海の音 - umi no oto - by FURUNO

船舶用電子機器メーカー古野電気株式会社の公式note。世界中の海をフィールドとするFU…

海の音 - umi no oto - by FURUNO

船舶用電子機器メーカー古野電気株式会社の公式note。世界中の海をフィールドとするFURUNOの社員、パートナーさんと一緒に海の魅力やちょっとした発見を紡いでいきます。お届けしたいのは「自由で心地のよい海の世界」、読んでくださった皆様にとって海がちょっぴり身近になりますように。

マガジン

  • 海辺の水彩画

    海辺に立ち、眺める景色。 海風がそっと頬を撫で、潮騒のリズムに心導かれる。 それはどことなく懐かしく、心落ち着く豊かな時間です。 そんな情景を優しい水彩画のタッチと文律でお届けします。 *本記事は2016年〜2022年までBoat Fishing誌にて連載されていた「海辺の水彩画(絵・文 岡本 幸雄)」を再編集したものです。当時の面影とともに水彩画の世界観をお楽しみください。

  • 航海計器の進化論

    船の必需品、航海計器についてのマガジン。漁船、タンカー、ヨット、船の大小に関わらず、船の中は実は電子機器が沢山搭載されています。概要や実際の使われ方から開発秘話まで、「見えないものを見るため」のFURUNOの航海計器をご紹介。

  • 自動運航船で世界をリードせよ!

    今、世界に先駆けて、日本の海運業界が大きな変革点を迎えています。 デジタル技術を活用した運航状況や船内外ナビゲーション、エンジンなどの機関システムの見える化が急激に進んでいます。 そして、その先に目指すものは"無人運航船"の実現。 競合他社とも手を取り合い、オールジャパンで進められている無人運航船プロジェクト。長年航海計器で業界を支えてきたフルノの目線で取り組みを紹介します。

  • -SPIRIT of FURUNO- 挑戦者のストーリー

    見えないものを見るために。FURUNOは創業以来、挑み続けてきました。徹底して現場を見つめ、そこに見合う技術で問題を解決する。世界初の魚群探知機の実用化も、この姿勢から生まれました。 FURUNOとそのパートナーが挑む物語を紡いでいきます。 ※マガジンタイトルは2020年に引退した実験船「スピリットオブフルノ21」より

  • 海が私の仕事場です!

    FURUNOで働く社員のほとんどは多かれ少なかれ海に関連する仕事をしています。 彼らはどんな希望を持ってFURUNOに入社し、何を想い日々業務に携わっているのか、 社員ひとりひとりに迫るマガジンです。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

【note運用1周年】オウンドメディアをどう育てよう?フルノ公式note振り返り。

こんにちは。海の音編集部です。 この度、2023年7月17日の海の日をもって、フルノ公式note「海の音 - umi no oto -」の開設から1年を迎えました。 改めて日頃訪問してくださっている皆様、いつもありがとうございます! さて、今回の記事は"note開設から1年でどのような効果があったのか"ということを、3ヶ月ごとのアクセス数や実施した社内アクションも交えて振り返ります。これからnoteを始める企業さんや運用間もない担当者さんのマイルストーンのような記事になれば

    • 釧路・・・幣舞橋から副港界隈/海辺の水彩画

      絵・文/ 岡本幸雄 釧路市は北海道東部の太平洋側に位置する港町である。寒流である親潮の影響を受け、独特の気候パターンを形成している。真夏日はなんと10年に1回ほどとのことであり、冬場は晴れ間が続いて空気が乾燥する。 釧路の霧は有名だが、中でも釧路川に架かる幣舞橋一帯で不意に出くわす深い霧はとても幻想的である。 沖から川面をどんどん入り込んでくる朝霧や昼間の霧に遭遇すると、実に神秘的でファンタスティックな光景が展開する。橋の街灯に照らし出された幣舞橋が、やわらかい霧にそっと

      • "未来の当たり前"を目指して 「仮想現実」で作る新しい航海のカタチ

        海運業の担い手不足や離島航路の維持など海に関わる社会課題の解決策として期待が高まっている"自動運航船"。 オールジャパンで進んでいるこのプロジェクトを、長年航海計器で業界を支えてきたフルノの目線から紹介する「マガジン|自動運航船で世界をリードせよ!」 第四弾は"VRナビゲーションシステム"を紹介します。 今回お話を伺ったのは入社以来VRナビゲーションシステムの開発に尽力している金丸 直弘さん。 仮想現実でより安全な航海をナビゲート、 フルノの強みと最新技術のコラボレーショ

        • 街中の漁港 - 神戸長田港・駒ケ林 - /海辺の水彩画

          絵・文 岡本幸雄 神戸の港といえば、ポートアイランドやポートターミナルなど外航船用の広大な波止場のイメージが強いですが、小型漁船が出入りする漁港も多くあります。 西の垂水、塩屋、須磨漁港のほか、知る人ぞ知る『長田漁港の駒ケ林地区』にも多くの漁船が係留されています。東西に伸びる長田漁港は、南に神戸の海が、北に神戸の市街地が広がります。波止場の中央には駒ケ林魚市場があり、連日、水揚げされた魚の競りで賑わっています。 神戸の海では、古くからアジ、イワシ、カレイ、タコ、チヌなどい

