「残酷すぎる成功法則」 橘玲さんの著書について

こんにちは。

今日もお越しいただきありがとうございます。

今日は「残酷すぎる成功法則」 橘玲さんの著書についてお話しさせていただきたいと思います。

結論としては
 
①自分の強みを生かすこと

②がむしゃらに時間を使うこと

③メディアなどの成功イメージに惑わされることなく自分のやりたい成功を目指す

とおっしゃられております。

これは科学的なエビデンスに基づいた結論とのことです。

非常

もっとみる
スキありがとうございます。感謝します!
2

自己紹介

表立って活動を開始しますので、あまりやってこなかった自己紹介をここで。実在しないと思っていた、AIだと思っていましたなどと言われますが、存在している人間です。

河森さんの3年前のブログでネタにされました。 #461 日本トレーニング科学会のシンポジウム「これからのトレーニング現場で求められる人材」でシンポジストを務めました
https://kawamorinaoki.jp/?p=17579729

もっとみる

「こどもと農業体験 20××年」ショートショート

「パパー、お野菜ってこうやって作るんだね!」
「ああ、そうだよ。こうやって種を植えて、世話をしてやんだ」

そういって子供はスコップで土を掘り起こし、野菜のためを埋める。
そして、ジョウロで水をやる。

自然豊かな田畑。

実は、ここは仮想空間だ。
都心部にはもう本当の意味での自然は残っていない。
また21世紀初頭に流行した感染症の影響で、
外出せずに済ます文化とテクノロジーが発展した。

そのせ

もっとみる
SUKI ARIGATO!
7

「マスク利権」 ショートショート

「マスクをしていないと感染の恐れがある!」
「客相手には強く出れないから、国から言ってくれ!!」

「わかりました! みなさんのお声に応えましょう!」

「おお! 我々の意見が通ったぞ!」
「国もようやく危機感を持ってくれたんだ!」

「国は、政府は、政治家はいつでも国民の味方です!」

「ありがとう!!」

「では、法律でマスクを義務化しますね!」

「ありがとう!」

「ではどんなマスクがいい

もっとみる
SUKI ARIGATO!
6

練習中に”注意を向ける場所”を変えるだけで上達力UP!「エクスターナルフォーカス」のトリセツ

(導入部分はこちら)

※「定期マガジンを購読」または「単品購入」すると、閲覧パスワードを見ることができます。

※パスワードは不定期に変更することがありますが、マガジン購読者や購入者の方は随時確認することができます。

もっとみる

エビデンスベースドポリシーメイキングのすゝめ

福沢諭吉先生は、”学問のすゝめ“ の中で「人に貴賎はないが、勉強したかしないかの差は大きい。」「事実をおさえ、確かめ、その結果に立ち、物事の基本的な筋道を知るべきだ。それが日常生活に役立つのである。」とおっしゃっています。

ここでいう勉強というのは、当時では読み書き算盤のような「実生活に役立つ学問」の事を指しています。現代ならば、メディアリテラシーやデザイン思考などを指すのだと思います。

さら

もっとみる
政治選挙の業界をコミュニケーションで盛り上げていきます!
4

メモ082【エビデンス】
科学的な根拠のこと。例えば薬の多くは、たくさんの患者に試してどの程度効き目があったか、の調査研究がされている。その結果により、どんな治療法が良いかを決める証拠のこと。
◆使い方
①「エビデンスに基づいた治療を行う」
②「エビデンスがない薬は使用できない」

感謝感激です!

2020年10月後半のまとめ

Twitterに流れてきたものなど、目にした論文などの個人的まとめです。デスクトップパソコンを買った結果、作業効率が大幅に上がりましたので、やろうと思っていたことを開始します。読んで思ったこと、その他背景などについて簡単に触れていく予定です。時間に余裕がある時に随時更新しつつ、2週間ごとにまとめていこうと思います。お値段は300円とさせて頂きますので、読んで使えるものがありましたらポチっとしていた

もっとみる

ゆるく、 てばやく、あたらしく、科学的知識とふれあう。そんなブログです。

飲み過ぎた次の日のうんこのようなゆるさでエビデンスに触れ合おう

なんでコイツはこんなふざけた文章を書くのか

科学のアカデミックな文章ははっきり言って面白くありません。
 私の専門である人体というのはとても面白いと思うのですが、いかんせん科学(特に論文)というものはお固い文章でまどろっこしい書き方になります。

 それでも私は医学の発展には結局科学的手法しかないと思っています。
 この方法で人類

もっとみる

糖尿病治療は,集学的・包括的な治療介入が重要

糖尿病の治療といえば,血糖コントロール,って思いますよね.

でも実は,それだけじゃダメなんです.

血糖だけ下げていても,糖尿病合併症の抑制,および生命予後の改善は望めないことがわかってきています.

今回は,糖尿病症例に対して,集学的・包括的に治療介入することの有用性を示した代表的なstudyを紹介します.

Steno-2研究

Steno-2研究は,アルブミン尿陽性の2型DM患者に対するR

もっとみる