内向型を強みにする

自分の「得意」を見つけ合う呪文

自分の「得意」は、自分ではなかなかわからない。

たいして努力がいらないし、勘が働く。しかも、好きな事だから、自然と日々それに向ける注意も時間も多くなり、結果として磨かれていくからだ。

.......

つい先日、大学時代の友人に数年ぶりにようやく再会。
ランチしながら、数日前に引越しすることを決めたことや、引越しに至るまでのエピソード、こうした作業は苦手ながらも、夕方から内見に行くことをなにげ

もっとみる
Hope you enjoy my note page:)
3

おすすめ本 内向型人間のすごい力 レビュー

今回 紹介するのは
スーザンケインの
内向型のすごい力です。

スーザンケインと言えば
Tedのスピーチで 有名だろう。

私も お気に入り登録しているし

あのビル・ゲイツも
お気に入りにしている
スピーチである。

本書では 内向型の人間に
フォーカスをしていて
彼らの持っている能力が
いかに 過小評価されているかを
綴っている。

以下は 内向型人間の特徴である
当てはまる数が多ければ

もっとみる

【内向的な人に贈る心理学】内向型が仕事や恋愛を成功させる方法

内向的な人は「性格を変えたい」と思ったことが一度はありますよね。学校では他人と積極的にコミュニケーションをとり、クラスを盛り上げる人が人気者になります。しかし内向的な人は積極的に話すことが苦手です。

そのため「なんで自分は人気者になれないんだ」と劣等感を抱きやすくなります。しかし内向的な人にも素晴らしい特徴があるのです。

この特徴を活かすことによって、内向的な人でもリア充になれます。実際に自分

もっとみる

「私たちは、外向型の人間を理想とする価値観のなかで暮らしている」

■感想文『内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力』/著者・スーザン・ケインさん、翻訳・古草 秀子さん

なんとなく、生きにくい世の中だなあと思っていました。

TEDのプレゼンを見て以来、ずっと気になっていた著者の一冊です。最寄りの書店で品切れを繰り返していたため、立ち読みでなかなか中身を確認できず、長い間読めずにいた一冊でもあります。特に、アメリカ社会への洞察をもとにした、著者が言うところの

もっとみる
あなたのnote体験がもっと素敵になりますように♪
2

「内向型人間」という存在。

あまりに寝れなくて、こんな時間に更新。

もうそろそろ、買ったまま手をつけていない本を読んでいかないと……っていながら、あまり手をつけていない。
さすがに怠けすぎだと思うから、手をつけていない本をさっさと読みすすめないと。

一昨年か3年前ぐらいにネットサーフィンで知った、「内向型の人間」に関する本を手に入れることができたのに。

本との出会い。

作者は日本の方ではないんだけれど、アメリカとカナ

もっとみる
笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生。
10

「内向型を強みにする」を読んで①

すべての内向型人間に送る!

 この本は、「なんとなく生きづらい」とか「人より疲れやすい」と感じる人にお勧めします。タイトル通り、内向型の著者マーティ・O・レイニーさんが書いた本なのですが、単に「内向型はすごい!内向型が外向型より偉いんだ!」ということが書いてあるのではなく、巧妙な例えと具体的な場面設定を軸に「なんで内向型の人はこういう性質をもっているんだろうね」と一緒に考えていくような本です。私

もっとみる

あなたの才能を発見する為にやめるべきある習慣とは?

「私にはこれといって才能がない」

「自分の強みがよくわからない」

人の才能ってどんなところにあるのでしょうか?

自分の才能って、
多分、あまり把握していない人
が多いのではないでしょうか?

僕もずっとそうだったので、
よくわかりますし、
僕の周りの人達に聞いてみても、

よくわからない
という声が多いですね。

ある時、
僕自身が

「それはふつうだよね」
と思っていることを、
友人から見

もっとみる
\(^o^)/
10

「内向型」がこの世に感じる『生きづらさ』とその「強み」

1.そもそも「内向型」とは何か

「内向型(性)」とは、1921年にスイス人心理学者の
カール・グスタフ・ユングによって
「外向型(性)」と共に発表された人格心理学の用語です。

簡単に言うと

この世の人間は「外向型(性)」と「内向型(性)」の2種類の人間がいる

とし、今回取り上げる「内向型(性)」は
以下の特徴を持っているとされています。

*人付き合いが苦手
*行動に移るまでが遅い
*少な

もっとみる

徐々に”ミニマリスト化”してきている自分。youtubeでその類の動画を毎日見ていたからかも。「習慣」とか「環境」の力って大きくて、日々感化されてると思う。物が減って部屋に余白ができると、心にも余裕ができるのが不思議!今度、ブログでライフスタイル系の発信活動もしてみようかな!

嬉しいです!
2