生態系サービス

おきつね様のなぞ

夏の北海道をクルマで走っていると、本当になんでここまで痩せて生きていられるの?というくらいカリカリに痩せたキタキツネをよく見かける。たくましいなあ、と感心する。ついこの間まで、本州でもキツネはとても身近な野生動物だった。

稲荷神社に行くとこのような「おきつね様」が迎えてくれる。

どうして稲荷神社におきつね様?こんな疑問を抱く人は多い。稲荷神社は農業の神様を祭っていて、キツネは神様の使い、という

もっとみる

エコロジカルな農畜水産と食を、日本から。〜日本発の認証の可能性〜

資源循環的な農畜水産/食料産業ってのはこうだ!これが持続的な産地と流通のデザインだ!って認証はなにより大事だぞ。日本から作れるんじゃないのかい、これ。

環境保全型農業とか、エコファーマーとかもあるにはあるんだけどさ…うーむ。(農水省の皆様すみません…色々とご検討されていることは知っております。。)
https://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/hozen_type

もっとみる
スキ、ありがとうございます!フォローもお待ちしております!
3

過小評価されている生物多様性の喪失問題

環境問題への意識は多くの人が少なからず持っていると思いますが、環境問題と一言にいっても、地球温暖化、海洋汚染、大気汚染、森林破壊など様々なものがその一語に含まれています。

様々な環境問題がある中で、昨今はとりわけ気候変動・地球温暖化に注目が集まっている印象があります。

株式市場では、クリーンエネルギーやEV関連の株(プラグパワー、テスラなど)が投資家の人気を集めているのを目にします。債権市場で

もっとみる

生物多様性は、地域を選ぶ「新しい時代の選挙」になる。

今日はある委員会だったのだけど。
生物多様性は、やはり都市部より、海や山や川、野辺や湿地、あるいは田畑など、直接かつ大きなインパクトがあるところから考えるべきでさ。つまり、生産者や農山漁村に暮らす人が"最前線"の守り人、なんだよね。

「社会全体で生物多様性に取り組もう」っていうのは、ほぼ「生物多様性に取り組む生産者や地域の担い手に対して、社会全体がどうコミット(約束)するか」という問いに集約され

もっとみる
スキ、ありがとうございます!フォローもお待ちしております!
18

次の10年に向けて「プラネタリー・グッド」を提唱する理由。

プラネタリー・グッド(Planetary Good) #プラネタリーグッド #PlanetaryGood

って、聞き慣れない言葉だと思います。

そりゃそうです、私達が最近になって造語したもので、今のところgoogle大先生で検索かけても、弊社サイトと私のコメントくらいしかヒットしない、産まれたてのマイナーな言葉ですから。

私達はこの『プラネタリー・グッド』を、これまでの10年の中心的な

もっとみる
スキ、ありがとうございます!フォローもお待ちしております!
46

わたし的動物愛護論。

"生態系サービスって言葉、あんまり好きじゃないんだよね。"
高校の生物の授業で先生が言った。

※生態系サービス
人類が生態系から得ている利益。淡水・食料・燃料などの供給サービス、気候・大気成分・生物数などの調整サービス、精神的充足やレクリエーション機会の提供などの文化的サービス、酸素の生成・土壌形成・栄養や水の循環などの基盤サービスがある。生態系サービスは生物多様性によって支えられている。(コト

もっとみる
読んでくれてありがとうございます!
4

宮城県白石市の里地

宮城県白石市の里地の紹介です。この地域の生物相は、林縁性や水田や河川に依存した種が優占しているのが特徴です。河川と河畔、川と森の生態系が、相乗的に生き物の豊かさを高め合い、かけがえのない生物多様性を形作っていることが、科学的な分析結果から明らかになっています。

ありがとう! 生物多様性の保全を皆で考えていきたいです!
2

岩手県西和賀町 錦秋湖の里地

この動画は、岩手県 錦秋湖の周辺の里地の紹介です。

美しい紅葉は、生態系の種類と樹木の種類や機能の豊かさ、人と森の共生のあかしで、かけがえのない価値を持っていることが、科学的な分析結果から明らかになっています。

日本の生物多様性地図
https://biodiversity-map.thinknature-japan.com

岩手の生物多様性:地域戦略・保全利用を考える
https://no
もっとみる

生物多様性に興味を持ってくれてありがとうございます!

山形県鶴岡市小岩川の里地

この動画は、山形県鶴岡市の小岩川の里地の紹介です。地域の普通な風景が、かけがえのない価値を持っている。。。

ありがとう! 生物多様性の保全を皆で考えていきたいです!
2

ここがヘンだよ、サステナブル。(サーキュラーとかリジェネラティブとかの単語が踊り狂う2020年の雑感と記録。)

サーキュラーやサステナブル、リジェネラティブなどの単語が踊り狂っていることへの違和感。と、少しの憤り。

最たるものは、
リゾート開発された宿泊施設に行き(?)、
身体を開き(??)、自然を感じ(???)、
生命の摂理を理解し(????)、
サステナブルでリジェネラテブな(?????)
リーダーシップを考える(!??????)
…などと謳うプログラム。

こういうの、あまりにヒドすぎるだろ。

もっとみる
スキ、ありがとうございます!フォローもお待ちしております!
35