400年後に南半球で名前いじりされるとは思ってもみなかったろう。

「近衛 信伊 (このえ のぶただ)」 

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての人。
近衛家18代当主。太政大臣。

近衛家は五摂家のひとつ。
五摂家は近衛家・九条家・二条家・一条家・鷹司家のことで公家の家格の頂点に君臨した。本姓はいずれも藤原氏で鎌倉時代に成立した。ちなみに本性が源氏の武田信玄や足利尊氏などは先祖が臣籍降下した家だから行きつくところは天皇だが、五摂家は辿っても藤原氏。だから何?っ

もっとみる
スキ押してくださってありがとうございます。
13

四男誕生のお話

四男は兄弟の中でも、いろんな意味で変わり者なんです。

四男は三男誕生の三年後に産まれました。産まれ日は、なんと2月29日うるう年なんです。
それだけでも珍しいですよね。
お姉ちゃんが2月28日産まれなので同じ日かな?と思っていたら1日遅れで29日😅

昔は、うるう年に産まれたら日にちを、ずらして出生届を出せたらしいのですが、今はダメ🙅らしいのです。なので四男の誕生日は4年に1度しか、ありませ

もっとみる
♥Thank you♥
4

豊臣秀吉

露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことも 夢のまた夢

【かんたん人物史・大谷吉継編】誕生から秀吉に仕えるまで

大谷吉継は、非常に資料が少なく謎多き人物です。

ですが、関ヶ原で戦死するまでの生き様で、筆者を含めて実に多くの歴史ファンを魅了してきた人物でもあります。

今回は、大谷吉継の誕生から羽柴秀吉に仕えた時期について、簡単に記事にしたいと思います。

プロフィール

幼名 慶松(桂松とも)
通称 紀之介、大谷刑部
号  白頭
官位 従五位下 刑部少輔
主君 豊臣(羽柴)秀吉、秀頼
城主 越前敦賀城(福

もっとみる
良い記事が書けるように、これからも頑張ります!
1

江戸時代の身分制度は、ほぼ建て前?

今、『服部半蔵 天地造化』という作品で、室町時代(戦国初期)を書いています。
ゴールは、半蔵の主君徳川家康が天下を取る江戸時代ですが、その百年前、初代半蔵保長の誕生から描きたかったためです。

室町時代についてはあまり詳しくありませんでしたが、いくらか知るうちにとても驚きました。家柄主義、血脈主義がすごいということです。
江戸時代ももちろん、将軍家や大名家は血統を重んじましたが、何となく違う気がし

もっとみる
光栄至極!
5

豊臣秀吉って元は犬居天野氏の被官だったりしない?【研究ノート:天野氏】

※今回はゆるめの研究ノート、というか妄想です。

犬居の天野氏の本拠地・犬居は現在の浜松市天竜区春野町に位置する。
合併前は周智郡春野町で、1997年3月に「春野町史 通史編」上巻が刊行されているが、その中世史の大半が天野氏に関する事柄で、天野氏研究には欠かすことの出来ない資料となっている。もちろん手許にある。

さて、中世の武家社会には寄親・寄子という制度があった。主従関係を親子関係になぞらえた

もっとみる
ありがとにゃん!
1

foogee owner【眼力心力】

石田 三成 が

城下は

とても

栄えている

これは

秀吉様が

平和な

世にしてくれたからだ

(^人^)

(^人^)

(^人^)

城下の民は

秀頼様の

代になっても

豊臣の世が

続く事を

願っているんだろうなぁ

発言

島 左近 は

殿は

大阪の町が

賑わっていると

言いましたが

昔から

王の都には

人が集まると

決まっています

人が

城下に

もっとみる
よりカンシェア(感謝)されるように投稿します
5

誠実に生きるのって難しい

漫画「へうげもの」から羽柴秀吉の言葉をお借りして武士道ビジネスのお話です。

人間とは
動機に私利私欲が伴わねば納得せぬもの

自分の命を惜しまず世の為、人の為に生きる人は人間として素晴らしいけど、あまりにクリーンだと人からの信用を受けにくいのかもしれません。

「俺はお金の為に○○をやっている」と言った方が民衆は納得できる。

矛盾した世の中ですね。

かたじけないm(__)m
1

軍師黒田官兵衛に学ぶ・・今の時代を生き抜くために・・戦国時代にヒントあり

軍師官兵衛は単なるケチなのか?

 前回、私の黒田官兵衛とのご縁や黒田官兵衛の超概要について紹介しました。
そして、最後に上司秀吉との関係についてもふれました。

 秀吉からの評価は悪かった・・・
もしろ、恐れられていた・・・

 部下は上司を選べることはできません。
これは現代社会にも相通ずることですよね。
上司から嫌われると日の目をみることができません。
私にも経験がありますので、よくわかりま

もっとみる
感謝、感謝・・・ありがとう、おおきに!
2

信長を殺した男

真説・明智光秀伝。我々が習った歴史は、“嘘”だった !? 

明智光秀が主君・織田信長を討った日本史上最大のミステリー“本能寺の変”! 現代でもなお多くの謎が遺される大事件を400余年の時を経て解き明かす!!

📙 歴史は作られた

学校の授業で 時折 ワープ、先生が

『 次のページ から 152ページ まで 飛ばしま~す 』

や、教科書自体、戦争など 内容が薄い 箇所が あったような

もっとみる
どうも ありがとう 🎵
18