何度でも読める本「アイデアのつくり方」

何度でも読める本「アイデアのつくり方」

アイデアがバンバン湧くような人に憧れて何十年も経ってしまいましたが、今の生活や仕事においても大きく飛躍するようなアイデアというのは、そんなに生まれるものではないですよね。 発売されて(おそらく)50~60年経ってもまだ売れ続けているベストセラーということで「アイデアの作り方」を7-8年前に読みました。今でも時々読み返すお気に入りの本です。 とても読みやすく1時間で全部読めるぐらいの分量ですが、簡潔でわかりやすく濃い内容です。簡単に要約すると、 ①アイデアは組み合わせ ②

スキ
1
案出し
+1

案出し

単発イラストを描きました。時間の都合がある時に描いていきます。単発イラストのマガジンは下記リンクになります。 このイラストを使ったみんなのフォトギャラリーは下記リンクになります。 イラストを見て頂いて有難うございます。トップ画像を記事に添えさせて頂いた時には少しでもお力添えができていれば幸いです。また多くの人がほっこりと幸せになれるようなイラストを描いて、これからも頑張って参ります。今後ともよろしくお願い申し上げます。 「癒しと笑い」「スキと福」をイラストに込めて。

スキ
29
ブレインストーミングがうまくいかないときに試してみたい3つのこと

ブレインストーミングがうまくいかないときに試してみたい3つのこと

今回はブレインストーミング(ブレスト)についてみていきたいと思います。特に、ブレストがうまくいかないときにやってみるとよさそうなことについて考えてみます。 ブレストがうまくいかないときはいろいろとありそうですが、ここでは、アイデアを出すために取り入れてみたのに全然アイデアが出てこない、あるいは満足にアイデアが出てこない状態を「ブレストがうまくいかないとき」としておきます。だいたいそうですよね? 「結構いろいろなところで取り入れられてすることが多いわりに、そのことについて教

スキ
1
店舗の売上を上げるために実践すること ~売上拡大の基盤づくり~

店舗の売上を上げるために実践すること ~売上拡大の基盤づくり~

ビジネスのロジカルシンキングについてレクチャーします。 今回はカフェを例にした店舗中心の話をしますが、どんな場面にも活用できることです。 私はみんな実践しているものだと思っていましたが、先日知人のお店にお茶を飲みに行って話していた時に、聞いたことないと言われ、やっていないところもあるという現実を知りました。 それではさっそく、カフェの店舗運営をイメージして話していきます。 どうやってもっと集客を増やすか考えた時、新しいメニューを出す・店舗のデザインを開拓する、まずこれら

スキ
3
文章を叩き出す

文章を叩き出す

「〇〇について以下の言葉を入れて、800字程度で述べよ。ただし、文字数は800字を超えないこと。(後略)」  こんな感じで出された論述問題を、時間を見ながら解いたことがある人もいるだろう。ある資格試験で、僕も実際に経験したことだ。こんなとき、短時間で効率よく課題を片付ける方法はいくつかあるだろうが、その中の一つに「ブレイン・ストーミング」という手法がある。「キーワード連想法」と言ってもいいかも知れない。テーマとキーワードをひと通り見てから、それらを数個使って、短い文章をいく

スキ
21
フィンランド生活72日目|ブレインストーミングが楽しかった話
+4

フィンランド生活72日目|ブレインストーミングが楽しかった話

今日は寝坊して遅刻だ〜! "I'm sorry I'm running late today! Should be within an hour!" 皆遅刻する時に使ってるから真似してみた◎ runningを使うだけで急いでる感出るし、元気に遅刻してる感じするよね☺️ 今日も朝からworkshop!! 2つ目のmouldを完成させたよ! 27cmもあるのこれ。 これもCNCで作ったよ◎ お昼の後、The Wood Programのメンバー全員で機関車のショーケース作

スキ
16
話し合いの場で、皆さんに主体的に参加してもらうには?

話し合いの場で、皆さんに主体的に参加してもらうには?

様々な場面で行わなれる会議や話し合い。 よくある例で、「参加しているだけ」「話を聞くだけの人」「やる気のない人」っていますし、仕方のないことのようにも思えます。 問題なのは『主体性』であって、 会議の主催者や意見表明している人と、 『参加しているようでしていない人』の温度差は大きなものになってしまっています。 会議の場では一言も発しなかったのに、その後にガンガン働く人なんて、まずいません。 『会議』『打合せ』『話し合い』『ミーティング』という名のもとの、 一方的な『説

スキ
48
考える道具
+13

考える道具

考える道具をブレスト。 こんな方は、続きをどうぞ。 ・夢、アイデアを可視化したい ・ステップを踏んで形にしていく術を知りたい ・考える道具を増やしたい 考える道具いろいろアイデアが生まれる。 アイデアに仲間が集まってくる。 そんな過程で道具になるものをブレスト。 各STEPで10の道具を目指します。 (随時、追記) STEP1:情報収集する1.聞き耳耳をふさがず、入ってくる音で連想する。 勝手に、街頭インタビュー。 リアルな生声を素材にする。 2.いつでもメモ誰でも

スキ
12
リクエストがあれば何でも書きます

リクエストがあれば何でも書きます

・レポートをまとめたいが対話相手がほしい ・本を読んだがいまいち消化できていないので読み解きたい ・何でもいいからブレインストーミングがしたい ・恥ずかしくて表立って言えないけどこれってどうなの 基本的に、詰んだときや状況が固まったときは誰かと延々対話をすると解決します。意図しないで対話をするというのはなんでもなさそうですが、思いのほか自分が話していくことによって整理されていきます。 ポイントは、解決したいテーマはもつけれど目的を持たないこと。話したい内容を持つけれ

【目印を見つけるノート】576. フェーズの切り替えにStatespersonを望む
+5

【目印を見つけるノート】576. フェーズの切り替えにStatespersonを望む

こんばんは。 すっかり遅くなってしまいました。スマホに触っている時間があまりなくて、夕方からやっとかかれる感じです。といっても、うどんを茹でながらですけれど。 のどごしがよくてたいへん美味しいです🍴🙏 さて、済みました。 なぜかここ数日、新たなフェーズにひとり入っているようで、やたらと書き物をしていました。この前始めた旅の下調べログ、新しい小説のこととか、何より自分の洗いだしです。基本は手書き&手貼りです。 これは下調べログ。 雑誌にあった地図をコピーして貼り付けて書き

スキ
25