育てにくい子

暴れん坊息子へ 鉄とカルシウム

暴れん坊息子へ 鉄とカルシウム

マイスイートボーイは「落ち着きない」「動き回る」「癇癪する」のいわゆる「育てにくい」系子どもであった。 買い物も外食もムリ!散歩だって一時期はハーネス使ってた。(義母に「犬みたーい」って言われて心折れたなぁ…) 幼稚園でやってるサークル活動に参加しても、集団行動はできないし、興味のないことには全く見向きもしない、切り替えができない、どっか行っちゃうで、悲しい気持ちになりながらも、友達と遊びたい!という息子のために毎回参加して、その晩は泣いて…というのを繰り返してた…😢

スキ
1
私は幼かった長男によくこう言いました

私は幼かった長男によくこう言いました

”自分を大切にしなさい。自分を大事にしない人に他人を大事にすることはできないから” これは幼いころの長男に私がよく言った言葉です。ほかの2人の子どもにはなぜか言った覚えはありません。ただ彼だけによく言いました。 以前noteにも書きましたが、彼はおそらく典型的なHSC (The Highly Sensitive Child)でした。 感受性がとても強く、人に起こったことを自分に起こったことのように受け止める側面もありました。 そんな彼に何がきっかけで「他人を大事にしたい

スキ
9
「育てにくい子は、長い目で見れば、心配のない子です」

「育てにくい子は、長い目で見れば、心配のない子です」

というのは、 「ひといちばい敏感な子(The Highly Sensitive Child)」 (エレイン・N・アーロン著/青春出版社) に出てくる一節だ。 長女が幼かったころ、 「この子は育てにくい」と夫の母から言われたことを 「はまざ長女と蘭の花」に書いた。 だがこの本の「HSCかどうかを知るためのチェックリスト」を見て、 長女以上に長男がHSC(=Highly Sensitive Child)の要件に 当てはまっていたと気がついた。 「すぐにびっくりする」 「服の

スキ
5
児童精神科医 佐々木正美さんのことば

児童精神科医 佐々木正美さんのことば

手がかかる子や、要求の多い子は蘭や菊の花なんですよ。手をかければ見事な大輪の花を咲かせます。

スキ
7
「繊細さん」の幸せになる方法16 心を向ける。愛を伝える。(小説)

「繊細さん」の幸せになる方法16 心を向ける。愛を伝える。(小説)

家に帰ると、龍之介が具合悪そうにしていた。熱はなく、痛いところがあるわけではないらしい。 聞いてもよく分からない。 幼稚園で何か言われたのか、お友達か先生か、それとも母に何か言われたのか、私が何かしたのか、よく分からない。 ただ、だらーんとしている。 ご飯も食べないし、何もせず、体に力が入っていない。 明らかに何かあるのだろう。言葉にならない思いがあるのだろう。 母は、大きな声で次から次へと話し続けている。「さっきまで普通に話していたんだよ!別に何もなかったし、今

スキ
6
はまざ長女と蘭の花

はまざ長女と蘭の花

あのとき、なぜ、義母はその言葉を繰り返したのだろう。 長女が2歳のころ、お盆に夫の実家に帰省したおりのこと。 少し物がわかるようになった長女のことを 義母が「この子は育てにくい」と何度か私に言った。 義母の真意はわからなかった。 長女には食物アレルギーがあり、そのころは卵と牛乳、大豆がダメだった。 加えて、私の知らないところで、義母を困らせていたのかもしれない。 なかなか笑わなかったり、こだわりが強かったり。 だが、私にとって長女は初めての子どもで、 ほかの子どものことは

スキ
5
内向型人間の時代

内向型人間の時代

スキ
6
12月31日(木) 夫婦喧嘩は、子どものことばかり

12月31日(木) 夫婦喧嘩は、子どものことばかり

【日記】 昨日、田舎から久美子が帰ってきた。手術は成功で予後もいいらしい。  大晦日の寝る前に1年の最後だからと、年越しうどんを食べながら我が家の1年を振り返った。「この1年よく喧嘩(私は議論だと思っているが…)したけど、子どものことばっかりだったな」と言うとのが互いの感想だった。  夫婦のもめ事は、どこの家庭でも子どものことが多いのだろうか。長く付き合った末の夫婦の共通話題は、子どものことだけしかないのだろうか…など思いながら寝た。来年も、子育てに最善を尽くそう。

スキ
14
発達障害という概念がある程度浸透している時代で良かった。
息子に母の全ての時間と愛を注ぎ、そして違和感。なぜうちの子はこんなに変わっている。時に投げ出したくなるまでのこの育てにくさ。障害があるのかないのか。
これを親の躾のせいと言われる時代だったらどれほど辛かったことだろう。

発達障害という概念がある程度浸透している時代で良かった。 息子に母の全ての時間と愛を注ぎ、そして違和感。なぜうちの子はこんなに変わっている。時に投げ出したくなるまでのこの育てにくさ。障害があるのかないのか。 これを親の躾のせいと言われる時代だったらどれほど辛かったことだろう。

スキ
14