【書評】全国アホ・バカ分布考:松本修著

探偵ナイトスクープのディレクターである松本修氏の著書

「アホとバカの境界線がどこにあるか?調べて欲しい」という視聴者からの手紙をきっかけに全国のアホ・バカ表現の分布図を作成。

なんと方言の分布は京都を中心とした同心円状に広がっていることから、京都発祥の流行語が少しずつ同心円状に広まっていったという画期的な結論に達する。

特に東北の「ホンズナス」や沖縄の「フリムン」の所は感動的である。

また

もっとみる
ありがとうございます!

インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第199号公開中です!!
https://note.com/fuu_natu/n/n57ff06352c99
【映画の風景 日本の風景】『海賊とよばれた男』【BS・CS】『居眠り磐音』『屍人荘の殺人』【名作紹介】『博士の異常な愛情…』よろしくです!m(_ _)m

感謝!感謝!!
2

「 天皇家のルーツは韓国にある 」⁉️🐧⁉️

・・・・さん、こんばんは。ご紹介いただいた動画拝見しました。こちらこそありがとうございます。百田尚樹氏も同様な事を言われていたのですね。
大正時代の方は、戦中も戦後も、日本の為に命を削られた偉大な世代なんですね…。この動画と百田尚樹氏の動画を、知り合いはもとより…拡散します。
大正生まれと言うと、自分の祖母と、祖母の弟さんも大正生まれです。。。。。。「南方」と言うだけで、何処で戦死されたのかも知り

もっとみる
🎂ありがとうございま〜す🍜 🎶🐧
11

夢を売る男 百田尚樹

こんばんは、まっすーです。

今日は百田さんの「夢を売る男」の本を紹介したいと思います。
この本をオススメするポイントを1つに絞るとすると、交渉術ついてイメージできるところではないかと思っています。
今日は
「具体的な交渉術を知りたい!」
という方に必見の本をご紹介します。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

『夢を

もっとみる
励みになります!!
3

インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第199号公開中です!!
https://note.com/fuu_natu/n/n57ff06352c99
【映画の風景 日本の風景】『海賊とよばれた男』【BS・CS】『居眠り磐音』『屍人荘の殺人』【名作紹介】『博士の異常な愛情…』よろしくです!m(_ _)m

うれしいっす!!
1

読書メモNo.8「野良犬の値段/百田尚樹」

いやー
面白かった。この一言に尽きる。グイグイ引き込まれるミステリー。今年初ミステリーなのでそれが影響している可能性もありますが🥰今年読んだ本の中でベスト3には入ります🥳

「野良犬=ホームレス」
「値段=身代金」

誘拐されたホームレス。
報道各社に身代金を要求する誘拐犯。

赤の他人。なんなら軽んじて見られているホームレス。彼らのために無関係な報道各社は数億の身代金を払うのか⁉️

SNS

もっとみる
ありがとうございます😍
4

百田尚樹先生が語る。 慰安婦捏造記事の朝日新聞記者が泣きわめく惨めな末路。

百田尚樹先生が語る。 慰安婦捏造記事の朝日新聞記者が泣きわめく惨めな末路。

自治通信の報道で慰安婦捏造記事の朝日新聞記者である在日朝鮮人の植村隆が慰安婦記事を捏造だと分限逡巡に言われ名誉を傷付けられたと泣きわめき損害賠償を求めたが最高裁を退けられた。
それにより朝日新聞はどう見るのか?
日本では直接行われていないが海外で続いている可能性が高い。
在日野党と在日マスゴミもまた慰安婦に対して日本人は
もっとみる

ありがとうございます。

「夢を売る男」百田尚樹氏(読書感想文)(*ネタばれ注意)

「夢を売る男」と言う本、
つらかった(笑)。

2020年1月に読んでいる。

自費出版に関する本なのだけど、
私が勧められた手口、
私の心理状況が
そのまま描かれている。

しかも、
小説が書きたいなどと
いう人種の自尊心の滑稽さが
イタイ。

それを利用した業者に
まんまとハマって
倒産するから自分の出版本を買え、
と言われて
何十冊か買ったのも同じ。

それって、自分で
お金払って作った本を

もっとみる
うれしいです!ありがとうござます by 弘せりえ
38

インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第199号公開中です!!
https://note.com/fuu_natu/n/n57ff06352c99
【映画の風景 日本の風景】『海賊とよばれた男』【BS・CS】『居眠り磐音』『屍人荘の殺人』【名作紹介】『博士の異常な愛情…』よろしくです!m(_ _)m

ありがとうございます!
1

カエルの楽園2020

コロナ禍の人類が上手にカエルに例えられてる。

作者も言ってるけどカエルとしてみるとおかしなことをしているなぁという気持ちに不思議となる。

色々な固有名詞が出てくるのを、これは現実ではなんのことだろうと考えて読むのがおすすめ。