只見線のあるまちにて2007夏-2009春



ある日、僕は自転車で只見線を追いかけることにしました。なぜなら、只見線の緑色を一目見たときから僕はその色に、なんとも言えない興奮を覚えてしまったからです・・・
2007年夏、僕は影と一緒に『只見線のあるまちにて』を開始する。

お盆だというのに・・・
ようやく梅雨もあけ、カレンダーの大きな数字が「7」から「8」へ変わると、僕は自転車に乗ってあちこちへ出かけるようになりました。初めのころといえば

もっとみる

『只見線=プロレス?!』立ち上がれ!秘境ローカル線!

新潟県魚沼市の「小出駅」と福島県「会津若松駅」を結ぶ「只見線」

日本有数の豪雪地帯を走り、2メートルを超える積雪になる年も珍しく無い。

冬だけではなく、春は残雪と新緑の山々、夏は青々とした山々、秋は真っ赤に紅葉した山々と、四季折々、違った風景が楽しめる。

過去には‥

○「紅葉の美しい鉄道路線ベストテン」 1位 (2008年 日経プラスワン何でもランキング)

○「好きなJRローカル線ランキ

もっとみる
ありがとうございます!フォローもお待ちしてまーす!
3

只見線のあるまちにて2009春-2010冬



「只見線のあるまち」といっても只見線がある(通る)まちなのか、只見線のとあるまちなのか自分の中でもいまだに決めないことにしています。また只見線だけを撮るのではなく、道端で出会ったきになるものを撮影してきました。そうして出来上がったフォトブック「只見線のあるまちにて」はフォトブック甲子園というコンテストで入賞しました。あれから十年経ちますが、あの時を超えるフォトブックができなくて困っています。そ

もっとみる

只見線の秘境駅で3時間待ちぼうけを喰らった話 前編

タイトルの通りです。

JR只見線とは福島県の会津若松駅と新潟県の小出駅を結ぶ、全国でも屈指の秘境ローカル線です。

2011年の豪雨災害以来一部区間が不通となっているうえ、列車の本数も少なくアクセスは不便。ですが、並行して流れる只見川に立ち込める川霧の中を列車が進む光景は幻想的で、風光明美な路線として有名です。

7月某日、筆者はこの只見川を渡る「霧幻峡の渡し」という渡し舟に乗るために、会津若松

もっとみる
よろこびの舞
2

2016.05.28〜29 只見線

遡ること2ヶ月前、自動車の免許を取った。初運転の機会を伺っていた矢先、只見線でSLが走ることを聞きつけた。只見線に行ってみるにはちょうどよい口実………ということで、東北線を南下して郡山で友人と合流、レンタカーを借り出して進路を西に取った。緊張の初運転、無事夜中には三島町の道の駅にたどり着いた。

2016.05.28 会津桧原〜会津西方
Nikon D7200 AF-S Nikkor 50mm f

もっとみる

霧幻 @只見線

さすがにこのご時世、用事がなければ人混みに入っていく気にはなれない。

と言っても元々ぶらっと出かける時は人混みは避けるから
いつも自然と山の中だったり人の少ない地方だったりするのだけれど。

出身は札幌で北海道でも一番の都会なんだけど
札幌市内でも小樽近くの外れの方だし
そもそもが北海道だしかなり自然に近い環境だったんだなって
横浜来てからいつも思う。

横浜は都会だしキラキラだし便利だし刺激的

もっとみる
めっちゃ嬉しいでーす٩(ˊᗜˋ*)و
14

只見線撮影ポイント、スケジュール紹介。(観光客向け)



昨年夏に只見線撮影ポイントを回った時のスケジュールを紹介します。各種サイトで只見線の撮影地の紹介はされてると思いますが、あくまで只見線初心者の観光客向けに、モデルコースとして、ルート及び時間、撮影ポイントを紹介したいと思います。あくまで昨年夏時点のダイヤなので、今年のダイヤと合致するかは不明です。また、基本車移動なので、公共交通機関は諦めてください。レンタカーを借りてくるのが吉。

1つ目。会

もっとみる