まえかわ❤️動画教材収益化ディレクター

映像制作者・企画者として40年の経験🏅 講師として1200人を教えた実績📓 講師コンテンツを動画教材にして 収益化する道筋を教えている 🖐手を使うスキルを教える先生の 集客・収益・労働の悩みを解決する 無料講座👉 https://maekawa.com/mail10

まえかわ❤️動画教材収益化ディレクター

映像制作者・企画者として40年の経験🏅 講師として1200人を教えた実績📓 講師コンテンツを動画教材にして 収益化する道筋を教えている 🖐手を使うスキルを教える先生の 集客・収益・労働の悩みを解決する 無料講座👉 https://maekawa.com/mail10

ウィジェット

  • 商品画像

    手作りスキルを動画で売る : 集客できる、稼げる、ラクできるオンライン教室の作り方 動画教材の収益化

    動画教材収益化ディレクター 前川正人
  • 商品画像

    話して伝わる原稿の書き方: 動画流・音声で伝えるコミュニケーション術 動画流・書き方

    前川正人

マガジン

  • 動画教材づくりの教科書

    動画教材制作にかんする技術的な事柄をまとめています。 動画というと、とかく難しい、専門的すぎるというイメージがありますが、超初心者にもわかるようにやさしく書くつもりです。

  • 手作り講師のためのオンライン講座術

    私はストアカで2年以上にわたって、200名以上の手作り講師に動画づくりやオンライン講座のやり方を教えてきました。 顔出しで話したり、PowerPointで作った資料を見せたりということだけで事足りるセミナー講師と違って、手作り講師にはオンライン講座に取り組むについて独特の壁があります。 そうした特殊性も含めて、手を使うスキルを教えている先生がたがオンライン講座を行うためのノウハウをnoteでも伝えていきたいと思います。

  • 手技の先生の3つの悩みを解消する

    手を使うスキルを教えている先生がたの代表的なお悩み 「集客できない」 「稼げない」 「時間がない」 を解決する方法をお伝えします。

  • 動画教材の世界

    動画教材収益化ディレクター前川正人が、動画教材の世界について徒然なるままに書いていきます。

  • 手作りスキルを動画で売る~集客できる・稼げる・ラクできる

    手を使ったスキルを教えている先生向けに、動画を活用したオンライン教室で高額コンテンツを販売するノウハウをご紹介します。(私の2冊めの電子書籍「手作りスキルを動画で売る」の内容をもとに加筆したものです)

最近の記事

  • 固定された記事

My Story

動画クリエイター自己紹介をさせてください。 私はもともと動画クリエイターでした。 TV-CM制作会社に入社して動画制作の経験を積みました。 13年勤務した後、独立してフリーランスになりました。 その後はずっと映像ディレクターや シナリオライターの仕事をしてきました。 その頃の私は動画制作以外には何も知らず フリーランスという身軽な立場にもかかわらず 他の分野に手を出すことすらしませんでした。 講師業をはじめたのは2020年です。 最初は動画編集の教室をしようと思いました

    • 動画を販売できるオンラインサロンYoor【第5章動画教材の販売】

      動画を販売するといっても、必ずしも動画を1本1本売っていくだけではありません。 最近はやりのサブスクリプション(月額固定制)で、毎月いくらと一定の金額を払っていただきながら、生徒さんと長いおつき合いをする形もありますよね。 オンラインサロンって何?オンラインサロンというのは、ネット上のとある場所に多くの人を集めて、交流をしたり情報交換をしたりするものだということは、ご存知じゃないでしょうか。 教室型のオンラインサロンとなれば、毎月お月謝をいただいて教室を続けていくようなも

      • Lekchaは使いよう【第5章動画教材の販売】

        動画教材を作ることができたとします。 Udemyは価格に制約があったり、セールでしか売れない。 もっと自由に自分の動画教材を売りたい、という方にはLekchaは悪くない選択肢でしょう。 Lekchaは専門店型動画講座サービスLekchaというサービスは、動画講座サービスをショッピングモール型と専門店型に分けるなら、専門店型のサービスです。 自分オリジナルの動画スクールを作ることができるサービスなのです。 つまり動画講座を一覧できるポータルサイト性はありません。 ですから集

