倉敷へ

2019年の春、倉敷を高校の友達と訪れた。
それは穏やかな夢のような旅だった。

私も彼女も川越に慣れ親しんでいたから、なんとなくの空気が一緒であることを感じていた。たとえ場所は違っていても、大きな文脈での「日本」を、それを観光地とすることの共通性を感じていた。

川越とは違って水に近い倉敷
なのだけれど、どちらも大きくはない

観光地ではある一方で水と向き合いながら、穏やかに人は時間を過ごしてい

もっとみる
シェアはぴ〜
10

Okayama Wordpress Meetup #5 に参加した備忘録①

2020年2月1日、
以前Wordbenchには参加したことがあったのですが、
Wordpress Meetupという名称になってから初参加してきました。

今回はMeetupというアプリから参加申請しました。

https://www.meetup.com/ja-JP/Okayama-WordPress-Meetup/

Okayama Wordpress Meetup とは

・2〜3ヶ月に1

もっとみる

日経新春杯🏇

本日の愛知杯は惨敗。
友人と遊んでいたため、レースも見れないまま負けていました。
最近は負けが続いていますが、競馬は点ではなく線でやるものだと好きな予想家さんがおっしゃっていたので、それを念頭に競馬をやっています。

京都 11R 日経新春杯🏇

◎アフリカンゴールド

昨年の4月に去勢されてから、だいぶ気性が改善された。半兄のアフリカンストーリーも去勢後に大成している。
昨年とは違い、成長著し

もっとみる

大原美術館に行って「喫茶店ルノワールでもっと頑張れそう」と思った話。

地元倉敷に帰省しているので、友人と会った後、馴染みの大原美術館へ♪
大原美術館は日本初の西洋美術館なのです!

芸術には全く詳しく無いのですが「美術を理解しなくては!」みたいに変に構えずに楽しめているのは身近に大原美術館があったおかげだと思う。

小学生の頃から何度来たか分からないのだが、毎度違う絵の前に長くいたり、違うことを感じたりするのが不思議。

今回はジャシパー・ジョーンズの「灰色の国

もっとみる
私もスキです!
14

古代吉備のルーツを『倉』で見る

取材:森谷友里永・山口百香 / 写真:水子貴皓 / 記:2017年12月6日

倉敷考古館は、大原總一郎や原澄治を中心とした倉敷考古館設立期成会が、吉備文化の代表的な考古学資料を集め展示することで、考古学の普及と地方文化向上に貢献する文化施設を作りたいと思い、江戸時代後期に商人として活躍していた小山家の米倉を改装して1950年11月1日から開館されました。倉敷考古館に展示されている多くは考古館が独

もっとみる