温水温/ぬくみず ゆたか

30代女・独身・大阪在住。小説・エッセイ・詩・短歌など投稿しています。何かと創作がこじれていますので容赦を(笑)。でも、いつかすごい物を作れるって甘酸っぱい夢を視聴中。スキ散らかし気味でスイマセン!

温水温/ぬくみず ゆたか

30代女・独身・大阪在住。小説・エッセイ・詩・短歌など投稿しています。何かと創作がこじれていますので容赦を(笑)。でも、いつかすごい物を作れるって甘酸っぱい夢を視聴中。スキ散らかし気味でスイマセン!

    マガジン

    • イラスト

      コピックやペンタブで、自由気ままに描いた絵を投稿しています。 どちらかというと、抽象的なイラストが多いです。 イラストだけではなく、テキスト(詩やエッセイ)の見出し画像も、わりと含めています。

    • 短歌

      過去作・詠みたての短歌を載せています。

    • 不定期投稿です。 たまにストーリ性が重厚なやつがあります。 テーマはわりと自由です。

    • 短編小説集

      短めの小説を集めています。長くても前後編になるかと。不思議ちゃん系の物語が多いです(笑)。

    • 小説『ツクモリ屋は今日も忙しい』

      週末に1話を目標に連載中。ごく普通の日用品や雑貨を扱っているツクモリ屋。でも、何かがちょっぴりおかしい。もしも貴方がその店を見つけたのなら「モガミさん」に呼ばれたからかも……? ほのぼの現代ファンタジー。

    最近の記事

    • 固定された記事

    【紹介】ツクモリ屋は今日も忙しい

    世界観 喧騒から少し離れた路地裏にある雑貨店「ツクモリ屋」。目立つ看板も、広告宣伝もない店だが、なぜかいつも忙しい。今日も客がまた、呼ばれるように店へ入って行く。モガミさんの声が聞こえたのかもしれない。 モガミさん 「モガミさん」の名は「付喪神」に由来している。付喪神は本来、長期間使われた道具に宿る神であるが、モガミさんは新品・量産品の状態でも息づく、言わば「付喪神の赤ん坊」も含まれる。  ちなみに、モガミさんを視るには、独特な精神統一を介する。そのため筑守家以外の一般

      • きちんと何か物語を書きたいなと、ずっと思っているのですが、今日、ずっとイメージしていた物語の設定が固まってきました。アクションファンタジー系。うーん形にできるか……。 とりあえず主人公キャラのイメージを描いてみました。あくまで抽象的。一つ目とか、隻眼キャラではないです(笑)。

        • 【短歌】シャララ~ンと♪

          白マスク越しに浮かんだ白雲に降るのは雨と雪のミックス 《解説(?)》 Yo! 寒いよ! 凍えるよ! ヤバい日 火曜日 気合入れ 乗り越えたじゃん? ジャンプしたYo? でも一番ヤバかったのは本日 金曜! ザザ降りみぞれに もはや心はノックダウン コレが冬ってやつか! ある意味フライデー! 白けた顔の溜息すら白く染めやがる冬将軍 早くどっかに行っちまえよ! Oh Yeah!!

          • 寒波を乗り切ったかと思いきや、寒気が残っていて明日も雪が降るかもしれないとのこと。しかも、気象予報士さんでも予想のできない大気状態らしい。うーんマジかー! なんだか頑張りたいけれど不安で、ウネウネしたい気分だったので久々にモガミさんを描いてみました。ちなみにペンタブ初挑戦(笑)。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • イラスト
            温水温/ぬくみず ゆたか
          • 短歌
            温水温/ぬくみず ゆたか
          • 温水温/ぬくみず ゆたか
          • 短編小説集
            温水温/ぬくみず ゆたか
          • 小説『ツクモリ屋は今日も忙しい』
            温水温/ぬくみず ゆたか
          • 小説『ツクモリ屋は今日も忙しい』 創作大賞投稿用
            温水温/ぬくみず ゆたか

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            なんとか寒波を乗り越えた?!

             全国的に迎えることとなった大寒波……ひとまず、峠を乗り越えたと思って良いのですかね~?  もういい? もういいかーい?  私の住む地域は、幸いと言っていいのか分かりませんが、積もるほどの降雪はありませんでした(粉雪は降りましたよ)。  ただ、大阪でも若干電車が止まったようで、職場では遅刻を余儀なくされた方もいらっしゃいました。遠方の友人からの知らせで、雪かきで大変だったとか聞いたり……。  ピーピー寒いよ~と喚いているだけで、水道が凍結もしなかった自宅にいる私は、なんと

            あったかい……か?

             今夜は全国的な大寒波のお出ましなので、寒さを乗り切るための取り組みをしていました。凍えながらやりたくない家事・用事は、最優先でお片付け。あったかいコーデで寛いでます。  天気予報的に、明日の朝が最難関の寒さ。寝坊しないようにしないと。頑張れ私。冬眠はするなよ(笑)。  そんなことを考えつつ、先程までお絵描きしていました。実は数日前から、眺めているだけで自分の気分が温もりそうなイラストが描けないものか……試行錯誤していました。  結果、できたのがトップ画像。  好きで

            波乱万丈な寒波に備えるぞ!