        有料
        100
        • Udemyってなんぞ?【第5章動画教材の販売】

          最近UdemyもTV-CMを頻繁に出していますので「ユーデミー」という言葉に聞き覚えがある方も多いのではないでしょうか? Udemyとは、アメリカ発の世界最大級の動画講座マーケットの名前です。 Udemyとはこんなサービス説明するよりは実際にUdemyのサイトを見に行ってもらったほうがわかりやすいと思います。 ただ、Udemyのサイトってちょっと硬いんですよね。 はじめての方だとちょっととっつき悪く感じるかもしれません。 世界最大級の動画講座マーケットプレイス Ude

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 動画教材づくりの教科書
          まえかわ❤️動画教材収益化ディレクター
        • 手作り講師のためのオンライン講座術
          まえかわ❤️動画教材収益化ディレクター
        • 手技の先生の3つの悩みを解消する
          まえかわ❤️動画教材収益化ディレクター
        • 動画教材の世界
          まえかわ❤️動画教材収益化ディレクター
        • 手作りスキルを動画で売る~集客できる・稼げる・ラクできる
          まえかわ❤️動画教材収益化ディレクター
        • 動画設計100の型
          まえかわ❤️動画教材収益化ディレクター

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          動画講座のサービスには2種類あるんです【第5章動画教材の販売】

          動画販売をやろうとするなら、全部自分でイチから構築することも不可能ではないです。 ただ、WordPressのインストールやWebサイトデザイン、決済方法の設定など面倒なことが多いですね。 既存のオンラインサービスを利用するのが早道です。 動画講座サービスとは何か?動画講座の販売をするために必要な機能を全部そなえていて、講師は動画をアップロードし、文章や画像を添えて、動画コースの構成をするだけで販売ができるサービスのことをいいます。 自分で販売用のウェブサイト(ランディング

          動画教材のダウンロード販売はやめたほうがいい【第5章動画教材の販売】

          動画教材をどう使うのがよいか、という話に入っていきます。 動画教材についての相談を受ける際に、何度か「BASEやstoresなどのECサービスにあるダウンロード販売を利用しようと思っています」という言葉を聞きました。 今回はこの点についてお話しします。 ダウンロード販売とはどういうものか?今回は私も利用しているBASEを例にとってお話していきます。 BASEにはAppsという仕組みがあります。 これはECサービスであるBASEにいろいろな機能を追加できる、付加サービスのこ

          まず自分の教えることの棚卸しをしよう【第4章動画教材の構成】

          ふだん、毎日のように対面教室で生徒さんを教えている先生でも、さて動画教材を作るとなると悩んでしまうことが多いものです。 動画教材では、対面教室のような生徒さんからの質問はありません。 「これで伝わるだろうか?」と悩む前にすることがあります。 頭の中にあることの棚卸し心配しなくても、教えるべきことはすべてあなたの頭の中にあるはずです。 しかし、いざそれを動画教材にしようとすると 「これだけで十分だろうか?」 「伝わるだろうか?」 「何か伝え足りないことはないだろうか?」

          【ZOOMで行うオンライン講座】ホワイトボード機能と講座の終了

          いよいよ、この「オンライン講座術」も大詰めです。 ZOOM上で使えるホワイトボードの機能と、講座の終了のしかたをお伝えして、最後にしましょう。 ホワイトボード機能とはなにか?会議の時にホワイトボードを使うことがありますね。 議長や書記役の人が、会議で出た話題をどんどんホワイトボードに書き込んでいくような使い方をしたりします。 また、ブレスト(ブレインストーミング)などする時は、各自アイデアを付箋に書き込んで、ホワイトボードに貼っていったりします。 こういうことを、オン

          手技を伝える動画教材の流れ【第4章動画教材の構成】

          手のスキルを伝える動画教材はどんなふうに作ったらよいのか、構成の話を続けたいと思います。 基本的な動画教材の流れをご説明しましょう。 手技を伝える動画教材の大まかな構成私がストアカ講座などを通じて、一貫して伝えてきた教材動画の流れはこういうものです。 導入部では完成品を見せる 導入部では、これから見せるのがどういう動画なのかを説明します。 ここで大事なのは、完成した状態を見せることです。 つまり、この動画を最後まで見ると、画面の中でこういう品物が出来上がるのだ、という

          思いを伝えれば商品は売れるのか?