        • 固定された記事

        【note運用1周年】オウンドメディアをどう育てよう?フルノ公式note振り返り。

        マガジン

        • 海辺の水彩画
          11本
        • 自動運航船で世界をリードせよ!
          4本
        • 航海計器の進化論
          17本
        • -SPIRIT of FURUNO- 挑戦者のストーリー
          11本
        • 海が私の仕事場です!
          23本
        • 海のためにできること
          11本

        記事

          空を見れば、魚がどこにいるかわかる。世界初のバードレーダー開発物語

          プロローグこのナブラはふとかぞ! 海の中にいる魚を空から探すレーダーシステム 『魚は海のどこにいるだろう・・・?』 そんな課題を解決する機械として魚群探知機やソナーをこれまで古野電気は開発してきました。しかし、これらの機器は船の周囲しか見ることはできず、広い海の中で魚群を探すためには船を走らせる必要があります。 今回はそんな課題を異なるアプローチで解決したユニークな製品を紹介します。 かつてより、カツオやマグロを狙う漁船の乗組員は交代でアッパーブリッジに立ち、片時も双

          空を見れば、魚がどこにいるかわかる。世界初のバードレーダー開発物語

          渡り鳥調査の思い出・水ノ子島灯台/海辺の水彩画

          絵・文 岡本幸雄 九州最東端へ突き出た鶴見半島。その先端の鶴見崎から北東約8㌔沖、豊後水道のど真ん中に「水ノ子島灯台」が立つ。 その昔、鶴見半島の松浦漁港を基地に、渡り鳥調査に参加したことがあった。NHK特集『渡り鳥・謎の夜間飛行』の取材協力である。 春と秋は渡りの季節。南方からやってくる鳥、北へ帰る鳥など、その習性は様々だ。生涯を日本で暮らす鳥に比べ、小さな体ではるかな洋上を休むことなく飛翔し続ける鳥たちは、とても愛おしい。 普通、小型の渡り鳥たちは群れをなして海面すれ

          渡り鳥調査の思い出・水ノ子島灯台/海辺の水彩画

          風通しの良さ、高知の漁業への『愛』、暖かい気持ちで溢れるフルノの高知営業所です。

          四国山脈と土佐湾で囲われた高知県は、昔から漁業が盛んに行われてきた地域です。みなさんの高知県といえば、"鰹の藁焼き"なんて印象もあるのではないでしょうか。他にもカンパチやマグロ、サバ、ウツボやマンボウなど魅力的な海産物が豊富にあります。 そんな高知に、フルノは創立20年目の1968年に高知営業所を設立しました。設立からおよそ半世紀、お客様の近くで漁業を支えてきた高知営業所をご紹介します。 カバーするのは高知だけじゃない? 船と共に移動する高知のフィールドエンジニアの仕事

          風通しの良さ、高知の漁業への『愛』、暖かい気持ちで溢れるフルノの高知営業所です。

          運河沿いぶらぶら -東京・天王洲アイル-/海辺の水彩画

          東京駅から山の手線を浜松町駅で下車。そこから羽田空港行きの東京モノレールに乗ると5分で最初の駅「天王洲(てんのうず)アイル」に着きます。 天王洲アイルは、東品川臨海部の再開発街区に位置する広大な人工州です。「天王洲」は海中の土砂が堆積してできた州の名称で、「アイル」は島を意味する英語です。 かつては殺風景な流通倉庫地帯でしたが、東京湾ウォーターフロント開発の先駆けとして都市開発が進み、今では高層のオフィスビルやマンションが林立し、運河沿いには洒落たレストランやカフェが並ぶオ

          運河沿いぶらぶら -東京・天王洲アイル-/海辺の水彩画

          新規事業のサポーターからプレイヤーに転身。その両面を知る人が見据える"フルノのテクノロジーを集結して社会課題を切り開く未来"とは。

          "水の中の魚が見えたら" そんな想いをテクノロジーを活用して実現し、誕生したものが魚群探知機です。創業者であり、魚群探知の産みの親である古野清賢が持っていた『想いを実現するスピリット』は「見えないものを見る」というフルノの事業テーマとして今に引き継がれています。 そのテーマに沿って、フルノでは船・海に関連する事業だけでなく、医療器具や気象レーダーなど身の回りの様々な製品・ソリューションを生み出してきました。 そして今、フルノで新たに取り組みを始めた分野が『気象・防災』の分野

