闇の自己啓発

(2)20210503 陰謀論と『闇の自己啓発』と陰毛と。

←prev

(毒気多め注意)

20210502の日記から引用。

コロナ、マスクをめぐる陰謀論者に一方的に絡まれている知人のツイートを見かけた。当の本人は賢明にもスルーしているが、明らかに陰謀論者の主張がおかしくて火に油を注ぎたくなる。

陰謀論を相手にしたくはないけれど身近にそういう事象を見聞すると、「なんでこの人たちはそう思うようになったのか?」気になる。

最近、数年の間にそういうおっさ

もっとみる
あざっす!
4

【YouTube】自己啓発ビジネス系YouTuber・インフルエンサーに騙されるな 見るな危険!!

金儲け・ビジネス・自己啓発系は見ない方がいい。

一番タチが悪いと思っている。
・中身は薄い。
・成功の1パターンでしかない。
・偏っている。
・自称成功者
・自分はカリスマ性がある、成功している、優れていると勘違いしている。
・「思考停止するな」と偉そうに言っているが、自分が思考停止している。
・儲けさせてくれる御人好しはいない。
・結局、自分のため。
・過激なタイトル、サムネイル、内容で煽る。

もっとみる

壊れた美学、焚書ポピュリズム、フェミニズムSF……『ニューロマンサー』『華氏451度』『侍女の物語』『折りたたみ北京』#闇のSF読書会③

闇の自己啓発会による#闇のSF読書会 。第3回となる今回はウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』、レイ・ブラッドベリ『華氏451度』、マーガレット・アトウッド『侍女の物語』、ケン・リュウ編『折りたたみ北京』を取り上げます!

*前回はこちら

■『ニューロマンサー』

壊れた美学江永 『ハーモニー』で混乱しながら話をし過ぎました。バランス悪くなって申し訳ないです。『ニューロマンサー』にいきましょ

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
60
うわっ。ありがとうございます。
1

意識が生成したフィクションとしての現実を生きるということ――伊藤計劃『ハーモニー』#闇のSF読書会②

闇の自己啓発会による#闇のSF読書会。今回は伊藤計劃『ハーモニー』を取り上げます。『闇の自己啓発』でも度々言及されてきた作品ですが、この作品を読んで自分に刺さった箇所、想起したこと、そして意識の消失について、各人が自身の感想を熱く語り合いました。その模様をご紹介していきます(ネタバレ全開ですので、未読の方はご注意ください)。

*前回はこちら

■ゼロ年代的「中二病」のモードが歴史化されている江永

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
86

「模範的社会人」になるための自己啓発読書会 第二回ロバート・ライト『なぜ今、仏教なのか』

参加者【キュアロランバルト(キュ) ブロードウェイ・ブギウギ(ブ) ヤマグチ(ヤ) 織沢実(お) 虚ペン(虚) えすてる(え)】

1.導入

キュ:一応メンバーも変わったんで、また自己紹介からはじめますか。では、僕から。キュアロランバルトです。今は大学生で、フランス文学の勉強を主にしています。好きな作家はソレルスとかで、卒論はダンテにしようかなって感じです。最近はボボボーボ・ボーボボばかり見てま

もっとみる

読書は人間から逸脱していくプロセスに他ならない。#闇のSF読書会①

闇の自己啓発会は3月某日、#闇のSF読書会をオンラインで行いました。今回の読書会は主に早川書房から刊行されているSF諸作について語るものですが、各作品の感想に入る前に、まずはメンバーそれぞれのSFを読むきっかけやモチベーションについて意見交換を行いました。ル・グィンやマーク・フィッシャーに触れつつ、「この肉体を捨てたい」「記憶の外部化」「脳内アプリ」などのテーマについて思い思いに話しているので、今

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
109

【フェア開催中】個人と世界をつなぐ新しい回路をSFに見出す!! ハヤカワ文庫SFフェア #闇のSF読書会 でツイートしよう

新型コロナウィルスの終息も不透明、相次ぐ政治家・官僚の不祥事……明るい未来が見通せない今、まさにポスト・ディストピア的世界を生きる私たちに必要なものは、「if(もしも)の文学」として読者を吃驚させ様々な社会と個人の光と闇を描いてきた「SF」なのではないでしょうか?

数あるSFのなかでも、ディストピア作品やポストコロナ時代の闇に共鳴し、私たちに世界に立ち向かう新しい回路を教えてくれる作品を集めたフ

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
83

個々の自我が失われた世界、薬や電気刺激による感覚のセルフコントロール……自己と自由を問う探究の書! 『闇の自己啓発』書評:橋本輝幸 #闇のSF読書会

4月上旬から、ハヤカワ文庫SFフェア「#闇のSF読書会」が全国主要書店で順次開催されます。

本記事では、SF書評家の橋本輝幸さんによる『闇の自己啓発』書評を公開します。『闇の自己啓発』とSFの交点とは? 「闇の自己啓発会」によるSF読書会の公開に先駆け、ぜひご一読ください!

知的探求のよろこびにあふれた探究の書

話題の読書会の書籍化

『闇の自己啓発』
江永泉、木澤佐登志、ひでシス、役所暁

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
33

【読書】必要なのは自己啓発ではなく知識習得 脱自己満足!脱意識高い系!

自己啓発は自己満足

ビジネス書や自己啓発書は1つの考え、成功例を紹介しているだけの本に過ぎない。成功例は役に立たないことの方が多い。能力、環境も違う。運の要素もあり、著者が成功した方法を真似するのは無理がある。頭では理解できても行動につながらない。

自己啓発にならないための本の選定基準

・客観的事実、データ、科学的根拠に基づく
・専門家、研究者が書いている
・ビジネス書や自己啓発書ではなく、

もっとみる