プリンスがギターの天才だったのはこれでよくわかる

(4 min read)

1960年代から「ギターの神様」と賞賛されてきたエリック・クラプトンは、あるとき「”ギターの神様” と呼ばれるのはどんな気分?」と聞かれ、「その質問はプリンスにしてほしい」と答えたんだそう。

つまり、正真正銘、だれもが認める本当のギター神はプリンスだったということです。その腕前は自身のいろんなアルバムでも証明されているところですが、ここにそれをとても強く印象づける一個

もっとみる

無名人インタビュー:PRINCEに人生を搾取されてしまった人

プリンスファンってどんなイメージでしょうか。キモチワルイ人たち、もしくはヘンタイ。仲間意識が強くて排他的。いや、あながち間違ってないよ…?って思った人は、もう読まなくて良いです。そう見えるのは、それ相応の理由があるのです。熱狂的すぎるが故に、周りが思わず引いてしまうほどの、その熱量。私は好きよ…ということで、本日もお楽しみください。

今回ご協力いただいたのは、立本真己さんことTouchyさんです

もっとみる
嬉しい!ありがとうございます😊
36

プリンスのエピソードは胸に来るものがありました😥
そこを抜きにしても素晴らしい自伝本だと思います。

アリシア・キーズの自伝『もっと、わたしらしく』の邦訳本が出版。プリンスとのエピソードも
https://npg-net.com/2021-04-25/

《ジョニ・ミッチェルを聴く》シリーズ9:エディスとキングピン(Edith and the Kingpin)

《ジョニ・ミッチェルを聴く》シリーズ9:エディスとキングピン(Edith and the Kingpin)
1975年・8枚目のアルバム“The Hissing Of Summer Lawns”から「エディスとキングピン(Edith and the Kingpin)」

※以下、引用部分は以下のガイドより

■五十嵐正監修
 『ジョニ・ミッチェル アルバム・ガイド&アーカイヴス』
 (シンコーミュ
もっとみる

Welcome 2 Americaについて、2021/4/21現時点でわかっていること。

その1 Welcome 2 Americaが未発表であった理由。

2021年7月30日にリリースされるプリンスのニューアルバム『Welcome 2 America』。亡くなってからは初めてのプリンスによる完全未発表フル・スタジオ・アルバムとなる。レコーディングは2010年の間に行われ、2011年のリリースを考えていたようだ。2010年に発表されたアルバム『20Ten』、そしてそのツアーがその年の

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
20

■4月21日プリンスの命日

アメリカのシンガーソングライター、「殿下」こと#プリンスが2016年のこの日、体調不良の悪化により、57歳の若さで亡くなる。

プリンスと映画との関係においては、彼の自伝的映画かつ初主演映画「パープル・レイン」が有名。タイトル曲「パープル・レイン」にて、アカデミー歌曲・編曲賞を受賞。

そして、ティム・バートン監督作「#バットマン」(89)のサウンドトラックアルバム「バットマン」が映画と同様に世界

もっとみる
また見てくださいね!
6

辛い時は好きなもので乗り越える!

こんばんは!

先日の記事では多くの方に読んでもらい、大変恐縮でございます。
ありがとうございます。

今は前向きにやって行こうと、日々活動しております。
が、やはり健常者よりも疲れやすいので、夜はぐったりして寝込む時があります。
一日寝込んでしまうことも。。。汗

そんな時に限って嫌な記憶などが蘇るので、「忘れやすいのに何でこんな時に思い出すかな?」といつも思います。

現在は持病もあってフルタ

もっとみる

■プリンスのドキュメンタリー『ミスター・ネルソン・オン・ザ・ノース・サイド』(ノースサイドのネルソン氏)2021年4月24日から全米配信公開~プリンス死後5年

■プリンスのドキュメンタリー『ミスター・ネルソン・オン・ザ・ノース・サイド』(ノースサイドのネルソン氏)2021年4月24日から全米配信公開~プリンス死後5年

【Prince Unofficial Documentary “Mr. Nelson On The North Side” Will Be Premier April 24th 2021】

本記事は有料設定ですが、このnoteで最後まで

もっとみる
スキ ありがとうございます。これからもご愛読ください
12

プリンス ”The Artist”

 ”The Artist” of Diversity 

 2016年4月21日に鎮痛剤の過剰投与によるプリンスの死亡が伝えられてから早いもので5年になります。
 今回は、自分目線でプリンスについて考えたことを”note”していこうと思います。

(ラブシンボル)

 正直、プリンスを語るのは難しいです。

 何故なら、発表した曲が多すぎる!

 数千曲のストックがあると言われ、毎年のようにアルバ

もっとみる
ありがとうございます! はげみになります。
88

宝塚的に雑記

土曜の夜の寂しさは、存外こんなところにあるのですね。

https://ameblo.jp/darshaan/entry-12666374852.html

ヅカファンの皆様、こんばんは。
自分の宝塚歴は、はあ、かれこれ四半世紀。タカハナノルユリ、イシとんみ。ずんこ氏ぶんちゃんの頃から。
しかし最初にジェンヌさんを覚えたのは小学生の頃。三船さん主演の「大忠臣蔵」で。
上月晃(こうずき・のぼる)さん

もっとみる
ありがとうございます