AgileJapan

Agile Japan で学んだオンラインコミュニケーションの難しさと対応策

Agile Japan で学んだオンラインコミュニケーションの難しさと対応策

あやなるのアドベントカレンダー 23日目の記事。 AgileJapanふりかえりに引き続き、オンラインカンファレンス当日のコミュニケーションの工夫について、語りたいと思います。 使用ツール: EventHub本イベントでは、EventHubというツールを使用しました。タイムテーブルやスポンサーブースなど非常に見やすく、複数チャンネルの切り替えも簡単にでき、後日動画も視聴可能。まさにオンラインカンファレンス運営時に欲しい機能が1つにうまくまとまっているツールでした。 Ev

スキ
5
Agile Japan 激動の2020年をざっくりふりかえる

Agile Japan 激動の2020年をざっくりふりかえる

こちらは、あやなるのアドベントカレンダー 22日目の記事。 今年はAgile Japan 2020も開催されたわけですが、開催後全く触れていなかったので、年が暮れる前に振り返っておこうと思います。 Agile Japan とあやなる 日本最大のアジャイルカンファレンス、Agile Japan!去年からお声がけいただきまして、実行委員を務めさせてもらっています。ややこしいですが、私がオーガナイザーをしているAgile Tech EXPO (あじゃてく)とは別のイベントです

スキ
2
複雑性の高い今こそ、人事も総務もAgileに!

複雑性の高い今こそ、人事も総務もAgileに!

11/17、18日にAgile Japan2020に登壇させていただきました。 そこでお話しした内容が当日のみならず、継続して感想や質問などいただいていたので、ここにnoteとしてもまとめていこうと思います。 当日のテーマはこんな感じ。  コロナウイルス蔓延前に自ら手を上げ、管理部門を兼務して「リモートワーク制度」を立ち上げた話を中心にお話しさせていただきました。  事例セッションではあったものの、多くの反響をいただいたのは、「行動指針としてアジャイルマニフェストを常

スキ
9
Agile Japan 2020の5つのキーワード

Agile Japan 2020の5つのキーワード

私は今年初参加でした。セッションはどれも濃密で、聞いてノート取ってるだけなのにヘトヘトです。2日間で17セッションかな。まず実行委員と登壇者の皆様お疲れさまでした。楽しかったです。今回色々な事例のセッションがありましたが、全体を通して感じた5つのキーワードを上げてみました。 ・DX over コロナ ・プロダクト思考 ・価値 ・共創と内製化 ・愛 DX over コロナ新型コロナウイルスの登場で我々の働き方はNew Normalへと移行しつつありますが、今の状況はDXは実

スキ
13
ピンチはチャンス!大逆境のコロナ期での現場とエンジニアの戦い

ピンチはチャンス!大逆境のコロナ期での現場とエンジニアの戦い

AgileJapan 2020 で、「ピンチはチャンス!大逆境のコロナ期での現場とエンジニアの戦い」という内容でキーノートをさせていただきました。折角なので、感想を書きたいと思います。 登壇の内容今回のお話は、コロナによって大打撃を受けた宿泊業の星野リゾートが、どのような状況に陥り、そこからどのような活動を通じて、ピンチを乗り切ろうとしているのかというお話を、エンジニアの側面から切り込んで紹介するというお話でした。 登壇内容の中では、AgileJapanということもあり、も

スキ
4
[レポ]6/26-27 #ScrumOsaka x #AgileJapan

[レポ]6/26-27 #ScrumOsaka x #AgileJapan

6/27(土)スクラムフェス大阪にて、Agile Japan実行委員で4セッションを行わせていただきました。背景や概要は告知記事をご覧ください。この記事では、当日の内容をお伝え致します。 価値を高めるプロダクトマネジメント午前中は関さんの講義形式のセッションでした。プロダクトマネジメントの歴史や定義と、成功するためのプロダクトをつくる秘訣が、とてもわかりやすくまとめられていました。 「大学の講義みたい」と思いながら聞いていたら、途中で急に「あなたのチームはいい開発チームです

スキ
9
[告知] 6/26-27 #ScrumOsaka x #AgileJapan

[告知] 6/26-27 #ScrumOsaka x #AgileJapan

スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業、立場の異なる様々な人々が集まる学びの場、スクラムフェス大阪。 今年はオンラインでの開催となり、なんと全国19コミュニティが同時に並行してセッションを行うという、オンラインだからこそ実現できる構成で開催されることとなりました。 大変嬉しいことにAgileJapanもお声がけいただき、6/27(土)に4セッションを実施させていただくことに。お話をいただいてからAgileJapan実行委員でオンライン会議を繰り返し、スクラ

スキ
8
2020公募セッションの採択を行いました

2020公募セッションの採択を行いました

今年も多くの方のお話をアジャイルジャパンで発表いただきたく、セッションの募集を行いました。 新型コロナウィルスの影響でイベント自体が開催できるかどうか不透明な中、たくさんの応募をいただきまして誠にありがとうございました。心から感謝致します。 イベント開催への期待が高まっているとも受け止めており、みなさんの想いをたくさんの人に届けられる機会を、「変わる勇気・変えない勇気」を受け取った方々が新しいアクションを始められる場を、全力で実現していきたいと思いました。 今回、どのよう

スキ
9
[レポ] アジャイルジャパン沖縄サテライト

[レポ] アジャイルジャパン沖縄サテライト

アジャイルジャパン実行委員のあやなるです。 note初心者ですが、いきなり大役を果たさせて頂きます。 2020年1月18日(土)、暑い沖縄の街コザをさらに熱くしたアジャイルジャパン沖縄サテライトのレポートです。 アジャイルジャパンのセッション再演のみならず、 DevOps Days Tokyoからのセッションや、 ゑびや/EBILABの小田島さんによるセッションもあり、 とても豪華なラインナップで充実したイベントでした。 1日の様子をチラ見せオープンニングは主催者いわむー

スキ
10
もうかりまっか?大阪サテライト #AgileJapanOsaka

もうかりまっか?大阪サテライト #AgileJapanOsaka

おそらく地方サテライトとしては最大規模かと思われる、大阪サテライトに参加してみました! 当日はなんと36℃・・・ホンマでっか? 翌日は台風が来る予報で新幹線も夕方には運休となるタイミングでの開催でした。 本編では、イベント当日、時間の都合で語りきれなかったパナソニックさんのお話や、昨年アジャイルジャパンの鳥取合宿以来お世話になっている福田さんのお話、今話題のODD(Okan-Driven Development)など大変貴重な太田先生のお話がありました。 さらにはLT

スキ
3