光秀と秀吉

山林を落ち延びてゆく光秀は今にして思えば信長を本能寺で焼き殺した後さっさと秀吉を攻めていればよかったと後悔した。そうすれば自分は天下を取れたのに。自分は判断を誤った。あの猿を猿だと思ってバカにしたのがいけなかったのだ。あの猿はウキー!と泣きながら信長のペットになった。信長は猿に芸を仕込み秀吉と名まで与えた。家臣はみなそんな信長に殿もお戯れをと呆れたものだが、殴られるのが怖くて誰も口に出せなかった。

もっとみる
愛…いただきました
10

ハンコは「時代の世相」や「使用者の内面」を表すと、私は思います

過去の投稿でも戦国武将が印判状を用いる事でハンコが再度、使われ出したということでした。
実際の武将達のハンコを見てみましょう。
それぞれの印はそれぞれの武将の個性がその言葉や形状に出ているように思いませんか?

戦が活況だった①~④の時代では、龍や寅といった「強さ」を象徴するような印を作られています。その後、天下が統べられた⑤⑥では、実用的で比較的地味な印になっています。

このようにハンコという

もっとみる
次への励みになります!
2

高校球児、バカボン、由紀さおり?【年齢】オレンジ編

みなさん、こんにちは。完熟オレンジことミドリーです。
今回のテーマは「年齢」。触れたくない話題ですね。にっこり。

だってだって~(ぶりぶり)、大学を卒業するまでは、自分の過去を振り返るとき、「小学4年の時おばあちゃんが」とか、「あの曲は大学2年の夏休み・・・」とか。自分の年齢と思い出がかなりの確率で正しくリンクしているのですが、大学を卒業してからは、「学年」という指標がない。

子どもを授かれば

もっとみる
完熟度がまた1つ上がりました。
5

夏目漱石「それから」 働らくなら

「君は金に不自由しないから不可(いけ)ない。生活に困らないから、働らく気にならないんだ。要するに坊ちゃんだから、品の好い様なことばっかり云っていて、・・・・・・・」

代助は少々平岡が小憎らしくなったので、突然中途で相手を遮った。

「働らくのも可(い)いが、働らくなら、生活以上の働(はたらき)でなくっちゃ名誉にならない。あらゆる神聖な労力は、みんな麺麭を離れている」

平岡は不思議に不愉快な眼を

もっとみる

信長は若い頃から
裁量権を持っていた。
そのかわり、全責任は自分。
桶狭間で全滅の可能性もあった。

一方、秀吉は徐々に
裁量権を手にした。
信長の無理難題をこなし
認められて成長した。

裁量権を持てるのか?と
他人に聞く前に
自分で責任を負えるのか?と
自分自身に聞くと良い。

やる気レベルが1上がりました!

視聴記録『麒麟がくる』第28回「新しき幕府」2020.10.18放送

第1章 美濃国編
第2章 越前国編
そして、今回から、
第3章「京〜伏魔殿 編」へ突入! 
光秀、いよいよ歴史の表舞台へ!

「京都編」ではなく、「京~伏魔殿編」。
わざわざ「伏魔殿」と入れたところが不気味ですね。

【今回のあらすじ(公式サイトより)】
 ついに足利義昭(滝藤賢一)が上洛を果たした。勢いに乗った織田軍は周囲の三好勢を一掃する。光秀も活躍が認められ、将軍奉公衆に取り立てられる。先の

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/

通史で読み解く司馬史観  戦国時代編「信長と光秀編」国盗り物語 司馬遼太郎

「通史で読み解く司馬史観」、この読み解きは、道三、信長、光秀、秀吉、家康などの思惑を裏と表の両側面から、登場人物を入れ替えながら続いていく。

前回の読み解きの主人公だった斎藤道三から、今回の光秀と信長の評。
「光秀は、ゆくゆくは天下の軍を動かす器量がある。わしは一生のうちずいぶんと男というものを見てきたが、その中でも大器量の者は、尾張の信長と我が甥光秀しかいない。(中略) ひろく天下を歩き、見聞

もっとみる
続きも お楽しみに!

戦国時代カレンダー 今日は何の日? 【10月18日~24日】

戦国時代の今日の日付にはどんなことがあったのか? 1週間ごとにお伝えします。ぜひ「ああ、今日はそんなことがあった日なんだな」と思いを馳せてみてください。毎週日曜日に更新する予定です。
なお、日付はすべて旧暦ですので、現在とは約1ヵ月のズレがあります。31日はありません。

10月18日 本多平八郎忠勝、没

慶長15年(1610)10月18日(旧暦)、本多平八郎忠勝(ほんだへいはちろうただかつ)没

もっとみる
スキ、大変嬉しいです
12

『信長公記』は偽書か? Part.2

永禄11年(1568年)
9月26日  足利義昭、上洛。清水寺へ動座。
9月27日  足利義昭、西岡寂照院へ動座。
9月29日  足利義昭、摂津芥川城へ動座。
10月14日   足利義昭、京都六条本国寺(現・本圀寺)へ動座。
10月16日   足利義昭、細川藤賢亭へ動座。
10月16日   足利義昭、細川藤賢亭で観能会を開催。
10月29日   足利義昭、本能寺へ動座するが、本国寺へ動座。
永禄1

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/

織田信長が築いた二条城

【内容紹介】

1.5つあった二条城・・・「二条城」はいくつあったか?
2.織田信長が築いた「二条城」・・・その概要
3.「二条城」築城に関する逸話
(1)普請奉行・・・誰が指揮したか? 明智光秀の役割は?
(2)ルイス・フロイスが見た「二条城」・・・上司への報告
(3)庭石「藤戸石」・・・スピード建築。二条城は誰のための城なのか?
(4)厳しい風紀・・・織田信長の残虐性
(5)相次ぐ騒動・・・細

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/