永江雅邦

北海道旭川市天寧寺(浄土真宗本願寺派)住職です。1970年生。尊敬する人は関根勤、鬼越トマホーク。好きな作家は宮脇俊三、山田風太郎。新刊を待つ漫画単行本は『ハンチョウ』『こづかい万歳』です。
+1

サブカル大蔵経813伊集院静『無頼のススメ』(新潮新書)

「頼るな、倒れるな。」の帯。 初読した時はめくるページみんな名言に見えました。周りの方の…

+2

サブカル大蔵経812岡崎守恭『自民党秘史』(講談社現代新書)

政治というと、政治家の生臭いイメージがありますが、三人寄れば政治が始まる、とも言え、実は…

+1

サブカル大蔵経811田崎史郎『安倍官邸の正体』(講談社現代新書)

この本を読んで、安倍首相に寄りすぎている、批判が足りないと思われる方が多いかもしれない。…

+1

サブカル大蔵経810金森修『動物に魂はあるのか』(中公新書)

新書の範疇を超えた問題作。 いや、本来の新書の役割を想起させるような一冊という気がしまし…

+1

サブカル大蔵経809豊島修『死の国・熊野』(講談社現代新書)

この時代の現代新書が大好きです。 クリーム色の表紙。杉浦康平の装幀。 カバー裏にある現代…

+2

サブカル大蔵経808谷川俊太郎和田誠『ともだち』(玉川大学出版部)

ともだちって かぜがうつっても へいきだと いってくれるひと。p.1 現在を予言したような一節…