デザインについて - ジョブズの言葉

「デザインには多様な解釈があるからよくわからない。自分たちはデザインの話はしない。」「デザイン云々ではなく、どう機能するか、最良のものを作れているかという話しかしない。」これらは故スティーブ・ジョブズの言葉だ。
「新しいものを世に問う」闘いを生涯にわたって続けた彼の言葉だからこそ、重みがある。
決してデザインを軽視しているわけではなく、その重要性を深く突き詰めて行った先に辿り着いた言葉なのだろう。

もっとみる
励みになります!
10

私もジョブズになりますよ

悦セイストのふらぺちいのです。
鍋を作った。写真を撮り忘れた。
次の日に豚キムチを作った。写真を撮り忘れた。

アップル社のスティーブジョブズは、ずっと同じ服を着ていた。ジーパンに黒い長袖シャツ。あれはジョブズが他の服を買うお金が無かったわけでもなく、偏ったファッションセンスをしていたわけでもない。

人間、服を選ぶ時にめちゃくちゃエネルギーを使うらしい。選ぶエネルギーを消費するよりも、仕事や勉強

もっとみる
スキありがとうございます。読んでほしい悦セイ集があるんです。
4

1120「僕のウォズニアック」

この文章は、韓国の仁川空港からドイツのフランクフルト空港に向かう飛行機の中で書いている。困ったことに、インターネットに接続できない。ちょこちょこ連絡事項を飛行機の中で送ろうと思っていたのだが、中国上空とかだとダメなのだろうか。いまは日本時間の20日の19:00、今日の大相撲の結果も知りたいのに、どうにもならない。

暢気に空を飛びながら日記を書いている間に、昨日の日記や以前の何かが炎上しているかも

もっとみる

アートするホームレス3日目

アートという言葉が好きです。理由は「言ったもの勝ちだから」。人それぞれアートの概念は違うと思いますが、広義な感じというか、なんとでも言える感じがすごい好きです。

バカな男に呆れた女性が隠れてタバコを吸う瞬間とか、妊婦さんが洗濯物を干している瞬間とか、出勤時間、スーツ姿のサラリーマンがスクランブル交差点を歩いていく姿とか。独自の技術で繰り出される関節技とか。もうなんでもアートです。ぼくにとっては。

もっとみる
明日もお会いしましょう!
13

えっ?もうiPadOSになってたの?

どうも。なぜか毎日寝起きの顔を認証してくれないiPhoneにへこむ僕です。コンタクトをつけると認証するんですがそういうの関係ないんじゃなかったっけ?朝からデジタルに否定されるのがすっかり日課になりましたが慣れないな(笑)

ところで、もうなってたんですねiPadOSに。

いや、正確には僕のiPadproはなってなかったです。個人的にはもっと先だと思ってたので完全に乗り遅れておりました。

だから

もっとみる
あなたはきっと僕を好きになる。僕はあなたをーあっ、字数制限が。
8

スティーブ・ジョブズのスピーチ

これはスティーブ・ジョブズさんが
2005年スタンフォード大学の卒業式での
スチーチです。

【Connecting The Dots】

先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。だから将来何らかの形で点がつながると信じることだ。何かを信じ続けることだ。直感、運命、人生、カルマ、その他何でも。この手法が私を裏切ったことは一度もなく、そして私の人生に大きな違いをもたら

もっとみる
スキありがとうございます!!
15

【古代ギリシャ語・ラテン語学習者のつぶやき】自分の少年時代のミステリーが中年になって急に解けていく感動

昨日の以下の記事で扱った通り、私が少年時代にギリシアで感化された(けれども子供だったのでよく理解できなかった)話の正体が30年越しでわかってきたのですが、一夜のうちにまた進展ありました。

この話を実家にいる父親にしたところ、彼がギリシア駐在中に入手した名刺を写真に撮って送ってくれまして、

その名刺を読み解いていくうちに、少年だった私が感化されたギリシアの思い出の中のいろいろな顔(いまやもう名前

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
5

レイジーな人と仕事したい理由とは?

アップルだったかマイクロソフトだったか何だったか忘れたけど有名IT系の採用試験の問題に「ジョブズ(ビルゲイツ)はレイジーな人と仕事がしたいと言っているみたいなんだけど何ででしょう」みたいのがあるらしい。

何と答えますか?

ある日、それをいきなり聞かれた私はレイジー=面倒くさがり=自分。ととっさに置き換え、
"時間がかかること嫌い、面倒くさいこと嫌い"と言う最低な本心を適当に良さげな言葉で置

もっとみる
あなたのスキが私のヤル気
13

ジョブズはどんなSEXをしていたと思う?

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」

これはアップルの創業者スティーブ・ジョブズの言葉。
アップル、ピクサーの創業に携わり、iPhoneやiPodなど数々の革新的な製品開発をたった1度の人生で成し遂げた彼らしい言葉です。

彼はこの言葉を毎朝自分に問い続けたと言います。
そして3日以上疑問を抱く日が続いたなら、生き方を見直した方がいいと語っ

もっとみる
「そこがいいんじゃない」みうらじゅん
15