緑の地球ネットワーク

認定NPO法人緑の地球ネットワークは1992年から中国黄土高原で緑化協力活動をおこなっています。国内では自然や環境をテーマにした野外活動やオンライン勉強会などを主催しています。ここはメルマガ『緑の地球マガジン』のアーカイブです。 https://gen-tree.org/

緑の地球ネットワーク

認定NPO法人緑の地球ネットワークは1992年から中国黄土高原で緑化協力活動をおこなっています。国内では自然や環境をテーマにした野外活動やオンライン勉強会などを主催しています。ここはメルマガ『緑の地球マガジン』のアーカイブです。 https://gen-tree.org/

    マガジン

    • 環境と平和 by 小倉亜紗美

      書き手:小倉亜紗美(GEN世話人、呉工業高等専門学校准教授) 黄土高原に行ったことがない世話人の一人。環境や平和に関することを紹介しています。

    • SDGs再考:緑化の周りに目を向けたとき by 原裕太

      書き手:原裕太(GEN世話人、東北大学助教) 黄土高原をはじめ各地のフィールドで人と自然の関わりに注目している若手地理学者。 東北大学で国際防災の最前線に関わりつつ、東京大学のSDGs・教養教育にも参画中。 緑化の周りで関連して存在する色々なもの・ことに焦点を当ててお話します。

    • お茶の間直送便・新鮮/新鮮だった環境科学ネタ by 藤沼潤一

      書き手:藤沼潤一(タルトゥ大学(エストニア)マクロ生態学グループ研究員 兼GEN世話人)趣味から専門まで全てにわたってとても散漫な研究者。広く浅く、細く長く、いつの日か、途切れ途切れのパズルが一つの絵として完結するんだ、と信じながらもそろそろ限界を感じ始めている40代。自然環境科学の世界の時事ネタをお茶の間へお届け♪ 鮮度も気にします。

    • 黄土高原だより by 高見邦雄

      書き手:高見邦雄(GEN副代表) 中国黄土高原と日本を往復しながら、国際緑化協力のつれづれをつづります。

    • 黄土高原に生きた人々の歴史物語 by 村松弘一

      書き手:村松弘一(GEN世話人)黄土高原をはじめて訪れて30年、その魅力に“ハマった”歴史学者です。 古代から現代まで行ったり来たり、黄土高原の環境と人々の歴史を気ままに語ります。

    最近の記事

    • 固定された記事

    緑の地球ネットワーク(GEN)の紹介

    初めまして。緑の地球ネットワーク(GEN)です。 緑化、環境、国際協力を主なテーマに、1992年から活動を続けているNPOです。 中国黄土高原での緑化協力は30年の実績があります。山西省大同市、河北省張家口市蔚県で植樹してきた本数は1900万本を超え、面積は山手線の内側、大阪環状線のふたつ分に迫ります。協力活動開始当時は貧しかった中国も、いまや日本を追い越す経済大国となりました。しかし、細々と続けてきた民間の国際協力をこの状況下でやめるわけにはいかないと、援助ではなく対等なパ

    スキ
    2
      • 生物多様性と私たちの暮らし by 小倉亜紗美(GEN世話人、呉工業高等専門学校准教授)

         ====================== 生物多様性と私たちの暮らしにどんな関係があるのか?なかなか難しい言葉なのでイメージしにくいかもしれません。でも新型コロナウイルスの感染拡大も生物多様性の低下が関係していると指摘されています。では、生物多様性を守るために私たちに何が出来るのか考えたいと思います。 ======================  呉工業高等専門学校の小倉亜紗美です。 私の前回のエッセイではGENの平和への貢献について書きました。 今回はGENの活動

        • 「World BOSAI Forum」裏側第2弾―そして防災とSDGsの関係は? by 原裕太(GEN世話人、東北大学助教)

          ====================== 今回は、前回に続いて来年3月に開催される東北発の市民参加型・防災国際会議「World BOSAI Forum 2023」の準備の続報をお知らせしつつ、さらにSDGsと防災の関係性も簡単に解説します。 ======================  皆さん、こんにちは。GEN世話人の原裕太です。約2か月ぶりの登場です。前回のコラム、読んで頂けましたか? 前回は来年3月に開催される「World BOSAI Forum 2023」のセ

