のののんママ

発達障害のある小学生の娘2人の母です。日々のことを書きながら、『発達障害』という名称の認知だけではなく、その当事者と家族の生活や悩みや喜びをたくさんの方たちに知っていただけたらと思います。同じ悩みを持たれる方たちにも、共感や安心感をお届けできたらいいなと思います。

1ヶ月の頑張り

学校行きたくない次女ですが、支援の先生が登校できた日はカレンダーにシールを貼ってくださって、この6月は遅刻・早退しながらもお休みすることなく通えました。 このシ…

『たくさん』は無理!

『次にやらないといけないこと』『その次にやらないといけないこと』って感じに、情報を一時的に保ちながら操作する機能を『ワーキングメモリ』って呼ぶんだけど、作業記憶…

小中学生へのタブレットの配布〜こんな利用法してほしい〜

オンライン授業は発言率が高くなるとか、不登校の児童も参加できるとか、はたまたWi-Fi環境が家にあるかどうかで変わってしまうとか、親の管理が必要だとか、まあ色々意見…

家庭科の授業で『お片付けしましょう』って内容を2時間やってるんだけど、片付けたらいいこともあるけど、できない子にとっては『片付けできない子はダメな子』ってならないかな。衛生は大事だけど、ダメなところを強調されるような内容の授業に、「授業でこれやるのか…」って思った。複雑。

みんな『しんどい』の形は違うよね

今週、次女は頑張って毎日登校してます。素晴らしい頑張りぶり😭 朝から給食が終わるまで『いる』ことをルーチン作業化しようと、支援の先生と話し合って決めて決行。選択…

「こんな私でごめんなさい」って気持ち

今朝ニュースを見ていたら、『学校再開うつ』って話題をやってた。子どもたちが学校行きたくない!って例年よりなってるんだなぁと思いながら見てた。 大人も不安なんだか…