「憧れ」に隠れ 忘れかけていた「全部ある私」

胸騒ぎと不快な声で目が覚めた深夜3時過ぎ。

映画を見ていたはずの主人はリビングにいない。

もちろん、寝室にもいない・・・

え・・・?

とりあえず

トイレに向かおうとすると、

彼はトイレの前で立ちすくんでいた。

そしてフラフラとその場に座り込み、しばらく動けなかった。

びっくりした。

結局、

脱水症状か熱中症だったようで

寝て起きたら回復してたから一安心なんだけど

「朝目覚め

もっとみる
この記事がスキだなんていい目をお持ちですw
2

自分の好きなところ100

最近、自分で課題を決めてそれに取り組むことにハマっている。
それっぽく言えば、ミッションを考え、それを遂行、その後リフレクションをする。というのがマイブーム。

今回は自分で自分の好きなところを100個書き出すことに挑戦してみた。

100なんて本当に思いつくのか疑問だったが、やった後の達成感だけを味わいたくて書き始めた。

気付き

最初に書いていたのは、人から言われた自分の良いところ。

向上

もっとみる
素敵な日になりますように*
6

自分の世界からお出かけし、楽しむ。人付き合いの抵抗を減らすSNS

こんにちは、TO-JIBAのひろみです。
今日は、”人付き合いに苦手意識がある” ”思っていることを言えなくてつらい””そんな方に向けて。

空気を読んでしまって、自分の意見が言えない。
気を使いすぎて、話すことに疲れてしまう。
心を許した人としか、リラックスして話すことができない。

自然なあなたのまま、周囲とゆるやかに繋がる方法をSNSという視点からお伝えします。

脳内ひきこもり

かつて、

もっとみる
とってもうれしい。ありがとう。
2

ONとOFF

バランスが大切ということと同時に、ONとOFFのスイッチもとても重要だと氣づいた

私は、できないタイプだったなぁしなければ、やらなければ、って、、、。楽しむどころか、追い込んでたんだ。オフのリラックスで、止まった時間があると、オンになったやる気スイッチは、メリハリが出来てるから、集中力も行動力もクリアで、キレが良いよね。

と同時に、アイデアがポーンッと浮かんだ🎶

なのに……

いざパソコン

もっとみる
私も幸せ💓あなたも幸せ💓ありがとうございます❤️
1

そこに愛はあるのか

自分が偽物のような作り物のような

そんな感じがして

どんな言葉を使って話しても、どれもこれも嘘っぽく

ヘラヘラとニタニタとペコペコで長い年月かけて出来上がった能面を被って

私は私ではないんです

私はこんなんじゃないんです

と叫び出したいのに面を取る勇気などなく

ただ私を生きる

という事から逃げ続けてきた

けれど

大義名分などない、ただ私は私を感じて歩いてみたいじゃないか

自分

もっとみる

きっと

何でも上手くいく人生じゃ

退屈すぎて

生きてる意味を見失う

沢山の障害や制約があって

先が全く見えなくて

その中で上手くいく方法を

悩んで苦しんで見つけ出していく

それが人生の醍醐味なんだ

だから

出来るだけハードモードの方が

人生は楽しい

梨々香

ありがとう(^^)あなたとのご縁に感謝!
13

映画「あん」

以前から鑑賞したい映画の一つでした。

なんと言えば良いのか、主人公を演じる永瀬さんのあまりに自然な演技、希林さんのあどねなく純朴な感じ。

そして、街の木々や桜、太陽の光など、観てるだけで、吹いている風まで感じることが出来るような、そんな作品でした。

演技にも間があり、登場人物たちの我慢強さが感じられて、言葉で説明するより、余計に切なくなりました。

生きている度、自分では悪いつもりではない事
もっとみる

自己肯定感が低すぎるまま30年以上生きてしまっているということ。

自己肯定感が低すぎてしんどい。

私は自己肯定感がとんでもなく低い自覚があり、様々な過去のトラウマもあいまって誰かと親密な関係を築くことが難しいと感じている。
(一方的に、私が親密にならないように距離を置いている部分があるのは事実だ。)

自己肯定感にも波があって、それが1番下の時の思考回路は堂々巡りもいいところだ。

例えば、
このままずっとひとりで生きていくだろうし、結婚も出産もしないのであれ

もっとみる

魂のパズルが繋がりはじめた。

自分のうちから、湧き上がってくるもの。

いつからだろう。

なにげない日常のなかに「愛」をみつけたとき、

心が振動して、魂からの涙があふれるようになった。

自分でも不思議なほど、純粋で透明な涙。

自分の感受性の豊かさに気づいて、

いままで、すべてのひとが同じように(多少の違いはあるにせよ)感じたり受け止めるものだと思っていたことが、

実は、私オリジナルのとくべつな贈り物で

たいせつに

もっとみる