            もうすぐ寒波が来ますよ……。 テレビの気象予報士さんが言うには、10年に1回の大寒波らしいじゃないですか。雪が降って当然な地方の方にはアホらしいでしょうが、大阪在中の私には、最高気温5度でもきつく感じる。  あ、実家(奈良)は、さらに数度ほど寒いですがね。えへへ。盆地だからね。奈良はね。お椀みたいに寒さを内に閉じ込める体質……ではなく、地形なんだって。  ちなみに夏は、逆に熱さを閉じ込める……。  うん……私、よくあそこで育ったよねって、冬の間だけは思う。学校とかね、私の通

            【短歌】空を盗みたい人 -冬の灯-

            涙出る かじかむ指に涙出る チョコの味わい じんわりミルク 芽生え咲き実った愛を摘み取って暖炉にくべて耐える冬の日 イブの夜 ひとり受けとる粉雪に冴える眼差し 震える返事

            せっかく思いついたのに……

             今朝、仕事をしながら、創作ネタのことを考えていました。一人でやる、単調な慣れた作業なので考える余裕があったのです。……一応、仕事はきちんと責任をもってやっていたのですよっ!(もごもご)  朝の序盤にやるこの仕事は、わりと好きなのです。1日の自分の調子を自覚できる(内省できる、か?)し、あまり周囲の干渉を受けなくて、振り回されることもないから。  つまり、比較的マイペースでいられるのですね。  別にダラダラしていいってわけじゃないです(笑)。  それで今日も、その作業をし

            かつての阪神淡路大震災が起こって今日が28周年ということで……私は、小学1年生のときでした。私の地域は震度3程度。でも初体験の揺れに飛び起き、夜明け前のあの揺れは覚えてる。近くのタンスが倒れちゃったらどうしようと思いました。 その記憶で、防災意識は育ったかもしれませんね。

            何だか盛りたくなって。

             昨日、ちょっとした日記と共に、いつものお絵描きを投稿しました。  その後、noteサーフィンしながら、自分の絵もチラチラ(投稿したてで普通に流れてくる)。そしたらなんか「差し色があった方が良くね?」と思い、開きっぱなしだったペイントソフトでお絵描き再開(笑)。  うむ。差し色があった方が画面が締まっていいな。  これは実際の気分よりもクールな配色だったけどね。  いーんじゃない。クールな私(笑)。 (※心の奥底から響く声)  あれ……いいんだけどさ。これもいいけどね。

            今日は少しだけ良い気分でおります。少しだけ、家の整理(お片付け)が進んで、少しだけ親孝行的なことができて。小さな変化であるかもしれませんが、積み重ねは大事ですよね。 なんか、そんな気持ちで描いた、今日の心模様も一緒にどうぞ(笑)。

            今日は13日の金曜ですね。 なんとなく愉快な気分になってしまうのは私だけ!?(笑) ホラーものは苦手で、ジェイソンとか好きってわけではないです。でも気になってしまうのは、怖いもの見たさ?? 今夜は満月じゃないけれど「13日の金曜日に降臨したぜ!」なお月さんを描きました(笑)。

            ペイントソフトに翻弄されています。

             文章の方も鍛錬せねばと思いつつ、ついつい手が伸びてしまうクリスタ病を患っています。  クリスタは最近手を出したペイントソフト(笑)。  ちなみにぶっちゃけておくと、ペンタブを購入してから使っていたのが『openCanvas7』で、クリスタ正式名称は『CLIP STUDIO PAINT』ですね。どちらも絵描きにはメジャーなソフトのようです。確かにどちらも絵は描きやすくて、それぞれ個性があるんですよね~。  感想、覚書用にちょっとだけ書かせてね(笑)。 赤コーナー、『op

            【詩】間に入る

            あなたと私の間にはキューピットがいて 愛が生まれた あの人と恋人の間には天邪鬼がいて 泥沼が生まれた そんなことを駅前のカフェでのんびり コーヒーにミルクを垂らしながら考える 「人は1人じゃ生きられない」と言うけれど 誰かといることは既にファンタジーであって 手を繋ぐと異世界に片足が踏み出す 『人』が『人』に良いことをするのも 悪いことをすることも『間』に何かがあって だから『人間』なんて自称するのかな? 混じり具合がファジーな飲み物に口を付け 私は揺らいだ意識の狭間

            七草を食べる休日

             今朝はいつもと違う食事を楽しみました。だって1月7日だから。七草粥を食べる日だから。とはいえ、一人暮らしの身で本格的な七草セットを買うと持て余してしまうので、トップ画像のお手軽商品に頼りました。  七草粥、ではなく七草茶漬け。  美味しかったです。ただ、想像よりもあっさりしてましたが(笑)。  調べてみると、七草粥を食べるのって、奈良時代なんて昔からある風習らしいですね。七草粥は、正月のご馳走で胃もたれした体を休める効果があるらしいけれど、奈良時代の人も胃もたれしてたの