すぐ役に立つものより

この数年で自分の中で起きている変化がある。

自分の興味が

未来志向ですぐに役に立つもの

歴史や教養、すぐに役に立たないようなもの

に移っている。

学生のときから、上昇志向は高く、自己啓発本、ビジネス本とか、ハウツー本とかよく読んでいた。

成功するために必要な知識や情報や行動を、いかに無駄なく、最短ルートで実行できるか、そんなことばかりに興味があった。

色んなことを損得で考えてしまう

もっとみる

哲学博士候補性が推奨する「教養としての哲学の入門編」

コロナの影響により図書館にも研究室にも満足に行けておりませんが、一応、哲学を研究している博士候補生です(笑)。

私のようなアラサーくらいになりますと、様々な方々と交流できる機会に恵まれまして、多種多様な意見に耳を傾けることになります。

その方々に自己紹介しますと、

面白そう

哲学って興味ある

難しそうだけど好き

というポジティブな意見を聞きます。

実際のところですが、

年齢を重ねま

もっとみる
土下座したいくらい嬉しいです・・・。
13

嫌いな歯医者で子供の大泣きに遭遇して

世の中で一番嫌いな場所 それは歯医者

小さい頃からなぜか虫歯が多くて、三人兄弟で私だけが虫歯体質

一生懸命頑張って歯医者行って、虫歯治療して、そして虫歯予防デーの6月の検診でまたひっかかる・・・

また来たかーって先生に言われて、ちゃんと歯磨きしな―と言われて、そしてぎりぎり削られる・・・もう泣きたいくらい



大人になってからは、虫歯も減り、歯医者へ行くことも減った

と言ってもやはり虫

もっとみる
励みになります(^_-)-☆

ダイヤモンドオンライン「だから、この本。」

ダイヤモンドオンラインで「だから、この本。」という新しいシリーズがスタートして、その第一回目のインタビュー記事を書きました。

個人的にこのシリーズのもっともおもしろいところは「自分の興味の外にある本を読むきっかけになる」ということ。

ネットに繋げば、世界中のあらゆる情報にアクセス可能なのですが、その一方で、私たちが目にする情報はテクノロジーによって完全にコントロールされ「自分の興味があるもの」

もっとみる
スキ ありがとうございます! 嬉しいです!
2
ありがとうございます!
4

国立国会図書館デジタルコレクション(https://dl.ndl.go.jp/)には、戦前を知る上で、【素晴らしい文献・資料】の宝庫であるから、読書家の皆さんはぜひぜひご確認の上、当時の文献等を読んで頂きたい。その上で南京攻略戦や南京事件、南京大虐殺というキーワードを語ってもらいたい。
目から鱗が落ちること間違いなし。

感謝致しますぞ。
7

飯島英太郎著『挑むアメリカ:対日感情の解剖』朝日新聞社/昭和16
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439032
こういう書籍も一応目を通して於いた方が良いのですな。

感謝致しますぞ。
4

粟屋義純著『戦争と宣伝』時代社/昭14
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462818
近代史を学ぶ際には、こういう書籍は重要なのですな。【国際法】と並んで【情報戦】を理解しなければ、満洲事変からの日本国と国際情勢を理解することは出来ないのです。是非とも教養としてもお勧めします。

感謝致しますぞ。
2

3minビジネス教養小ネタ集『物語の重要性』

論理的に正しくても、話を受け入れてもらえないことがあります。それはなぜでしょうか?

ありがとうございます!
6

瀧本哲史(たきもと てつふみ)さんの想いを一人でも多くの若者に伝えたい

6月30日の夜に、「瀧本哲史ゲリラナイト「伝説の東大講義」をみんなで聴こう!」という企画がYoutube上であった。2012年の6月30日に実際に東大で約300名の若者限定で行われた講演のリメイクだ。講演の最後に、「8年後の今日、2020年6月30日の火曜日にまたここに再び集まろう」と締めくくられた。しかし、瀧本さんは昨年2019年に病のため急逝し、実際に集まることはできなかったが、ある出版社の編

もっとみる
ありがとうございます!
1