自閉症スペクトラムの息子の寝かしつけ

就学前に机と共にベットを購入。ただし机は買うつもりはなかったけど、母が無いと可哀想だというので渋々購入。ただし、机の中に棚が入るタイプはどうも嫌いで、上などに棚があるのも嫌だったので二段ベットの上だけで、その下にシンプルな机と椅子(コロコロ付いていない木製)とその横にランドセルと教科書を入れる棚があるものに。二段ベットの高さも高くなく顔を覗かせたり、抱えて乗せれるくらいのものにした。

自閉症スペ

もっとみる

今更ドラマ勝手にレビュー:『重版出来』・第7話(TBS 2016年5月24日放送)

<自分の伝えたいことを伝わるように伝えるための勇気>

 沼田(ムロツヨシ)の不幸、つまり漫画かきとしての最大の試練を生んでしまったのは、二十歳の時に神の差配によって「新人賞」を取ってしまったことだ。
 もちろん、これは普通「チャンス」とも呼ぶ。しかし、雑巾掛け時代に降下してくるこうした僥倖の危険なところは、「才能といふ曖昧な何か」が、「作品となる」ために必要なものを、見えにくくさせてしまうことな

もっとみる
シェアも歓迎します!
2

戸塚純貴。観る。負けるが勝ち。『ドクターX season6』

これは、ひとりの役者を観察した文章です。
ただ、どこまでも主観で書いています。
というわけで、それ以上でもそれ以下でもないものです。

さて、今回はテレビ朝日の高視聴率ドラマ
『ドクターX season6』に出演中の
戸塚純貴さんを観察します。

戸塚さんは器用な役者だと思います。
役柄の陰と陽、テンションの高低を
巧みに掴みながらキャラをリアルに
立体化していく興味深い役者です。

同時に
戸塚

もっとみる
ありがとうございます。また遊びに来てください。
11

【大洗にも星はふるなり】

まるで舞台を観てるような福田雄一監督の演出を感じた。クスッと具合の小笑いが仕掛けに散りばめられてて、肩の力を抜いて見られます!

ムロツヨシ始めキャスト若い‼︎笑
個人的にはヨシミちゃんの事を『東京ドーム4個分のブス』とか『西田敏行の女装』ってインパクト強かった。右脳に結びつく標語力勉強になるな〜。

エリコが複数の男を翻弄するシーンは具体的な表現で同性としては共感。もはや男性陣キャラクターは全

もっとみる
ありがとうございます。照れる

アレクサCMの、炎上する演技。

話題のCM、AmazonEcho「肉じゃがが母さんの味にならないよ」篇・・・物議を醸してますよねーw。 ネットやリアルな会話でも炎上。伊集院光のラジオとかでもやんわり叩かれたりしてましたねー。

なぜあのCMはあんなにも人の心をザワつかせるのでしょうかw? 今回も演技の観点から紐解いてみましょう。

てゆーかこのCMね、もともと脚本もちょっと不気味なんですよ。

たぶんこの男は新しいカノジョができ

もっとみる
嬉しいです!
23

『ダンスウィズミー』

『ダンスウィズミー』を観てきました。感想にネタバレあるかもしれませんので、未見の方はご注意です。

この映画は、突然歌い出すミュージカルが苦手な人が、納得しそうな映画でした。

ミュージカルというと私の場合、外国作品の日本語ミュージカル舞台や、洋画のミュージカル映画なのですが、『ダンスウィズミー』はちょっと異色なリアルミュージカルというべきか、とにかく突然歌っても違和感ない映画です。

音楽が流れ

もっとみる

"ミュージカル"感はない『ダンスウィズミー』

2019年公開映画122本中76位。

正直、絶妙に微妙な映画でした。
いや、期待値が高かったのかな。
「邦画ってミュージカルないよなー」と思っていた矢先に出た作品で、
あの矢口史靖監督だから、けっこう期待できるなって思ってたんだけど、
ちょっとコレジャナイ感。

『グレイテスト・ショーマン』やディズニー作品
を期待して行ってはダメです(笑)

主人公の三吉彩花が、催眠術により、
音楽を聴くと歌っ

もっとみる

勇者ヨシヒコは世界を救う

昨日宣言した通り、今日は私の人生に欠かせない作品であるこちらを紹介させて頂きたい。

[勇者ヨシヒコと魔王の城]

ヨシヒコを知っている人は、思い出し笑いをしながら楽しんで欲しい。知らない人は、読み終えたらぜひヨシヒコの世界を味わってみて欲しい。

では、始めます!

勇者ヨシヒコシリーズ第一弾。                       『勇者ヨシヒコと魔王の城』               

もっとみる
一番好きな書籍は村山由佳さんの「翼」です。
51

恋のヴェネチア狂騒曲 #119

7/20に新国立劇場にて「恋のヴェネチア狂騒曲」を観劇してきました。

まず、僕のような階級の人間が行くには場違いな程の綺麗な劇場でした(笑)
僕はSS席を当てて、かつ4列目の真ん中付近という好ポジションでした。エアウィーヴの座布団的なのも席についてましたが、前半は腰用と勘違いして使用していました()

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000

もっとみる

窪田正孝 主演映画~「東京喰種トーキョーグール【S】」はスマッシュヒットできるのか?~

【窪田正孝 主演映画~「東京喰種トーキョーグール【S】」はスマッシュヒットできるのか?~】

このnoteはお手頃価格で販売しています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

若手俳優として知られる窪田正孝さん。
2006年4月期にフジテレビ系列で放映された「チェケラッチョ!! in TOKYO」で初主演を務めて俳優デビュー。
2015年7月期に日本テレビ系列で放送された「デス

もっとみる
よろしければ購読お願いします。