいうお前はどっちなんだと問われれば、今のところまだどちらともいえないような気もする

もっとみる

前座、二つ目、真打、ご臨終と申しまして…。

打ち合わせも終わり
今回は日帰りなので電車に乗ってます。

最近の移動がほとんど車だったので久々の読書タイム。
家でも時間はあるのだけど、
あまり"読書"モードに入らない。意外とこういう時間の方が集中出来るから、電車移動もそれほど苦じゃない。

何年か前の本で、
TOKIO国分太一さんと香里奈さんで映画化された一冊。
「しゃべれども しゃべれども」を読んでいる。噺家(はなしか)のストーリー。

もっとみる
ありがとうございます!
1

楽しいことを考えるのは幸せである

今さらかもしれないけど、スマホに「spotify」をインストールした。

最初に自分の好きなアーティストなどを登録すると、本当に自分好みのものが次々とフルコーラスで流れてくる。
しかもこれが無料。ありがたいことで。

で、他のアーティストも探していると、落語もあることがわかった。

さっそく何人かの落語家をお気に入りに追加し、筋トレ中にもずっと聴いてる。
うまい人の噺は本当に引き込まれる。

でも

もっとみる
調子に乗ります!
3

「りすの独り言」

🐿斎藤茂太賞を受けた『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』は、お笑い芸人オードリー・若林正恭のキューバ旅行記。若林自身が本と同じ内容の一部を深夜ラジオで語っていたが、そちらの方が本よりむしろ面白く感じる。若林は、やはり作家ではなく"噺家"なのだろう。

悩みは、寄席で解決できる

生まれて初めて寄席に行った。
新宿から少し歩いたところにある新宿末廣亭。

大人一人3000円で、朝から晩まで芸事に浸かれるらしい。

想像以上の広さと、アットホームさに包まれながら、前から三列目に座る。

誰かが大きなくしゃみをする。
それに芸者が反応する。

誰かが大きく爆笑する。
それに噺家が反応する。

どんな話にも、熊さん・八兵衛・御隠居・与太郎が登場し、いつの時代も喜怒哀楽する。

もっとみる

悪との戦い

筆者からのお願い=江戸っ子の噺家さんの枕的に読んでください

えー、人というものは、生きてる限り『悪』ってものと戦わないとならないんだってぇから、大変(てぇへん)なもんだ。で、この『悪』ってぇもんが漠然としてるから、「これだ!」なんて決めつけるってぇなると、たいがい恐ろしいことになるんだからたまらない。

Gって呼ばれる昆虫がおりますな。まぁ、あの黒いやつね。

あれはまぁ、小児麻痺とか赤痢なんか

もっとみる
*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ✩‧₊˚バンバン
6

読書感想文「噺家が詠んだ昭和川柳 落語名人たちによる名句・迷句500」美濃部 由紀子 協力 (編集)

川柳とは,ここまで人柄を表すのか,と驚きの一冊だ。落語家の大師匠らが集った「鹿連会」。三遊亭圓生,桂文楽,古今亭志ん生,柳家小さん,桂三木助,春風亭柳枝,林家正楽,三升家小勝,橘家圓蔵,金原亭馬生,三遊亭圓歌などなど,眩しすぎるラインナップだ。
 自然体なのに,何かしらおかしい,つい笑っちゃうのが志ん生である。「鍋」がお題になると,「玉の輿乗りそこなって手鍋さげ」。玉の輿を目指していたのにそれが叶

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願います。
1