世界初

「毛穴の詰まり」の新たなメカニズムを解明!_(株)コーセー

(株)コーセー(小林一俊社長)は、10月21日(水)~10月30日(金)の日程でオンライン開催されている化粧品分野の世界最大の技術発表会「第31回 国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)横浜本大会」にて、 ニキビや黒ずみ等の毛穴トラブルの大きな要因である「毛穴の詰まり」の新たなメカニズムを解明し、 それを応用したアプローチによる角栓抑制効果が実証されたことを発表しました。同社はその成果を、毛穴トラブ

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
3

世界初のコンピュータは1946年にアメリカ、ペンシルベニア大学から始まった!【LGBTQセクマイゲイの歴史学】

ENIACが最初のコンピュータだ。今や、都会のオフィスから田舎の事務までパソコンの時代だ。コンピュータといえばスマホもそうだろう。あれは、小さなパソコンになる。コンピュータは、幅広い分野で活躍している。もはや、些細なことで気になることを調べるには欠かせない。僕だってこうやってある程度調べてからnoteに書いている。ウィキペディアなどを利用してね。そういえば、2000年夏にエアコンがんがん効いた小学

もっとみる

蔵元日記vol.496【サザビーズ】

世界最古のオークションハウスであるサザビーズ香港に獺祭を出品しています。以前から「ワインと比べて日本酒の弱みは高額な商品がないところ」「世界でワインに伍していくためにはそのマーケットに切り込んでいく商品をつくることが不可欠」とよく話してきました。その第一歩が「その先へ」だったわけですが、いろんな方から「その先へのその先はあるのか?」と聞かれていました。

私たちのその問いに対する答えが今回のサザビ

もっとみる
ありがとうございます。
6

【検証】元本確保型FX|MUTEKI#4

https://youtu.be/mSir8qS3r6I

新たな1週間が始まったので
先週の結果(動画)をお伝えしたい。

結論から言うと
引き続き順調な運用状況となっている。

来週(11/3)は米の大統領選挙で
相場が乱高下する可能性が高い。

しかし、ボラティリティの高い場面でも
MUTEKIFXは元本を確保しつつ
トレードが行われるため
個人的には大統領選は気にならない。

いつもと変わ

もっとみる

評価スケール FRS(Face Rating Scale)

下記は痛みに対する評価なのですが、今後香港チームか日本チームでエビデンスの指標を作り新しいダイアログに反映させる際は、以下の物差しを取り入れた方が良いかもしれませんね。
何れにしても主観的感情要素が入らず、客観視した感情を継続的に情報を収集できるUpmoodは多くのビジネスシーンで使用できそうです。
表情評価スケール:FRS(Face Rating Scale)
表情評価スケールイメージ
痛みの程

もっとみる

評価スケールについて

Upmoodのエビデンスでもごく一般的に実施されておりVASの評価を用いています。

問診では、感情の発生時期や高揚具合など、感情の感じ方や頻度などを確認して、感情の状態を把握します。しかし、「感情」は目に見えない症状であり、人によって程度も異なるため、「どの程度の感情か」を客観的に評価することができません。
そのため、感情の振れ幅や強さを確認するときには、「評価スケール」という感情の強さを測る“

もっとみる

世界初、毛髪の中心部「メデュラ」の構造変化を新解明 _タカラベルモント(株)

理美容、 エステ・ネイルの総合メーカーであるタカラベルモント(株)(吉川秀隆会長兼社長)は、 これまで未解明だった毛髪の中心部に存在する「メデュラ」における構造変化を、 独自の開発技術を用いることで解明することに成功。10月21日(水)~10月30日(金)の日程で開催中の国際化粧品技術者会連盟が主催する学術大会「IFSCC Congress 2020 Yokohama」の口頭発表において、「メデュ

もっとみる
よろしければ、フォローもお願いいたします!
3

米国版はやぶさ

「アメリカ版はやぶさ」小惑星ベンヌへ。
https://www.yomiuri.co.jp/science/20201019-OYT1T50082/

日本版ナントカ、日本版アレコレ、なんとかinジャパン、先般も「アメリカが10年先行ってるから、タイムマシーン経営で」とセミナー受講したところである、そうしたことがほとんどの中、米国版ジャパンである。スゴイ!。

はやぶさで思い出すのが9年半前のこの

もっとみる

世界初! NHKによる立体放送番組スタート 〜 全国一斉二元立体(ステレオ)ラジオ試験放送

『ソニー技術の秘密』にまつわる話 (23)

1952(昭和27)年12月、
アメリカ視察旅行中の 井深大 から依頼され、木原が試作した「TC-KP2」 (ステレオ録音対応機) に、さらに改良を加え完成した立体録音機「ステレコーダー」が、世界初全国一斉の 「二元立体 (ステレオ) ラジオ試験放送」に採用されます。

木原は 中津留要 とNHKの担当者と打ち合わせを行い、自身の録音機で収録された、N

もっとみる