9月22日 孔子に学ぶ患者へ注意

今日という日は

秋分の日

昭和23年に公布・施行された「祝日法」により制定。「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことを趣旨としている。

わがままや身勝手な患者への注意、どうする。

回復期病棟にはこっそり病棟を抜け出し、お酒を飲む。トイレに隠れてタバコを吸う。きれいめな看護師のお尻を触っちゃう。等々、いわゆるはっちゃけすぎる患者もいる。

そういうときなんと伝えるべきか、時々カンファレ

もっとみる
お返し良いねします🐎
3

論語~述而(じゅつじ)第七

論語は、孔子が弟子と問答した内容を、
孔子の死後に弟子が書物(20編512文)として残したものです。
20編毎に解説をしていきます。

第7編の述而(じゅつじ)とは、先人の学説のことです。
第7編は、孔子自身の言葉や容態、行動に関した記述が多く掲載されてます。
日々精進により、自分は徳と仁を修練する。
結果、何事にも動せず、心穏やかでのびのびと生きていきます。

1.学問の教えを述べることにとどめ

もっとみる
ありがとうございます!
10

結局は、手足を動かし、汗をかかなければ、楽しめない…だから、がんばろっていう話

こんにちは。もしゃです。

9月もあと1週間。そして今日は秋分の日。暦も気候でも節目となる日ですね。自分に残された日々が本当にあっという間に減っていく…と思うと、焦りしかありません。

急いては事を仕損じる

焦ると同時に、亡き母からよく説教されたこの言葉を思い出します。

食卓のマイシートでお茶をすすりながら、フーテンの寅さんのように「…っていうもんだ。」と。仏壇を背にした席位置なので、何とも神

もっとみる
ありがとうございます。また来てくださいね🙋
1

論語 The Analects of Confucius   第3回

原文 三 (003-01-03) 
子曰、巧言令色、鮮矣仁。

書き下し文 三

子曰(しいわく)く、巧言(こうげん)令色(れいしょく)、鮮(すく)なし仁(じん)。

現代語訳 03

老師の教え。「言葉(ことば)巧(たく)みな会話とか、外見(がいけん)を装(よそお)うのは、自己中心的な人間です。他者(たしゃ)を愛(あい)する気持ちが少ない人であります」

英訳 03
The Master’s

もっとみる
スキ嬉しい。

渋沢栄一の「論語と算盤」 正義を断行する勇気と精神老衰の予防法

渋沢栄一は明治時代に多くの会社の設立・経営に携わり、2021年にはNHKの大河ドラマの主人公になり、2024年には1万円札の肖像に採用される「日本の実業界の父」と言える人物です。

その渋沢栄一は実業だけでなく論語もたしなみ、「論語と算盤」という書を出しており、渋沢栄一とともに早晩ブームになることでしょう。この本の読み方はいろいろあると思いますが、敬老の日の今日(2020年9月21日)にちなんだ内

もっとみる
ありがとうございます!!
2

論語とSDGs

子曰く、之を道(みちび)くに政を以(もっ)てし、之を斉(ととの)うるに刑を以てすれば、民免れて恥なし。之を道くに徳を以てし、之を斉うるに礼を以てすれば、恥ありて且つ格(ただ)し。
「人々を良い方向に導くにあたっては、未達成の場合に制約を課す法制度を定めれば人々は免れようとするばかりですが、人々が大切にすべき「利他の心(地域・環境・社会への貢献など)」を礎とする目標を掲げて自主性を促すことが大切です

もっとみる
ありがとうございます。みんなでSDGsに取組みましょう!
1

論語 The Analects of Confucius   第2回

原文 二 (002-01-02) 
有子曰、其爲人也孝弟、而好犯上者鮮矣。不好犯上、而好作亂者、未之有也。君子務本。本立而道生。
孝弟也者其爲仁之本與。

書き下し文 二
有子曰(ゆうしいは)く、其(その)の人(ひと)と為(な)りや孝(こう)弟(てい)にして、上(かみ)を犯(おか)すを好(この)む者(もの)は鮮(すく)なし。上(かみ)を犯すを好(この)まずして、乱(らん)を作(な)すを好(この)

もっとみる
I'm glad to hear that.

正しいことばかり言ってられない

僕は、他者へ和らぎ(やわらぎ)を注ぐことを大切にしたいと思っている。

和らぎとは、激しさや厳しさが穏やかになる、打ち解ける、やわらかになるといった状態のこと。

これを提供するためのベースとして、「和して同ぜず」という姿勢を大切にしていたいんだ。

和して同ぜずは論語に出てくる一節で、僕が高校生の頃から好きな言葉。

頑張っている人のことを和らげることはできるけれど、相手の課題を背負うことはしな

もっとみる
しっとりします〜!
7

論語 The Analects of Confucius   第1回

凡  例   
一、 本書は、『論語』の原文、書き下し文、現代語日本語、英語によって構成した。
二、 原文の意味を考慮し、参考文献等を参照して、現代日本語訳に訳出し、現代日本語を英語に翻訳した。
三、 原文と書き下し文は参考文献等を参照した。
四、 各章に通し番号を付けた。
参考文献 ・参考辞書・参考ウエブサイト
「全釈漢文大系1 論語」 著者 平岡武夫 昭和55年5月30日一刷発行 発行所 ㈱集

もっとみる
スキ嬉しい。

己所不欲勿施於人(2020/9/19)

こんにちは!
ゆうじです!

土曜日も勤務だと少し疲れます!

眠いです。

明日から3連休なので
疲れを取りながら
記事を書いていきたいです。

さて人にやさしくすることを
おろそかにしてしまっている自分がいます。

相手の考えを配慮せず
思い込みでものを言ってしまう…。

こんなことを書いたのは
TPOがずれた話をされて
イラついたから。

しかし、自分自身
自分のペースで話すときは
そんなも

もっとみる
励みになります!
4