インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第204号公開中!!
https://note.com/fuu_natu/n/nde437297763d
【映画の風景 日本の風景】『ウルトラQ』『浅田家!』『あん』『ラ・ラ・ランド』よろしくです!m(_ _)m

インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第204号公開中!! https://note.com/fuu_natu/n/nde437297763d 【映画の風景 日本の風景】『ウルトラQ』『浅田家!』『あん』『ラ・ラ・ランド』よろしくです!m(_ _)m

2
インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第204号公開中!!
https://note.com/fuu_natu/n/nde437297763d
【映画の風景 日本の風景】『ウルトラQ』『浅田家!』『あん』『ラ・ラ・ランド』よろしくです!m(_ _)m

インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第204号公開中!! https://note.com/fuu_natu/n/nde437297763d 【映画の風景 日本の風景】『ウルトラQ』『浅田家!』『あん』『ラ・ラ・ランド』よろしくです!m(_ _)m

2
インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第204号発行しました!よろしくです!!
+1

インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第204号発行しました!よろしくです!!

4
坂間千鶴の魅力にやられました

坂間千鶴の魅力にやられました

【イチケイのカラス】最終回、観ました。 『HERO』をだいぶ意識して作っている部分が、個人的には『どうなの?』と思いつつ見始めた本作。そして、月9お久しぶりの竹野内豊さんに期待していた本作。 いやいや…もう、千鶴(黒木華さん)の魅力に惹き込まれたドラマでした。 みちお(竹野内豊さん)に振り回されながらも、自身の信念をもち、憧れだった日高(草刈民代さん)とも毅然と対峙し。 凛としていながらもチャーミング。 方言もかわいらしく。 黒木華さん、魅力的なキャラを魅力的に演じていら

1
ドラマ日記『イチケイのカラス』(最終回)&『いいね!光源氏くん2』(2話)

ドラマ日記『イチケイのカラス』(最終回)&『いいね!光源氏くん2』(2話)

東京地方裁判所第3支部第1刑事部(イチケイ)を舞台に、自由奔放な裁判官・入間(竹野内豊さん)とイチケイメンバーの活躍を描く『イチケイのカラス』最終回。『HERO』的左遷エンドで、続編の可能性を残しました。 入間が、元同僚の弁護士・青山瑞希(板谷由夏さん)と癒着し、無罪判決を出しているという告発記事が週刊誌に掲載された。みちおの任期終了まであと3週間。再任を実質的に決定するのは、みちおと因縁のある香田(石丸謙二郎さん)が事務総長を務める最高裁判所事務総局だった。 中卒の主人

29
日々是好日

日々是好日

樹木希林、黒木華、多部未華子。 樹木希林の映画を見たくて、内容を知らずに録画して見ると、お茶のお話だった。 普通の大学生の女の子(黒木華)がたまたま近所でお茶を習う、従兄弟(多部未華子)と一緒に。お茶の先生は樹木希林。従兄弟は就職を機にお茶はやめたけど、流されるままお茶に通い続け、社会人となり、就職や恋や裏切り、大事な人の死などを経験し成長していく。そこにはいつも日常にお茶がある。こう言ってしまえば、おもしろくないのだけど、見始めから、おもしろくて目が離せなくなってしまっ

1
ドラマ日記『イチケイのカラス』(第10話)&『いいね!光源氏くん2』(初回)

ドラマ日記『イチケイのカラス』(第10話)&『いいね!光源氏くん2』(初回)

東京地方裁判所第3支部第1刑事部(イチケイ)を舞台に、自由奔放な裁判官・入間(竹野内豊さん)とイチケイメンバーの活躍を描く『イチケイのカラス』第10話。映画『ディア・ドクター』的な展開が待っていました。 ある日、駒沢(小日向文世さん)は「レアケースを合議制で審理する」と入間や坂間(黒木華さん)たちに伝える。それは傷害事件だったが、被告人(板尾創路さん)が「名無しの権兵衛」なのだという。みちおの弁護士時代の同僚でもある青山(板谷由夏さん)が国選弁護を引き受けた案件だった。

33
【映画✖️心理学】リップヴァンウィンクルの花嫁

【映画✖️心理学】リップヴァンウィンクルの花嫁

この物語のヒロインはどこまでも他人軸なのか、それとも究極のサレンダーなのか。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【リップヴァンウィンクルの花嫁】 サレンダー ★★★★☆ 他人軸 ★★★☆☆ 映像の美しさ ★★★★☆ うすく霞がかかって、ものごとのアウトラインがはっきりしない、そして清潔で湿度を感じる青がとても印象的な映画。 主人公の七海は、自信がなく、他人軸で自分が無いように見えるが、 純粋無垢で透明な少女のようにも見える。 物語の中で、彼女の本質自体に

6
ドラマ日記『イチケイのカラス』(第9話)&『シェフは名探偵』(初回)

ドラマ日記『イチケイのカラス』(第9話)&『シェフは名探偵』(初回)

東京地方裁判所第3支部第1刑事部(イチケイ)を舞台に、自由奔放な裁判官・入間(竹野内豊さん)とイチケイメンバーの活躍を描く『イチケイのカラス』第9話。入間が坂間(黒木華さん)を食事に誘い、恋モード!? “イチケイ”が扱うことになった「世田谷家政婦殺人事件」が、裁判員裁判で審理されることになった。事件の被告人は高見梓(春木みさよさん)、被害者は桐島優香(八木さおりさん)。梓は家政婦として桐島家で働いていたが、3階のバルコニーで優香と争い、突き飛ばして転落させたという。 本作

26
移りゆくものを、五感で感じること。

移りゆくものを、五感で感じること。

2021/5/30 映画記録no.36「日日是好日」今日、この映画を見ました。 先日、この小説を読んだのですが、小説がとんでもなく良くて。 もう素晴らしすぎて、読み終わった時に心がホワ〜ってなる感覚があって、 映画があることは元々知っていたので、 映画はどうなのかな、って気になっていて、 今日は、念願の「日日是好日」見ることができました。 今日は、この作品についてまとめていきます! 作品について。2018年10月に公開された映画。 これは、2018年9月に亡くなられた樹

7