ステークホルダーとの間に不要な摩擦をうまないために知ること

不確実性の高いプロダクト開発をしていくとき、スクラムを始めとしたアジャイル開発で短いイテレーションを繰り返し、学びながら不確実性に対処していくことが重要であることを多くの人が認識している。 しかし、いざスクラムを導入するとなったとき、プロジェクトの進行をスクラムチームに任せ、外部…

スクラム開発でPMとエンジニアがお互いに求めること(プロジェクト初期編)

こんにちは! マンハッタンコードでプロジェクトマネージャー(以下PM)のみちこ(@MHTcode_michiko)とエンジニアのTOM(@MHTcode_TOM)です!)です! 今回はプロジェクト初期編として、スクラム開発でPMとエンジニアがお互いに求めること についてお話させていただきます! 双方が求めているもの…

スクラムマスターとしての1つの学び方、outputするということ

今回の結論はこちら結論を伝えます。 Output(書く)は重要だ スクラム会の重鎮による無料イベントがあった※1 野中郁次郎さん 平鍋健児さん によるセッション。 対談。 本を書く、文章を起こすことで 思考が整理されると言う学び 書いて、書いて、書くんだ!! ※1「今こそ必要な実践知リーダーシップ…

チームでの議論は否定的になるのか?

以前チームにペアプログラミングという手法を導入したときの話です。 チームで提案しているときはチーム全体が否定的な印象を受けたのに対し、その後、1 on 1で一人ずつ話をしてみると、全員がそこまでの否定の感情を持っていないということがありました。 こういう現象は一般的なものなのか? 仮説…

【スクラム技法・事例】スクラムやってみた

私、SIerに勤めてます。 アジャイルやることになってしまいました。世の中スクラム!スクラム!なのでスクラム始めてみました。 で、いま3スプリント回したところ。それなりに回るもんだ。 うちの会社、まだまだアジャイルへの理解は深まってない。 いつまでに出来るんだ? 機能は何個あるんだ? …

グロービスにJOINしてPOとして半年間で取り組んだ改善について

はじめに※ GLOBIS Advent Calendar 2019 のコピーです。 はじめまして。グロービスのデジタル部門(グロービス・デジタル・プラットフォーム)でプロダクトオーナーをしています @talow1225 です。 こちらは グロービスアドベントカレンダー 3日目の記事です 私がグロービスにJOINしたのは2019年3…

瞑想をする理由 ①

こんにちは。天野です。 最近改めて瞑想を習慣化していて、半年ほど経ちました。5年ほど前にきっかけがあり一時期取り組んでいたのですが、それ以来瞑想にはいろんな効果や価値を感じています。「瞑想やってます」というと、何となく意識高い人やスピリチュアルな印象を持たれてしまいそうで、あまり…

250

マインドフル・リスニングを試してみた

先日、にこフルの中村さんにマインドフルネスについて色々とお話を聞かせてもらうことができて、コーチングしてるメンバーにもメタ認知の重要性などを話しつつ、中村さんのスクー講義も見てもらいました。 そして、手始めに、マインドフル・リスニングを試しました。 コーチの自分は見守り役で、話し…

「SAFe Day Japan」に参加してアジャイルについて考える

今回は、6/3に開催されたSAFe Day Japanの参加レポートになります。 近年、スケールドアジャイルとして日本で注目を浴びている「SAFe」。 日本でのイベント等は少ない印象でしたが、今回は基調講演や導入事例を始めとする大規模なイベントということでさっそく参加してきました! SAFe Day Japanと…

新規事業の検討に使っているフレームワークの紹介

こんにちは。天野です。 最近は新規事業に向けた新プロダクトの検討をファシリテーターとして進めています。ほぼ何もない状態からの検討になるため、議論の進め方について考えていることや、思考を助けるためのツール・フレームワークを紹介します。 開始時の状況現在検討を進めているメンバーは、プ…

250