          「集客」を「自分の思いを伝えること」だと誤解している人がいます。 そういう人は自分のチラシなどに、自分が日々どんな思いで仕事をしているのか、何にこだわっているのか、など自分についてばかり書いているんだと思います。 仕事に思いを込めることは大切だもちろん、仕事をする上で誰しも思いを抱いているものです。 ただ金がほしいから働く、という人よりは、世のため人のためを思って仕事をしている人の方が、人に好かれるというのも事実です。 自分が何のために仕事をしているのか、仕事を通して何

          【ZOOMで行うオンライン講座】チャットや録画の操作

          ZOOMにはさまざまに便利な機能がそなわっています。 今回はその中でも、チャットと録画機能の使い方をお伝えしたいと思います。 チャットって何に使うの?チャット、という言葉がわからない方はいらっしゃるでしょうか? 日本人が一番慣れ親しんでいるチャットといえば、LINEだと思います。 短い文章でやり取りをする、コミュニケーションツールを総称して、チャットといいます。 ZOOMにもこのチャット機能が搭載されています。 ミーティングの参加者どうしの間で文章のやり取りをすることが

          動画教材ってどんな作りにしたらよいの?【第4章動画教材の構成】

          動画を撮影できる、編集できるという方でも、じゃあ販売してお金を取れる動画教材という商品を作るとなると、どう作ってよいのかわからないという方も多いようです。 忙しい現代人に合わせた動画教材動画教材をどのように構成したらよいのか、考える前に、まず動画教材を購入する人のことを考えましょう。 「生徒ファースト」な動画教材でないと、買ってもらえません。 対面の教室に来られる時は、それじたいが日常生活の息抜きになっていることが多いと思います。 だから時間が長くなってもそんなに気にはさ

          「集客」という言葉の罠

          「集客」という言葉は、誤解を生みやすい。 その誤解を今から解いていきます。 「集客」なんてありえないマーケティングとか販促とかに縁がない人にも「集客」という言葉は耳馴染みがいいらしい。 「SNSで集客しなくっちゃ」とか、平気でおっしゃいます。 でも、この言葉を真にうけると痛い目に合います。 なぜなら「集客」なんてありえないから。 「集客」つまり「客を集める」と書きますよ。 この言葉を見ると、この世のどこかに「客」という人種がいて、その人たちを集めて来さえすれば商品は売れ

          【ZOOMで行うオンライン講座】講座中にカメラを切り替えるには

          手づくりを教えるオンライン講座で避けて通れないのが、手もとを見せること。 そのためには、手もとを見せるセカンドカメラを使うわけですが、講座中に顔と手もとを切り替えるにはどうしたらよいのでしょうか セカンドカメラを使った場合セカンドカメラについては、機材のところでご紹介しましたね。 ひとつはスマホをスタンドに固定して、スマホのZOOMアプリでミーティングに参加させる方法。(下記の記事参照) この場合は、スマホが常時ミーティングに参加していますので、切り替えの必要はありませ

          エクスポートって何するの?【第3章動画教材の編集】

          苦労して動画教材の編集が終わりました。 何度もプレビューして「これでOK」と確認しました。 でも、これで作業が終わりじゃないですよ。 ここまでの作業では、動画編集ソフトの画面上で再生できるだけ。 誰でも再生できるようにするためには動画ファイルを作らなくちゃ。 動画編集のフィニッシュは動画ファイルの作成動画編集ソフトのタイムライン上で、完成したとしてもそれは「設計図ができただけ」の状態なんです。 完成した動画は、動画編集ソフトのプレビュー画面上で再生できるだけです。 設計

          【ZOOMで行うオンライン講座】画面共有って何を共有するの?

          オンライン講座を受講したことのある方なら、講師が「ちょっと画面共有しますね。少しお待ちください」などと話しているのを聞いたことがあるんじゃないでしょうか? 画面を共有する? はて、何のことでしょうか? 画面共有とは生徒に自分のPCの画面を見せること「画面共有」とは、参加者(生徒)に自分のPCの画面を見せることです。 なぜ見せるのかというと、2つの場合がありますね。 ① あらかじめ作っておいたプレゼン資料を見せる 座学の講座をやっている先生などは、ほぼこれですね。 あら