高血糖高浸透圧症候群について研修医脇先生が発表してくれました!
+15

高血糖高浸透圧症候群について研修医脇先生が発表してくれました!

先日の総救カンファで1年目研修医 脇先生が高血糖高浸透圧症候群(HHS)の初期対応についてまとめて発表してくれました! 救急外来でのHHS患者さんの初期対応から生まれた臨床疑問をもとに調べてくれました。 UpToDateやガイドラインには初期対応としてインスリンボーラス+持続静注と記載されていますが、経験的には輸液のみで血糖値が十分低下し、インスリンを使うとむしろ血糖値が下がりすぎる印象はありますね。 良く調べてまとまっていて救急外来で初期対応をするときに参照できるよう

スキ
1
研修医池田先生が脾摘後の侵襲性肺炎球菌感染症について発表してくれました!

研修医池田先生が脾摘後の侵襲性肺炎球菌感染症について発表してくれました!

 今週の総救カンファでは、総合診療内科ローテーション中の1年目研修医池田先生が発表してくれました!4月にローテートした際に主治医として担当した患者さんから生まれた侵襲性肺炎球菌感染症に関する臨床疑問ついて調べて発表してくれました!  症例は65歳男性で、10年前に進行胃癌に対して胃全摘術後の患者さんが発熱と腰痛を主訴にERを受診された患者さんでした。  患者さんは「私、脾摘後です!」と言ってERには来られません。発熱患者さんを診察するときに、今までの病歴から「脾摘後」

スキ
4
組織内マーケティング力としてのファシリテーションスキル

組織内マーケティング力としてのファシリテーションスキル

「医学界新聞」第3439号の「実装科学でめざすEBMの次の一手」という記事に書かれている話は、医療・看護にかぎらず、どんな組織にも当てはまる。 それは、「どうすれば新たな取り組みを組織の現場に根づかせることができるか」ということ。 実証研究をやって、ガイドラインをつくっても、じっさいに職場で活用されるまでには時間がかかる。組織の現場に落とし込むためには何が必要なのか? この記事では、次の一手として人材育成がカギになると結論づけているけど、それと同時に(というか、その中の

スキ
9
世の中は、わからないものだらけ…
+7

世の中は、わからないものだらけ…

いろんなことを学んでいると… 本当に解明されていることが、 あまりないことに気づく… 世の中は… わからないものだらけ…( ̄▽ ̄;) もちろん、 おおよそ、こうである! みたいな感じで、 仮説をたてることはできる。 但し、本当の意味で、 解明されていることは、 想像以上に少ない... しかし、その事実を 国民のほとんどが 知らない気がする… しばしば、メディアでは、 解明されていないことを エビデンスがあると言い あたかも解明されたかのように、 報じることがある…(

スキ
14
学会企画「病院総合医第7世代の秘密教えます!〜EBM教育編〜」の内容まとめ
+3

学会企画「病院総合医第7世代の秘密教えます!〜EBM教育編〜」の内容まとめ

2021年5月22日〜23日に開催された日本プライマリ・ケア連合学会学術大会で,私たちのチームがEBM教育について講演しました.オンデマンド配信で多くの方にご視聴頂き,ご好評頂きました.内容のまとめに,動画では伝え切れかったメッセージを追加してお伝えしようと思います. この企画を実施したきっかけEBMの実践には2つの場面があります.1つは臨床での活用,もう1つは生涯学習です.論文を読み,その内容を吟味するという過程は大変な労力であり,多忙な臨床現場で全例に取り組むことは困難

スキ
3
【読書】「人の死を生かす」ために必要なことを考えてみる?

【読書】「人の死を生かす」ために必要なことを考えてみる?

