自分を受け入れる

告白 - 私の自己変容のプロセス⑤

その後

前回のnoteで、2週間以上私と目も合わせずに沈黙していた夫が、満月の日に話しかけてきたことを書きましたが、今日はその後について書きたいと思います。

あの満月の夜、ついに私は告白してしまいました。
これまで夫に話していなかった、本当の気持ちを。

「私はこれまでずっと我慢してきた」
「本当は、子供のためとか夫のためとかでなく、自分のためにも生きたい」

と、勇気を振り絞って話しました。

もっとみる
あなたにも良いことがありますように☆

豆パン

朝から友達がパンを持ってきてくれました。
3色のお豆が入ったラウンドパン。
カットして焼くのがオススメとの事だったので、朝食にいただきました。
パリフワで美味しい。

ここのところ夏バテなのか。食欲がない日はないけれど、気持ちが悪くなることが多いです。

自分に愛を伝えること

こんばんは、トッキーです🤩

今日も質問にお答えしていきます❣️

「今のパートナーにうつ病のこと、手首にリストカットがあることをいつ打ち明けたらいいか悩んでます。

彼が、わたしのポジティブなところ、いつも笑顔なところが好き。と聞く度に心がざわざわします。

ほんとは違うよって。
それは作ってるわたしだよ。って。

早いうちにカミングアウトしようと思う反面、怖くて伸ばし伸ばしにしている自分がい

もっとみる

裏切られたわけでも、負けたわけでもない。それが私なのだと、一旦受け入れただけ。アトピーとこだわりのこと

あ~あ。負けちゃった。

蝉がないている真昼のアスファルトの上を、家までとぼとぼ歩く。ビニール袋のなかでは、処方箋と明細と薬たちがカサカサいっている。

どこか清々しい気分でもあるけど、期待がないといったら嘘になるけど。

私は負けました。

12年ごしの戦いに、とうとう勝つことができませんでした。

周りがなんと言ったって、負けちゃったんだよ、私は。

これが後でいいことにつながると分かっていた

もっとみる
好きで書いてるとはいえ、スキもらえるの励みになります。
3

女子会lunch

久しぶりの顔ぶれで、ちょっと良いとこでコースランチ。
1人は臨月の妊婦さん。コロナがまた増えてきたからどうするか迷ってたけど、当の妊婦さんとその旦那様が乗り気だったので決行👍
除菌やサーモグラフィチェックもあり、オープン気味な個室になっているのでちょっと安心。
話を聞きながら楽しく食べてきました。
しっかり完食し、そのまま消化できました。

数年前の私ならどんな相手とどんな物を食べても、太る太る

もっとみる

【体験談】家族を信じられなくなった私

私たちは家族の間で問題を抱えて悩んでいらっしゃる方々の窓口となる有志のボランティアサークル"Beyond Home"です。

「サークル体験談」のマガジンでは、毎回サークルメンバーの体験記を紹介しています。

今回は、両親に胸の内を理解してもらえず、ずっと苦しんでいた女性の体験談です。

私の両親は尋常でないほど世間体を気にする性格で、昔から私の気持ちなんて見てくれやしませんでした。

私には身体

もっとみる
あたたかいお茶をどうぞ🍵
3

私は意地悪で冷たい女だと認めると

こんにちは。

先週パートナーとものすごい喧嘩になって、これは私たちもうダメかもと思う出来事がありました。

原因はと言うと、私が彼のネガティブさに嫌気がさして、つい言ってしまったんですよね。

「私はあなたと出会ってから2年半だけど、その間あなたには次から次へと問題が起こっているように見える。(そして、過去の問題を一つずつ列挙)そしてまた新しい問題がきてる。私は自分が出したエネルギーが最終的に自

もっとみる
嬉しいです〜!
7

摂食障害

完治はしていませんが、昔より吐かなくなったし、「食べたい食べたい→食べたら吐かなくては」と言う強迫観念もかなりなくなってきました。
違う観点から、自分を少しずつ認めていける様になったからかもしれません。
丸いより細いが良いとは未だに思うし、太るとこのままではいけないと怖くなる時もあります。
摂食障害はない方が良い。治した方が良い。
そこは軸にありますが、これからはそれすらとらわれないで生きていきた

もっとみる

たいしたことない自分をまるごと受け入れている人ほど強い

「自分、たいしたことないから」と受け入れている人が、実は最強なんじゃないかと思っています。

ことばの雰囲気をそのまま取ると「諦め」とか「やる気がない」とか判断されることも多いですが、土台の、芯の部分が強い。

「たいしたことのない自分」を真に受け入れているとは、世の中が自分中心で回っているわけではないことに気づいていて、支え、支えられていることに感謝の気持ちがある状態なのだと思います。

それは

もっとみる
嬉しいなあ!ハッピー♡!!
8

自分を責めるのではなく、受け入れながら変わっていく

現時点で皆さんの多くも何かしらの目標に向かって努力をされているのではないかと思うのですが、私が思うに日本人は何か物事が上手くいかなかったり、なかなか思い通りに物事が運ばなかったりすると過剰に自分のことを責めてしまう方が多いのではないかと思うのですね。

例えば「なんで俺はこんなことができないんだ!」というふうに自らの能力のなさを責めたり、「なんで私はこんなにも努力が続かないんだ!」というふうに自ら

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!