夏休みに考える「当たり前」のトリセツ

「当たり前だろ!」って言われると、
(てか、全然当たり前なんかじゃねぇよ)
って思うくせに、自分も、
「当たり前だろ!」って言っちゃう習性がどっかにあって、
言われると自分は言わないぞって思ったり、
そのくせ言っちゃうから、言っちゃった後に反省したりする、
「当たり前」って言葉。

ワタシなりにはそんな付き合い方をしてきてます。

ワタシで言うと、
目の具合の問題で、いわゆる自分の中で、
当たり前

もっとみる
スキって、、嬉しいです。とても。
1

自分の中の原石

ジブリ映画、耳をすませばの中で、緑柱石(エメラルドの原石)のエピソードがある。

ざっくり言うと、西さん(天沢聖司おじいちゃん)が主人公の月島雫に緑柱石を見せながら、自分の中の原石を大切にしてください。という感じの話をするというエピソード。

それを思い出し、自分の中の原石は今どうなってるんだろうとふと考えてた。
考えてたと言いつつ、あまり深くは考えることはやめといた。
考えると自己嫌悪に陥りそう

もっとみる
感謝感激です!
1

映画『もののけ姫』(1997)の感想

スタジオジブリ作品、宮崎駿監督の『もののけ姫』を劇場で観てきた。

いやー、『風の谷のナウシカ』に引き続き、何も覚えていなかった。しかし、ナウシカを鑑賞したあとなので、セル画がものすごく美しくなったように感じられた。

公開当時の私は、宮崎駿は一体何が言いたいのか、と憤っていた記憶がある。どちらつかずの結論(結末)に失望したのだと思うが、改めて見て、一刀両断な結末にしようがない、と思った。昔の自分

もっとみる
ありがとうございます!頑張ります!
9

映画「風の谷のナウシカ」

先日「明日に向かって撃て!」
って映画を観て、、

ん、観て。

や、観てたら、

あ、これ前に観たことある。

ってことに気づいて、映画の主人公2人と自分が重なって
人ってアホだな。
てか、アホで良いか。
なんならアホで悪いか。
だいたいアホなんだよ。
って感覚を満たしてくれて良かったんです。

で、
今回TSUTAYAで手にしたのが、
「風の谷のナウシカ」
スタジオジブリ、宮崎駿さんの名作中の

もっとみる
スキって、、嬉しいです。とても。
2

魅力的な悪役を3人選ぼう! 第2回(全3回)

こんにちは、井形宵也(いがた よいなり)です。

前回のジョーカー(from バットマン)に続き、
今回ご紹介するのはこのお方です。

エボシ御前(from もののけ姫)

分かる! と思ったお方。
気が合いそうですね。

「一生に一度は、映画館でジブリを。」

ジブリファンとして長い間待ち望んでいた企画でした。

最近「もののけ姫」を映画館で観られた方も多いのではないでしょうか。
今回、ぼくも観

もっとみる
スキありがとうございます!引き続き気にかけてもらえると嬉しいです!
15

ナウシカ化する世界と『片隅』

8月は『この世界の片隅に』の季節。テレビ放映されました。この映画は予算の関係で、一部脚本がカットされてしまいました。

このほど、完全版(『さらにいくつもの』)も公開されましたが、ほとんど別作品となったことに驚きました。

『さらにいくつもの』も傑作ですが、この最初の作品は、別の魅力があります。

今回は、『この世界の片隅で』の構造を研究した上で、宮崎監督の世界(ナウシカ化する世界)と比べてみたい

もっとみる
ありがとうございます
6

映画『風の谷のナウシカ』(1984)の感想

宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』をはじめて劇場で見てきた。

幼少時にVHSで繰り返し見てきたはずなのに、ストーリーを全然覚えていなかった自分に苦笑してしまった。そういえば、ナウシカって途中で寝てしまっていたような気もする。つまらないのではなく、子どもが安らぐ映画という意味である。

はっきり覚えていたのは、冒頭とエンディングのみである。

なので、ナウシカとは、無垢な女性(少女)というイメージで

もっとみる
ありがとうございます!頑張ります!
6

風立ちぬ

鑑賞時の感想ツイートはこちら。

2013年のスタジオジブリ作品。零戦(零式艦上戦闘機)の設計者として知られる堀越二郎の半生をモチーフに、彼が幼い頃から追い求めた「美しい飛行機を作りたい」という夢、大正時代の関東大震災や戦争、妻との出会いや結婚を描いています。

宮崎駿、最後の長編作品(公開当時)

本作の公開後、宮崎駿監督が長編映画の制作から引退すると発表し、話題になりましたね。

ただし、後に

もっとみる
明日もまた来てね♩
8

宮崎駿と半藤一利のおかげで

久々に見た圧倒的知性のぶつかり合い

 本日、宮崎駿と半藤一利の対談の番組をYouTubeで見た(あえて番組名は書きません)。以前も見たことがあり、パヤオマニアの僕はもちろん過去に何度も見ていた。そして本日、YouTubeのホーム画面に上がっていたので、久々に最後あたりを見た。

 いやあ、やっぱり凄い。2人の知性が。こんなふうに対談できる2人の人間ってなかなかいない。軽薄な現代人のままじゃ絶対に

もっとみる
ありがとう……(*´▽`*)
2