人気の記事一覧

ミセスは名誉白人気取りの差別主義者か?

¥300
1か月前

白饅頭日誌:6月17日「征服者気取りが大騒ぎ」

1か月前

「密林の聖者」シュバイツァーはどう評価されてきたか④-シュバイツァーへの評価について(宗教学者らによる肯定的評価 後編)-

徐京植「母語という暴力―尹東柱を手がかりに考える」

5か月前

使わない言葉に表れたのは、私のキモい自意識だった

1か月前

徐京植「和解という名の暴力 ─ 朴裕河『和解のために』批判」

4か月前

「密林の聖者」とはどの視点によるものか③-日本人のシュバイツァー観への疑問-

「密林の聖者」とはどの視点によるものか①-日本人のシュバイツァー観への疑問-

「密林の聖者」とはどの視点によるものか②-日本人のシュバイツァー観への疑問-

ベトナム革命志士 潘佩珠(ファン・ボイ・チャウ)自伝『自判』- 期限付きnote公開

12日前

言葉(情報)が生活実感を蝕んでいること。もしも世間話ができなくなったなら、おしまいなのに。

1か月前

白饅頭日誌:5月20日「今日における『ポリコレ/反ポリコレ』とは何か?」

1年前

【フェミニズム試練の2023年】本来の女性解放運動取り戻すとき/菊地 夏野

6か月前

【ブラジルのスラム】じゃまなら消される日常はここだけじゃない

大正13(1924)年、星製薬・星一(ほし はじめ)社長の選挙活動

2週間前

何を書き、何を書くべきでないか【ハイダグワイ移住週報#23】

中村光夫、あるいはわが青春に悔なし(6)(2005)

1か月前

ボルドー

ベトナム革命志士 潘佩珠(ファン・ボイ・チャウ)自伝『自判』⑪『年表・第三期(1905年~)・孫中山(孫文)氏との面会/クオン・デ候の出洋/「海外血書」』

2日前

ベトナム革命志士 潘佩珠(ファン・ボイ・チャウ)自伝『自判』⑫『年表・第三期(1905年~)・ベトナム再帰国/日本・東京へ/西湖(タイ・ホー)翁と≪排君説≫』

1日前