死なないでよ

背が足りないと なれないものや

お金がないと 行けない場所

それを知って 虚しくなった

斜めに構える クセがついた

どんなに綺麗に 生まれても

たくさんお金を 持ってても

幸せには なれない

それを知って 私は

天を仰いで 考えた

あの人に あるもの

あるように見えて ないもの

私に ないもの

ないように見えて あるもの

ないと思えば なにもない

ある気がするなら たぶ

もっとみる
優しいきもち、ありがとうございます。嬉しいです。
9

銃口

ずっと誰かに銃口を突きつけられている気がする。
そういった経験はないにもかかわらず、緊迫した空間にあがるのは銃と引き金に置かれた人差し指だ。
観念して目を瞑る。ここは夢の中なのか、走馬灯なのか、国なのか、獄なのか、おのののか。とにかく私は長いトンネルを走っているようだった。体力には自信があった。なのに、風も坂もない鉄の上を駆けていることで、どうしてか息があがっていた。苦しさのあまり膝をついてしまっ

もっとみる

残されたもの

有名人が自死する中、残されたものはどう思うんだろう?

 その答えを知っているのは私です。記憶が飛んでしまった中、誰にも助けを求められなかったこと。声に出しても誰にも伝わらない悲しみと絶望。八方塞がりで、言葉が誰にも理解されなかったこと。想像を遥かに超える自責の念、原因となったことに対する怒り。どれも取り戻せないのです。

 時間が巻き戻せたら良いのに。もしくは私が死ねば良いのに。そうさせなかった

もっとみる
あなたにとって素晴らしい一日でありますように💜

総じて論ぜられてたまるか、自死

芸能人の自死が続く。悲しすぎて、すぐにはご冥福をお祈りしますなんて思えない。そんな方は大勢いるだろう。私もその一人だ。そのショックをさらに大きくしているのは、一般的に「自殺しそうにない」という人がそうなってしまったからなのかもしれない。自殺しそうにない、というのは単純にそういう部分が全くと言っていいほど見えないということだと思う。芸能界なんて特にそういう部分が見えにくいところだから、一般人の私たち

もっとみる
ラッキーアイテム:Kが擦り切れたキーボード
1

従兄弟への追悼でビール開けました。実は既に2本目。酒が強いのは家系だな(笑)
例え周囲から何と言われようと、自分の生を全うして区切りをつけたら、「胸を張って先へ進め!!」と声を出して言いました。
初めて涙が出た。自分の生き様をに胸を張れ!!

嬉しいです♪

君死にたまふことなかれ

今日は、朝から悲しいニュースが流れていた。好きだった女優さんがまた一人、旅立ってしまった。私の思いは、ファンだった一人として、とても哀しく、彼女が出てくる新作が永久になくなってしまったことが、残念だと思った。彼女が主演の「はやぶさ/HAYABUSA」という映画を、アマプラで見た。

そんなことをきっかけにnoteを開いたのだが、書きたいことは映画の感想でも、女優さんへの想いとかそういうのではなくて

もっとみる

続・自死を選ぶのはダメ?

竹内結子さんが自死を選ばれました。

(三浦春馬さんの記事)
こちら

自死の是非について、
世間ではよく議論されます。

もちろん、残された家族の氣持ちを思うと
心が張り裂けます。

自死を選ぶことは、ダメなことですか?

今回の人生において、

「終わり」を決めてきた魂
選択の結果「終わり」に行き着いた魂

どの魂も今回の人生を生きました。

生きたからこそ死ぬ
生きることは死ぬこと

生きる

もっとみる
【大吉】誰かがあなたを思い出してキュンとする♡
11

今日(9/27)思ったこと。

今日衝撃的なニュースがありましたね。

こういった報道が続いていますね…。

行う前に、助けの声をあげれば、というけれど
そんな心の余裕がある段階なら
100億%誰かに助け求めてる。話してる。

自分で命を断つまでには私は段階があると思ってる。

それを決断するときの心境は、右も左も前も後ろも道がなく
自分ぴったりの箱に入って
身動きが取れない…そんな感じ

もう目の前に道がないの。人生の。
そう

もっとみる

命日

去年の9月27日、従兄弟が自死を選びました。

去年のこの日、私はパート先の飲食店で彼から最後のメッセージを受け取りました。私が描いた曼荼羅へのコメントでした。

その後、昨年の9月28日の未明、母からの電話で私は叩き起こされました。

「自殺した。」と一言、母から聞いた瞬間、スマホを持つ腕から力が抜けて、指先がどうしようもなく痺れたのを今でも覚えています。

彼は性的マイノリティでパートナーと生

もっとみる

25.いま会いに行きます

※自殺の話含。注意

葬儀以来、初めて会いに行ってきました。
四十九日までに一度は会いたかったんよね…。

あの時はまだ夏で暑くて扇風機もクーラーも必要だったけど、秋桜も彼岸花も綺麗に咲いていて、上着がいるかなと思うくらい肌寒くなってきた。

もう、顔も姿も見れなくて、あるのは遺影と遺骨。部屋に入ると彼のお気に入りのニット帽と毛布が飾ってあって、それ見てお線香をあげる前に思わず号泣。

1ヶ月ほど

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます(/ _ ; )♡
1