個の時代

№5124:ドライバーを強くまっすぐ打ちたいっ!
+2

№5124:ドライバーを強くまっすぐ打ちたいっ!

こんにちは。(株)個のサポーターズクラブの遠藤です。 ※過去分はこちらにあります。 さて、日曜はできるだけ遊びネタを。 今週は従兄弟とゴルフに行きました。 コンペを控えた練習ラウンドにお付き合いしたのですが、こうやって声をかけてもらえるのはありがたいです。 従兄弟は私より13歳上なので70歳。 が、(といっては失礼ですが)きれいなドローボールでドライバーを230ヤードくらい飛ばします。 これには驚きます。 私はそんなにゴルフ場へ行くわけではありませんが、見る限り

スキ
10
№5123:「組織」と「チーム」はここが違う

№5123:「組織」と「チーム」はここが違う

こんにちは。(株)個のサポーターズクラブの遠藤です。 ※過去分はこちらにあります。 毎週、土曜はいただいた質問にお答えしていきます。 【今週のご質問】 「よく『組織とチームは違う』と言われていますが、違いをどのように定義していますか?」 【私の考え方】 上下関係が存在するのが「組織」。 命令が存在するのが「組織」。 役職が存在するのが「組織」。 転勤が存在するのが「組織」。 一律的な人事システムで評価されるのが「組織」。 年収がちょこっとしか上がらないのが「組

スキ
18
「個」の時代を生きる鍵は、自分の時間を大切にする事

「個」の時代を生きる鍵は、自分の時間を大切にする事

これからは「個」の時代だと言われています。 確かに、コロナ禍の影響もあり、集団で何かを行うという事ができなくなりましたし、テレワークの発達により、自宅で仕事を行う機会が増えてきました。 そのような意味でもこれからは「個」の時代なのかもしれません。 「個」の時代に大切なものとして私は、自分の時間を大切にする事があると考えています。 何故なら、個人で仕事を行なっていく中で、仕事とプライベートの線引きが曖昧になってきていると思うのです。 線引きが曖昧になるという事は、オンとオフの

スキ
7
№5122:こういうトレーナーやインストラクターは美しくない

№5122:こういうトレーナーやインストラクターは美しくない

こんにちは。遠藤です。 ※過去分(4740回分)はこちらにあります。 さて、またひとりスモールジム協会に新たな仲間が増えました(=加盟してくださった)。 詳細には触れませんが、この方はパーソナルトレーナーです。 パーソナルトレーナーがスモールジムが提供する「少人数制スクール型グループレッスン」に挑戦するのです。 今後このようなチャレンジは増えていくと思います。 が・・そう思う一方でパーソナルトレーナーの多くが有している以下のような性質は大変気になります。 ※今回、加

スキ
16
今ソシテこれからは✨

ってか宇宙さんに時間軸なんて

ナッシングなんやけど🎵☝️😄

ツトメテ

マイペースが善きかなぁ~w🤣

ムレズニ

サワヤニ サッパリ 身の回りをトトノエテね。

風の時代は個の時代✨🌏😊😁😄✌️👽

そげなスタイルが合ってる🎵

今ソシテこれからは✨ ってか宇宙さんに時間軸なんて ナッシングなんやけど🎵☝️😄 ツトメテ マイペースが善きかなぁ~w🤣 ムレズニ サワヤニ サッパリ 身の回りをトトノエテね。 風の時代は個の時代✨🌏😊😁😄✌️👽 そげなスタイルが合ってる🎵

スキ
26
誰もが、皆、ひとつの星 【 SOLID VOICE Ver 001 】
+1

誰もが、皆、ひとつの星 【 SOLID VOICE Ver 001 】

【 SOLID VOICE 】 写真と言葉のコンテンツ / ソリッドボイス ゆるぎない”個”の自分であるために ------------------------------------- SOLID… ソリッド : 固形 硬質 強さ : スラングでは / かっけーー、やばい^^; ------------------------------------- 誰もが、皆、ひとつの星であり 約束の日に、輝き、そして、いつしか、安らかに眠る You, star of one

スキ
7
№5121:「自分の頭」で考えてはいけない理由

№5121:「自分の頭」で考えてはいけない理由

こんにちは。(株)個のサポーターズクラブの遠藤です。 ※過去分はこちらにあります。 さて、数日前に「自分の頭で考えても、それが変な方向に行っては意味がない」と書きました。 今日は関連して「自分の頭で考えてはいけない理由」という話をします。 こう言うと「日頃、自分の頭で考えろと言っているではないか!」と反論されそうですが、そのあたりも含めて整理します。 「自分の頭で考える」ということは「その時点の自分が考えている」ということです。 「今の自分」というのは「その時点まで

スキ
18
№5120:もっと「孤独力」を鍛えよう!

№5120:もっと「孤独力」を鍛えよう!

本noteは毎週水曜日に配信している無料メルマガ「継続するオンラインビジネスの考え方」の一部を加筆修正したものです(原形をとどめていない場合あり)。 ▼無料メルマガ「継続するオンラインビジネスの考え方」のご登録はこちら こんにちは。遠藤です。 ※過去分(4740回分)はこちらにあります。 さて、少し前に57歳になったわけですが。 SNS時代の誕生日は夜明けくらいからメッセージが届き、朝からスマホが 鳴りっぱなしになります。 ま、これは日常からそうですが。 こういう日

スキ
17
№5119:「デタラメ」を見破るための3つの視点

№5119:「デタラメ」を見破るための3つの視点

こんにちは。遠藤です。 ※過去分(4740回分)はこちらにあります。 さて、昨日は「デタラメの害」について記しました。 続いて本日は「デタラメを見破るための3つの視点」を記します。 方法は幾つもありますが、そのうちもっとも重要と思える3つを簡易に紹介します。 1つは「確証バイアスにつかまらないこと」です。 これは「超重要」です。 ちなみに「確証バイアス」とは「自分の信念を強めてくれる情報に注目し、それを信じ、共有しようとする性質のこと」です。 某社会学者の言葉に

スキ
16
№5118:「デタラメ」は人間の健全な繁栄に深刻な害を及ぼす

№5118:「デタラメ」は人間の健全な繁栄に深刻な害を及ぼす

本記事は毎週月曜日に配信している有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の一部を加筆修正したものです(原形をとどめていない場合あり)。 ▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」のご登録はこちら こんにちは。遠藤です。 ※過去分(4740回分)はこちらにあります。 さて、先般読んだ本に「デタラメ」について詳しく記されていました。 あまりにも的を突いており笑ってしまったのですが、同書に書いてあったことのごくごく一部をシェアします。 世の中は「デタラメだらけ」です。 特に私たちが属

スキ
13