地道な仕事…法医学とは何ぞや?今回は危うく積読ゾーンに鎮座しそうになった一冊から「法医学者の使命『人の死を生かす』ために」の記事になります。著者は法医学者で、東京大学名誉教授の吉田謙一氏です。 異状死の死因を解剖・検査を通して究明し、法的判断の根拠を提供するのが法医学者の役割 としている同氏が語る「人の死を生かす」とは何なのか? ドラマに出てくるイメージとはおそらく異なる法医学者がみる現世の問題を理系脳の立場から考えたいと思います。 当たり前かもしれませんが…法医学とは

スキ
34
【総合診療POEMs】第3回 経過が良好な市中肺炎の治療は3日で終わってもよいのかもしれない
+1

【総合診療POEMs】第3回 経過が良好な市中肺炎の治療は3日で終わってもよいのかもしれない

その「あと○日」は本当に必要だったのか?  肺炎は総合診療医にとって,最も多く診療する疾患の1つといっても過言ではないだろう.ある研究によると,日本において15歳以上で肺炎に罹患する人は年間188万人と推定され 1) ,common diseaseといえる.また,高齢者人口の増加に伴って日本全体の肺炎の受療率は増加傾向である(図1) 2, 3) .  今後も肺炎を診療する機会はますます増えていくと思われるが,肺炎をはじめとした感染症の治療で悩むのが抗菌薬の投与期間だ.耐性菌や

【識者の眼】「COVID-19に対するイベルメクチンの現時点のEBM」倉原 優

【識者の眼】「COVID-19に対するイベルメクチンの現時点のEBM」倉原 優

倉原 優 (国立病院機構近畿中央呼吸器センター内科) Web医事新報登録日: 2021-08-10 この1年、SNSで論争が繰り広げられているテーマの1つに「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するイベルメクチン」がある。先に書いておくが、2021年8月9日時点での結論としては、コクランレビューによれば「COVID-19の予防・治療に対する使用を支持しない」というのがユニバーサルコンセンサスである【1】。 この一件で、医学生に「EBMとは何か」というテーマで1

スキ
3
EBMって何?「エビデンス」ってどこにあるの?

EBMって何?「エビデンス」ってどこにあるの?

地域医療ジャーナル 2021年9月号 vol.7(9) 記者:shimohara-yasuko 元医学図書館司書 EBMには「つくる」「つかう」「おしえる」などの側面があって、それぞれの分野において、研究、実践、教育がすすんでいます。 医学図書館司書もEBM情報支援という役割を担っています。私もその一人でしたが、EBMや「エビデンス」に対して、なにか言葉にならない、胸につかえたような感じがありました。 そのモヤモヤを、ものの見事に吹き飛ばしてくれたのが、以下に紹介する、

有料
100
【物語研究】マンガで医療は変わるのか?僕はまだグラフィックメディスンを知らない[朝活ONE]第449回
再生

【物語研究】マンガで医療は変わるのか?僕はまだグラフィックメディスンを知らない[朝活ONE]第449回

今回は #グラフィックメディスン についてお話しします。 今、最も関心があり、#医療従事者 の教育にも効果的といわれています。 では、そのグラフィックメディスンとは一体どんなものなのでしょうか? そんなお話し。 ▶︎今回紹介した書籍 日本の医療マンガ50年史 https://amzn.to/3kxHfDu グラフィックメディスンマニフェスト https://amzn.to/3Bo47Mx 障害のある人たちに向けた LLマンガへの招待 はたして「マンガはわかりやすい」のか https://amzn.to/3mDRpFb ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 #さいごはおうちで #永井康徳 (著) https://amzn.to/2VOHuRO 物語(り)研究の目的は「 #人生の物語を書き換え可能にすること 」 今日は #ユング の言葉を振り返ります。 「 #物語は人生を導くガイドである 」 物語(り)#研究と実践 そのきっかけとなった言葉です。 ▶︎人生を書き換えるリハビリテーションを一緒に考えてみたい! ▶︎患者さんの個別性をふまえ、具体的に関わりたい! ▶︎過去に行ったセミナーの動画を見てみたい! ▶︎テキストがほしい! そんな方向けに、個別のお知らせができるよう、LINEを準備しました。 https://lin.ee/9RSHDgL 「物語」または「物語り」とトークしてくださいね^^ 色々やりとりしましょう! ■Story-Therapy-Laboに参加しませんか? [進行中の企画]療法士が伝えたい百物語をつくろう! あなたの体験を後に続く療法士に伝えてみませんか? 参加リンクはこちら https://www.facebook.com/groups/2923599621212376 🔴#Story や #narrative が気になった方は是非チャンネル登録やいいね、グループ参加をしてみませんか? https://www.youtube.com/c/MataichiAshigotoba

スキ
1