          新規事業のサポーターからプレイヤーに転身。その両面を知る人が見据える"フルノのテクノロジーを集結して社会課題を切り開く未来"とは。

          運河の街 小樽/海辺の水彩画

          絵・文 岡本幸雄 小樽は北海道開拓時代の玄関口として発展してきました。当初は沖泊めした本船からハシケ(台船)を使って荷揚げ作業が行われていましたが、次第に取り扱う荷量が増え、搬送作業の効率化のためにハシケが接岸できる長い水路が必要となりました。そこで大正12年に完成したのが小樽運河です。 小樽運河は内陸部を掘り込んだ一般的な運河ではなく、日本で唯一、海岸の「沖合埋め立て方式」で築かれました。そのため、元の海岸線に沿って緩やかに湾曲しているのが特徴です。当初の全長は1,14

          運河の街 小樽/海辺の水彩画

          2023年の総振り返り!出演者に聞く「どうでした?」

          早いもので、今年も残すところわずか。 読者の皆さま、ご拝読いただきありがとうございました。 「海の音 - umi no oto - 」も2年目。去年以上に色んな方々に会い、その声を聞かせていただきました。そしていただいた声を文字に変えて、トータル"50記事"もnoteに投稿することが出来ました。 そんな2023年を、noteに登場してくれた社員の方々と共に振り返りたいと思います。 自分たちの取り組みを知ってもらい、社員皆さんの参加を促したい!従業員エンゲージメントサーベ

          2023年の総振り返り!出演者に聞く「どうでした?」

          "航海で最も緊張する瞬間"をデータで支援したい。理想と現実の差に挑む若手エンジニアに聞く開発ストーリー【自動運航船シリーズ vol.3】

          海運業の担い手不足や離島航路の維持などの社会課題の解決策として期待が高まっている"自動運航船"。 オールジャパンで進んでいるこのプロジェクトを長年航海計器で業界を支えてきたフルノの目線で取り組みを紹介している「マガジン|自動運航船で世界をリードせよ!」 第三弾は離着岸支援システムを紹介します。 今回お話しを伺ったのは入社2年目の若手エンジニアである生口 幹也さんです。 航海で最も緊張する瞬間? 感覚の部分をデータで提供したい 離着岸とはその名前の通り、船を岸に付けたり、

          "航海で最も緊張する瞬間"をデータで支援したい。理想と現実の差に挑む若手エンジニアに聞く開発ストーリー【自動運航船シリーズ vol.3】

          1枚の絵から生まれた"繋がり" - 鹿児島の"うんまか深海魚"を日本の子どもたちに届けたい -

          2023年夏、小学3年生のプレゼンテーションに心を打たれて、ひとつのプロジェクトが始まりました。 それは鹿児島の"うんまか深海魚"をこども食堂へ提供するというプロジェクトです。沢山の方々の繋がりで実現したこの企画の先には子供達の笑顔がありました。 海洋インフォグラフィックコンテントで奏大くんに出会いました 2023年8月19日(土)、東京都で海洋インフォグラフィックコンテストが開催されました。 フルノは昨年度からこのコンテストに協賛しており、今年は初めて審査員としてコン

          1枚の絵から生まれた"繋がり" - 鹿児島の"うんまか深海魚"を日本の子どもたちに届けたい -

          須磨の海を守るんだ「すまうら水産」/海辺の水彩画

          絵・文 岡本幸雄 2014年、神戸のウエストコースト須磨海岸。そこに須磨海苔生産の危機を救うために立ち上がった男たちがいます。 「オレたちがこの須磨の海を守るんだ!」 須磨で生まれ育った若手漁師らは悩み、考えぬき、燃える気持ちを胸に「すまうら水産」を立ち上げました。事業は順調に進み、今では生産設備の整った海苔工場で、年間3千万枚の須磨海苔を製造するまでに成長しました。 須磨沖での海苔作りは、10月に育苗し12月から収穫が始まります。1月頃に最盛期を迎え、収穫は4月まで

          須磨の海を守るんだ「すまうら水産」/海辺の水彩画

          こんな時代だからこそ、企業もわざわざ文章で伝えたいことがあるのです。

          先日、note proさんの利用企業セミナーに登壇させていただきました。 70名近い参加者の方々、ご視聴いただきありがとうございました。 今回のセミナーではフルノ公式note「海の音 - umi no oto -」立ち上げのための準備段階からまずは1年間継続した中でやってきたこと、これからより発展させるためにやりたいこと、それら過去、現在、未来の3つのカタチをnote proモデレーターの中田さんとお話ししながら伝えさせていただきました。 その振り返りとして、noteを始

          こんな時代だからこそ、企業もわざわざ文章で伝えたいことがあるのです。

          ETCでこんなことができる?物流の2024年問題へ挑むETC活用ソリューションに迫る!

          「ピコーン!カードが認証されました!」 愛車のエンジンをかけた時に聞こえるこの声、聞き馴染みのある方が多いのではないでしょうか。そう、ETCです。 ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、実はフルノはETC車載器のメーカーでもあります。 しかし、フルノが作っているのは車載器だけではありません。フルノは約50年に渡って、高速道路の料金収受用装置(ETC車載器を検知するゲート側のアンテナなど)の設計・製造に携わっています。このETC車載器とゲート側装置の両方を製造・開発してい

          ETCでこんなことができる?物流の2024年問題へ挑むETC活用ソリューションに迫る!