Grit

読書習慣♪GRITやりぬく力

読書習慣♪GRITやりぬく力

こんにちは♪ 東京オリンピックはメダルラッシュ!!!代表選手たちの活躍が華々しいですね!!! オリンピックは4年に1度。この大会にでるために、選手たちは何年も練習を重ねてメダルを掴んでいるに違いありません。 そこまで結果を出すために、どんな力が必要なのか? もちろん、才能は必要なのかなと思いますが、才能があっても諦めて行く人もいるはず。 その、結果をつくるひとが持つ「やりぬく」力、GRITについて、本を読んでみました♪ GRITとは?グリットとは、「やり抜く力」「

4
「やり抜く人の9つの習慣」

「やり抜く人の9つの習慣」

「やり抜く人の9つの習慣」 ハイディ・グラント・ハルバーソン著 心理学的に正しい目標達成の方法とは何か?ということで読んでみようと思った。 「グリット( Grit)」という言葉が注目されています。グリットとは、困難にも屈せず、長期的な目標達成に向けて全力を尽くす「やり抜く力」を意味します。 社会人一般、すべての人にお勧めの一冊ということになろうか?。 「自分の望んでいるものは何か」これをはっきりとわかっている人はそこに到達するまでやり抜くことができる。具体的な目標を決め

55
IQよりGRIT

IQよりGRIT

今日はGritについて。6分程度で観やすい。実はこれ結構昔の動画で、Gritという言葉はすでに結構浸透してると思う。 Gritとは何かという説明は、こんなふうにされている。 Grit is passion and perseverance for very long-term goals. Grit is having stamina. Grit is sticking with your future, day in, day out, not just for the

1
世界での活躍に欠かせない『GRIT(グリット)』とは?子どもの”やり抜く力”を伸ばす3つの方法

世界での活躍に欠かせない『GRIT(グリット)』とは?子どもの”やり抜く力”を伸ばす3つの方法

『GRIT(グリット)』 という言葉をご存知ですか? これは一言でまとめると、「やり抜く力」、「粘り強さ」のことで、非認知能力でもあります。 ”これからの世界でわが子が活躍するためにはどんな力を育てていけば(伸ばしていけば)良いのか?” と迷った時には、ぜひこのGRITを意識してみましょう。 なぜなら、GRITは生きていく上で欠かせない大事な力=生きる力になるからです。 GRIT(グリット)とはGRITとは、 Guts(度胸):困難なことに立ち向かう力 Res

小さな習慣3 20210721

小さな習慣3 20210721

習慣の作り方。 大きな目標、中位の目標、それをやり切るための小さな目標をちゃんと決めないとなかなか難しい。 大切なことは、大きな目標をやり遂げるための小さな目標。 小さな目標を積み重ねても、微々たるもの。大きな目標達成には程遠い。 最近読んだ「GRIT」(アンジェラ・ダックワース)の中に、ヒントがたくさんあった。 成功するにはやり抜く力が大切だ。 やり抜く力は情熱と粘り強さ。 達成するには、「才能✖️努力✖️努力」が必要。 練習は「意図的な練習」と「習慣の練習」(ル

2
垂直思考と水平思考の狭間に漂うぼくは結局何者でもないのか

垂直思考と水平思考の狭間に漂うぼくは結局何者でもないのか

 先日「GRIT」と「RANGE」という相反する2冊の本を一気に読んだ。僕に限らず、ほとんどの人が悩むことであると思うので、ぼくなりの見解をここに垂れ流しておきたい。  垂直思考=「GRIT」=スペシャリスト=狭く深く=やり通す力。一度決めたらその達成に向かって、全身全霊を費やす能力。一度や二度の失敗は当たり前、PDCAをクルクル回して目標に向かって全身全霊をかけて取り組む人々。  水平思考=「RANGE」=ゼネラリスト=広く浅く=試行力。様々な知識を駆使してある問題を分

9
アンジェラ・ダックワースさんの『GRIT やり抜く力』を読んでみた。

アンジェラ・ダックワースさんの『GRIT やり抜く力』を読んでみた。

冒頭核心をつくような小タイトルがあり、それは『「情熱」と「粘り強さ」を持つ人が結果を出す』 私自身、この言葉こそがすべてだと感じる。そして私自身本書に書かれている人物のように常に飢えているような気がする。飢えているというと大袈裟かもしれないが常に「自分なんてまだまだ」という意識を持っていている反面、そんな自分に満足していたりする。 これも本書に書かれている言葉だ。 本書には情熱と粘り強さについて様々な角度から紹介されているのでとても面白いし、参考になると思う。 そして私は最

1
「怪物」と呼ばれることへ違和感

「怪物」と呼ばれることへ違和感

オールスターで話題持ちきりになる前に彼について書いてみました。 素人の僕が彼について語ることがおこがましいくらい偉業を成し遂げています。しかも、過去形じゃなく、「成し遂げている」と言えることがもうすごすぎます。(彼を称賛する形容詞が見つからない言葉が見つからない。) 毎朝起きるたびに 「大谷翔平、第〇〇号ホームラン!」 がテレビから聞こえてきて、朝からハッピーな気持ちになります。 ホームランを打った後に子どもがサンタさんからクリスマスプレゼントをもらえたかのような大

5
鉄は熱いうちに打て!

鉄は熱いうちに打て!

【ラジオ体操165日目】 こんばんは。 頭をひねって新しいことを考えるのは好きなのに、頭の中で完成すると一気に興味を失ってしまうので、形にするまでの能力を磨きたいコマリストです。 今日は『熱しやすく冷めやすい』というテーマで書いていきたいと思います。 取組み始めた時はものすごく楽しくて、たくさんの時間を使って努力していたのに、突然興味を失ってやめてしまうことってありませんか? 私は典型的な"熱しやすく、冷めやすい"タイプなので、中途半端な状態で、興味を失ってしまうこと

8
【本誌より】ビジネス書の”使い方”!DeNA南場智子氏などの著書を現実で活用しまくる男に訊いた本の真なる活用術

【本誌より】ビジネス書の”使い方”!DeNA南場智子氏などの著書を現実で活用しまくる男に訊いた本の真なる活用術

仁大ばなしです。 WILLY NLIIY本誌に投稿した「ビジネス書の読み方」に関する記事をnoteにも掲載しておきます。 ⚠️ 見づらい部分もあると思いますので、是非正規サイト版(https://willynilly.online/2021/07/06/intee/)をご覧ください。⚠️ (※inteeさんへ。ロゴをサムネに使用させていただきました。問題等あれば、お知らせください。)

3