目指せ3歳児の行動力

目指せ3歳児の行動力 皆さま突然ですが、3歳児を想像してください。 色々なところに興味関心が移り変わる。 好奇心旺盛で急に走りだして転けたりもする。 急に怪我をして、泣き出す。 などなど 親を困らせることばかりしてしまう。 でもどうだろう? 3歳児自身は やりたいことをやって生きている…

見えない壁

病院の話を少ししますー。 特に脳卒中とか高齢者の骨折の話 というかリハビリテーションの話。 僕、始めて障害をもった人としっかり話したのは 多分、臨床実習ていう専門学校の実習の時。 その時、感じた「諦める」と言う「当たり前」 それがずっと胸に残っている。 なんていうんかな。 「病気した…

脳卒中後のリハビリの問題点について

「人の限界や可能性は医学が決めることではない」 昨日、1年少し前に脳梗塞を起こした方が新規でお越しになられました。ぼくのところにも脳卒中の病院リハビリを終えて、もっとできることを増やしたいという方からご相談をいただくことが多いです。 色々なケースをみさせていただきましたが、個人的…

セラピストキャリア相談【今後のキャリア①】

最近、セラピストのキャリア相談をさせていただいており、重複する質問に関しては記事にしてみることにしました♪ 今回は「今後のキャリア」に関して簡単にお答えしていきます! *僕自身が経験したことですのであくまでも参考程度にしてください。 Q:今後年齢を重ねていく中で臨床を続けるのは身体…

セラピストキャリア相談【転職シリーズ】

最近、セラピストのキャリア相談をさせていただいており、重複する質問に関しては記事にしてみることにしました♪ 今回は「転職」に関して簡単にお答えしていきます! *僕自身が経験したことですのであくまでも参考程度にしてください。 Q:来年から新しい土地で転職活動します。     転職の際に…

”抵抗勢力との向き合い方”を読んでみた Vol.2

①抵抗を最小限にする方法(タイミング)上手く進行する会議や提案の方法は、一番良いタイミングですべきある。 これ本当にあるあるです。 例えば、当方はリハビリ科内も急性期、回復期、維持期を大きく分けて3つある。 それぞれ皆平等に忙しい時はない。 どこかが20単位診ていれば、どこかは15単位診…

リハビリテーション医療で起こるクレーム、トラブル、対立を解決する考え方と方法(Vol.…

①対象者様や上司、他部署との対立(クレーム)問題をどう解決?誰もがこの医療、介護分野に足を踏み入れ、働きだし、一度は直面する問題なのである。 ここではクレームではなく、意見の”対立”と考える。 それをどのように考え、対応していくか👇 そもそも我々は対立という問題が生じた際の解決策を…

リハビリテーション医療で起こるクレーム、トラブル、対立を解決する考え方と方法(Vol.…

①病院現場全体でよくある事例医療や介護の現場で起こり得る問題、いわゆるクレームは果たしてどのようなものがあるのだろうか? よく利用者様から聞くのは 「会計が遅い」 もうこれが一番。 自動会計システムが導入されてもまだこの問題は解決されない。 そもそも予約時間に診察が始まらない事も大き…

19.家探しのお手伝い

こんばんわ。 本日は回復期リハビリテーション病院での管理業務の中での一コマを綴ります。 脳卒中で入院されていると、元々住んでいた家に退院できない場合がまれにあります。 理由は複数ありますが、次のいずれかが多いような印象です。元々の仕事に戻れない状態となり、社宅や寮を出ないといけな…