          スキ
          3
          • 森林再生で利用可能な水資源は 減る or 増える?(1/2) by 藤沼潤一(タルトゥ大学(エストニア)研究員、GEN世話人)

            ====================== 水をたくさん吸って育つ森は、人が使える分の水を減らしてしまう? 雨が少なく水が貴重な地域においては深刻な問題? 最近、この問題に地球規模で取り組んだ論文が発表されたので、わかりやすく解説してみます! ======================  「自然はいろいろな恩恵をもたらす」ことは何度となく耳にし、当たり前のように納得しているかと思います。が、実際にどんな恩恵がどれほどもたらされているのか考えたことはありますか?今回~次回

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 環境と平和 by 小倉亜紗美
            緑の地球ネットワーク
          • SDGs再考:緑化の周りに目を向けたとき by 原裕太
            緑の地球ネットワーク
          • お茶の間直送便・新鮮/新鮮だった環境科学ネタ by 藤沼潤一
            緑の地球ネットワーク
          • 黄土高原だより by 高見邦雄
            緑の地球ネットワーク
          • 黄土高原に生きた人々の歴史物語 by 村松弘一
            緑の地球ネットワーク
          • 森と人とビジネスと by 長坂健司
            緑の地球ネットワーク

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            マガジン一覧

            このnoteでは現在7つのマガジンを出しています。 マガジンとその書き手の紹介一覧です。   植物についての雑エッセイ 書き手:前中久行(GEN代表) 舞台は、中国黄土高原、日本列島の西半分。人里、農地、草地、庭、荒地など人間の影響下。脱線もします。   黄土高原だより 書き手:高見邦雄(GEN副代表) 中国黄土高原と日本を往復しながら、国際緑化協力のつれづれをつづります。   黄土高原に生きた人々の歴史物語 書き手:村松弘一(GEN世話人) 黄土高原をはじめて訪

            スキ
            2

            人は変わるもの、人と人との関係も変わるもの by 高見邦雄(GEN副代表)

            ======================  黄土高原での緑化協力事業のなかで、私たちは緑の絵を地面に書いてきましたが、それと同時に人と人との関係を変えてきました。それができたので、植えた木が根付いたともいえるでしょう。 ======================  あえて名をだしませんけど、大同のカウンターパートの中心の一人が私に、「日本との協力事業を担当することになったとき、いやでいやでたまらなかった」と話しました。理由は「歴史問題」です。といっても私よりずっと若いの

            スキ
            1

            黄土高原を歩いた人々~百年前の中国調査旅行記から by 村松弘一(GEN世話人)

            ================  黄土高原に生きた人々の歴史物語。今回は百年前、黄土高原を旅した日本人学生の旅行記から。沙漠を越え、黄河を下り、ヤオトンを見て、排日運動に直面。どこか現代にも通じる1世紀前の「黄土高原だより」のお話です。 ================  この夏、ある大学の集中講義で東亜同文書院中国調査旅行記という資料を輪読しました。東亜同文書院は1901年から1945年まで上海にあった日本人の学校で、学生たちは毎年5・6人一組で中国大陸をめぐる調査旅行を

            スキ
            2

            森と人とビジネスと(2):木材のカスケード利用 by 長坂健司(GEN事務局)

            ====================== GENの活動は、森と人と共にありました。近年ではSDGsの達成に向け、森に注目する企業が増えてきています。私の担当分では、森と人とビジネスの関係について考えてみます。 ======================  気候変動対策として、世界各地でエネルギー源の転換が行われています。例えば、発電用の燃料として一般的だった石炭、石油、天然ガス、原子力から、再生可能な風力、波力、地熱、太陽光、バイオマスに変えていこうとするものです。エ

            スキ
            4

            ざっくり「i-Tree」~11月のGENなんでも勉強会オンラインへのお誘い~

             緑の地球ネットワークは、現場での活動を大切にしてきました。 ところが、2020年からの新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響で、現場での作業ができなくなってしまいました。そのため、オンラインでできる活動を続けてきましたが、最近は、ようやく、外で実際に活動できるようになってきました。  i-Treeは、都市の街路樹がどれだけ地球環境に役立っているのかを試算するしくみです。屋外で、街路樹のデータ測定を行った結果を基に、その地域に街路樹が存在することによる二酸化炭素の吸収効果、大

