風呂上がりのほこほこ、ほこもりちゃん。ビールをちびちび飲みながら、まったりモード
https://music.apple.com/jp/album/%E4%B8%89%E6%97%A5%E6%9C%88/575523004?i=575523190

2月読書メモ/3月~読む筆者リスト

写真は、2月中にインプットしたい知識群を、紙の書籍でマインドマップ状に並べたもの。ここに電子書籍、Web記事を活用して肉付けする。

2月のキーワード 

#テクノロジー #地政学 #データ #循環型経済
#SDGs エス・ディー・ジーズ Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標

2月読書の考えたことメモ

カネ(お金)と経済

カネの絡まない経済ってあるか

もっとみる

英語ニュースリスニング勉強法

こんにちは、ジュネです。今日は、geopolitical risk についてお話します。今年に入って早々、イランでまさにgeopolitical risk が発生し、市場もリスク回避で反応しました。日本でも、地政学的リスクという言葉が少し流行りましたよね。ここ数年で流行りだしたのにもわけがあります。それは、世界の政治的パワーバランスの変化があったからです。

東西冷戦時代の世界は、資本主義の西側陣

もっとみる
スキありがとうございます!
2

2030年の世界地図帳

昨日に引き続き、読書noteを、書こうとしてますが、まだうまく落とし込めていないままのわたくしです。どうぞみなさまお許しください。

さて、少し前に落合陽一さんの2030年の世界地図帳を読みました。

落合陽一さんといえば、言わずと知れた、メディアクリエイター?いや、メディアアーティスト?というようなよくわからない役職なりを纏い活躍されている方ですが、少し前から、すごく興味がある人でした。

なの

もっとみる
フォローまでしてもらえると喜びます(^^)
6

最近読んだ本:ゲームAI、デフレーミング、バブル経済、非エリート英語学習

今回は、最近読んだ本をいくつか紹介しようと思います。5冊です。

まず始めは、ゲームAI開発者 三宅陽一郎さん とゲーム作家 山本貴光さんによる「高校生のためのゲームで考える人工知能」 です。

人工知能について勉強する時、ややもすると、機械学習・深層学習のトレンドや技術の奥深さに入り込んで、そもそもの人工知能の全体像というのを見失いがちです。そこで、自分の人工知能を作っていくことで人工知能につい

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
15

義務教育はいらないのか!?

義務教育と個性

義務教育は9年間コミュニティがおなじ。結果的に成果と弊害のバランスはいかなるものなのか。

【好例】

一定期間を同じメンバーと共有してこそ生まれるものや出来る事もある。共同作業で学ぶ事もある。一緒になにかを作る。失敗や成功、敗北や勝利。共有する他者が居て知る事がある。集団行動で培われるであろう日本社会の好例として思い付くのが例えば世界屈指の正確さを誇る交通網、電車の運行システム

もっとみる
ありがとうございます!中毒にお気をつけ下さい笑
3

中国海軍の進出について

中国海軍の進出が目覚しい。ここ数年であっという間だ。南シナ海あたりの領海権の主張はだいぶ強引ではあるが、さて、彼らは海に出てきて何を目指しているのだろうか?

まず、中国がランドパワー国家であることは間違いなかろう。万里の長城が示すごとく、歴史を通じて漢民族の敵は、大体北方から攻めてきていた。中国の北方、すなわち陸続き。中国が歴史的にランドパワーとして存在しているのは当然だ。とはいえ、中国が海へ進

もっとみる
謝謝ヾ(*´∀`*)ノ
2

地政学、流行りすぎじゃない?

ここ2〜3年、ずっと気になっていたんだけれども、最近いやに地政学本が目につく。約15年前、私が地政学を胸に、キラキラとした瞳でアメリカへ飛んで行った時は3冊くらいしかなかったと思う。せっかくだから、背表紙並べてみますね。実際のところはもうちょい出版されていたのかもしれないが、少なくとも、私の記憶にあるのはこの3冊。

その後、奥山さんが翻訳本を何冊か出してて、それでも年間数冊レベルだったと思うのだ

もっとみる
謝謝ヾ(*´∀`*)ノ
3

人口問題など本質的危機に警鐘を鳴らし、地域創生を訴える藻谷浩介さん

20年前から地域の人口減少によって必然的に起こる問題に警鐘を鳴らし続け、テレビ・新聞・講演会で訴え続ける藻谷浩介さんにお話をお伺いしました。

藻谷 浩介さんのプロフィール
活動地域:全国
出身:山口県周南市
経歴:1964年山口県生れ。平成大合併前の約3,200の市町村のすべて、海外109ヶ国を自費で訪問。地域特性を多面的に把握し、地域振興や人口問題、観光振興などにに関して精力的に研究・執筆・講

もっとみる
いつもありがとうございます!
72