エブリデイ大原美術館8日目〜人間だもの〜

昨日は、入館までしておきならが、
スケッチブックを忘れたために
1枚の絵も見ずに帰るという大失態をしました。
おそらく、最短時間の退館者だと思います。

先入観との戦い

美術やアートを学んだことのない私でも、「キュビズム」という名前くらいは聞いたことがある。
先に述べておくが、これまでもこれからも、
解説や予備知識などなるべく排除して、
自分が何を見たのか、何を感じたのか、だけを素直に暴露するつ

もっとみる

エブリデイ大原美術館 7日目〜少女の恥じらい〜

彼女は待ち伏せをしている。
私はしばらくの間、気付かずにいた。
大原美術館・本館の入り口、入ってすぐの裏側に息を潜めて立っている。

今日の作品は、ジュール・フランドランの「花を持つ少女」

画面に対して、少し大きめに一人の少女が小さな花束を持って立っている。
少し大きめの黒い帽子を被り、
白にブルーの模様が入ったワンピースを着ている。
少女とは言え、目鼻立ちはしっかりとして、焦げ茶色の髪の毛は長

もっとみる

エブリデイ大原美術館 6日目〜不穏な空気と女〜

1995年、地下鉄サリン事件、阪神淡路大震災。
2011年、東日本大震災、福島第一原発事故。
そして、今年。
社会は深い闇に覆われた。
負の回転を始めた歯車は、自分の力では止められず、
ただため息と、人生の無常感を味わうばかりだった。
今日はそんな漂う空気さえ描き出した作品。

今日の作品は、松本竣介の「都会」

「都会」という言葉は、田舎者が使う言葉だ。
田舎の人間は、都会が怖い。
都会の人が冷

もっとみる

倉敷で地元のフルーツを使用した
パフェやジェラート等で有名な
くらしき桃子💕

時間がなくて中でパフェは食べれなかった😢

テイクアウトのシャインマスカットジュースにしましたが
これも半端ない美味しさ✨

天気も最高。
グレコもまた見れたし。
今度パフェ食べにまた行きます!

うれしい!ありがとう ✨

忘年会をセッティングした下っ端社員が、気がつけば黄ニラ大使になっていた話

こんにちは!
『美観堂』の久保です。

先日、姉妹店『有鄰庵(ゆうりんあん)』にて、『黄ニラ大使』の植田輝義(うえだてるよし)さんを招いたイベントが行われました!

私も参加したのですが、あっという間の2時間半。
植田さんと「黄ニラ」の運命的な出会いの一部始終を垣間見て、終わった頃には「これ映画化できるのでは...!」なんて思ってしまったほど。

今日はそのレポートと言ったら少し大げさですが。

もっとみる
今日のあなたは、大吉!
14

岡山・倉敷のほんとうに「いいもの」を。地域を愛す美観堂がおすすめする、「もの」と「ひと」のストーリー

ー 繋ぎ手

岡山県倉敷市の「美観地区」。江戸時代には水運の要となった倉敷川を中心に、当時の趣を残した建物が並びます。 

そんな美観地区の中、町家づくりの一角に鮮やかな紫ののれんを掲げるのが美観堂さんです。

岡山・倉敷の特産品を取り扱う美観堂さんですが、お店で扱うものには明確な基準がありました。

お取り扱いする基準は、「岡山のもの」であるのに加え、以下の三点です。
・作り手の方にしっかりお会

もっとみる
スキありがとうございます!
19
他の記事もぜひ見てください!
励みになります!
感想あったらコメントお待ちしてます!
1

2017年 岡山遠征を振り返る

今節はアウェイ岡山戦!ということで、
第1弾の金沢、第2弾の栃木に続いて、
遠征を振り返るシリーズ第3弾
3年前の岡山遠征を振り返ってみようと思います!

新横浜から新幹線に乗り約3時間で
「晴れの国おかやま」に到着!!

なぜ「晴れの国」と呼ばれているのかというと、
晴れの日が多いから!?と思っていたのですが、
実は晴れの日の多さでいうと岡山県は16位。
それよりもむしろ1日の降水量が1mm未満

もっとみる