            スキ
            6

            「World BOSAI Forum 2023」裏側ご紹介(#01)by 原裕太(GEN世話人、東北大学助教)

            ====================== 自然は私たちに恵みを与えてくれるとともに脅威にもなります。これからの防災・減災はどうあるべきか?来年3月に開催される東北発の防災国際会議のメインセッション責任者が準備の様子を特別にご紹介します。 ======================  皆さまこんにちは、世話人で東北大学災害科学国際研究所の原です。2022年7月の会報では記念講演「地域の多様性から考えるSDGs・ポストSDGs時代の環境共生」の要旨を掲載させて頂きました。ご

            スキ
            4

            沙棘(サージ) by 高見邦雄(GEN副代表)

            ======================  人手をかけて植えるのも必要ですけど、できることなら自然の力で広がってほしいものです。そのような可能性をもつのが今回の沙棘(サージ)です。 ======================  張家口市蔚県での緑化協力、来年、なにを植えるか相談中ですが、現地から「沙棘(サージ)を植えたい」と言ってきました。うわー、なつかしい!  グミ科の樹木で、学名はHippophae rhamnoides subsp. sinensis。幅広い環境

            スキ
            2

            紛争による地球環境への負荷 by 藤沼潤一

            ====================== 今年は地球環境に関わる色々なニュースの前後で、黒煙を上げる紛争地の映像も毎日届きます。気候変動や環境保全に対する様々な努力が、紛争によって全てキャンセルされているのでは?という疑問… ======================  今年は毎日のように、弾薬庫や石油備蓄庫、パイプラインが着火して黒煙を噴き上げる動画を目にします。紛争のもたらす直接的な破壊と、社会経済活動を介した間接的な影響によって、地球環境は様々な様式と規模の環境負

            スキ
            5

            黄土高原の歴史と今①~蔚県と馬と飛狐峪と by 村松弘一

            ====================== 「黄土高原の歴史と今」をテーマにGENの30年間の 黄土高原での活動は地球環境史のなかでどう位置づけられるか わかりやすく書いていきます。その第1回です。 ======================  みなさん、こんにちは。世話人の村松弘一です。今月から2ヶ月に1回程度、このメルマガに寄稿させていただきます。事務局から私に与えられたテーマは「黄土高原の歴史と今」です。GENの30年間の黄土高原での活動は地球環境史のなかでどう位置

            スキ
            4

            GENの平和への貢献 by 小倉亜紗美(GEN世話人、呉工業高等専門学校准教授)

            ====================== 平和な社会の構築には、国際理解を深めることが重要です。 緑の地球ネットワーク(GEN)のスタディーツアーは、参加者と現地の方との交流を通じて相互理解を深めるという意味で、平和な社会の構築にも貢献しているのではないでしょうか。 ====================== 今年から世話人に就任させて頂いた小倉亜紗美です。 私は、黄土高原に行ったことがない数少ない世話人の一人です。 その未経験であるということを生かして、昨年12月か

            スキ
            2

            得ることと失うこと by 高見邦雄(GEN副代表)

            ===============  私が大同の農村で感じたのは懐かしさでした。そして、農村のこどもたちにかつての自分を重ね合わせました。それが小学校付属果樹園の計画に結びついたりもするんですけど、今回はちょっと別の角度から。 ===============  1992年から3年つづけて、日本人としては私一人で、秋に2か月余り大同の農村を回りました。そんな話をすると、たいへんだったでしょう、苦労をされて、といった反応が返ってきます。 いまと違ってインターネットも携帯電話もないので

            スキ
            1

            1994年大同はじめての農村部 by 前中久行(GEN代表)

            ================= 前回の第006号に続いて初期の大同の印象です。高見邦雄さんから現地をみて緑化の技術的アドバイスが欲しいと依頼がありました。農村部をまわり実際に黄土と“対面”しました。水がなければ当然緑化はできませんが、黄土は水があればあったで別の問題がおきる難しい土だと実感しました。 =================  8月に、立花吉茂先生、遠田宏先生とともに大同を訪れました。  大同では作物は内蒙古とくらべるとよく生育していました。僅かながらも雨量が多

            スキ
            4